きぬっ子だより

きぬっ子だより

二学期のスタートです。

 8月25日(水)! 二学期がスタートしました。8月中旬から新型コロナ感染症

が急激に増えてしまい、不安を抱えてのスタートになってしまいましたが、子ども達

はたくさんの荷物を持ち、笑顔で登校してきました。

 始業式はリモートでの実施になりましたが、校長先生の元気な姿にみんな励まされ

そして「笑顔」になりました。「笑うと免疫力もアップし、コロナと戦う力も強くな

る」とみんな感じた始業式でした。

 【二学期も「鬼怒川笑楽学校」で、元気にいきましょいう!】

 

  

今年もやってきましたモリアオガエル!!

 昨年に引き続き、今年も鬼怒川小学校にモリアオガエルがやってきました。

雨上がりに校舎横にできる水たまりを水場と勘違いしてしまうのか、木の上や

コンクリートの壁に泡に守られた卵を子ども達が発見しました。

 このままではオタマジャクシになれないので、今年も保護して子ども達と観察

することにしました。

  

    

 このニュースは7月11日(日)の朝日新聞にも取り上げられました。朝日新聞のデジタル版

にも載っていますので、是非ご覧ください。

 

今学期2回目の授業参観を実施しました。

 7月6日(火)に今学期2回目の授業参観を実施しました。昨年は

なかなか実施できなかった授業参観ですが、今学期は無事に2回とも

開催することができました。

【学年部会もほぼ100%の参加でした。お忙しい中、ありがとうございました。】

  

【1年「どちらがながい」  2年「とびだせ。町のたんけんたい」 3年「ほけんだよりを読み比べよう」】

  

【4年「ことわざと故事成語」  5年「unit4 He can bake bread well」  6年「分数のかけ算、割り算」】

  

【せせらぎ1、2「七夕飾りを作ろう」】      【古紙回収もお世話になりました!】

       

「きぬ松」が絵本になりました!題して「きぬ松笑楽校」

 自分たちの学校の魅力広めようと、子ども達が本校のマスコット

「きぬ松」を主人公にした絵本「きぬ松笑楽校」が完成しました。 

 本校の創立70周年に誕生したマスコット「きぬ松」をモチーフ

  に、本校の児童が絵を描き、本校OBの日光市観光協会川治支部の

  沼尾鬼子造事務所長が監修し完成しました。

絵本は6月15日の県民の日に、子ども達に配布されました。

【ぼくのなまえはきぬ松 鬼怒川笑楽校に住んでいる 松の木の妖精・・・】

  

【自分の学校の絵本に子ども達もドキドキ わくわく です!】 

  

【このことは、7月1日の下野新聞にも載りました。】

 

【自分学校の絵本!! 大切な宝物になりました!】

バンダイとリモート授業を実施しました。

 6月11日(金)全児童が一堂に会し、おもちゃのバンダイとリモートで

授業をおこないました。

 ガンダムのプラモデルのパッケージを担当した会社の社長 竹ノ木進様の

挨拶で授業が始まり、プラモデルが出来上がるまでをリモートで学びました。

バンダイの方と「一番大きいプラモデルは何ですか?」「何人の人が働いて

いるのですか?」など熱心に質問する姿もありました。

  

【さあ、プラモデル作り開始です。手先を使うことで今まさに脳の活性化が

 おきています。そこが今回のねらいです】

  

    

【6年生を筆頭に次々と完成です。なかなか難しかったようです。】

  

 ゲームばかりでなく手先を使う遊びも脳の活性化にために、考えていきたい

ものですね。