学校からのお知らせ

学校からのお知らせ

眼科・耳鼻科検診

 12月2日(木)本校体育館を会場として、眼科・耳鼻科検診が行われました。本来5月17日に予定されていたものですが、コロナの影響により延期となっていました。これまで日光市内で検診を行っていなかった地域への、今年度から始まった新規事業です。本校に日光中、小来川小中、中宮祠小中、足尾小、足尾中が集結し、一斉に受診しました。各校の協力もあり、初めての試みにも関わらず、検診はスムーズに進みました。

地域への貢献活動

 12月1日(水)3年生は、総合的な学習の時間に、地域への貢献活動としてボランティア活動を行いました。各クラス5班編制で、合計10班がそれぞれ計画したルートに沿って、ゴミ拾いを行いました。また、地域を回りながら、日頃お世話になっている方々や観光で訪れている方々に、生徒のメッセージカードを添えたポケットティッシュや携帯カイロを配りました。さまざまなコミュニケーション活動もできたようです。
 それにしても、活動開始と共に、奇跡的に回復した天気には驚きました。日頃の行いのよさ、でしょうか?

 

 

県中学総体I.H大会

 11月30日(火)県中学総体アイスホッケー大会が、霧降アイスアリーナで開催されました。日光中との試合は、序盤に先制点を奪われ、やや焦りが見られましたが、その後得点を重ねていき、最終的には6対2で勝利しました。県総体での優勝を決めましたが、目指すところは昨年度開催直前で中止となった全国中学大会です。これから益々、課題の克服に忙しくなることでしょう。
 大会関係者の皆様、お世話になりました。両チームの選手の皆さん、ナイスファイト!お疲れ様でした。

 

 

人権週間に向けて

 11月30日(火)、12月6日からの校内人権週間を前に、1年生は総合的な学習の時間に、人権について考える授業を行いました。授業者は教頭先生、題材は「未来への虹~僕のおじさんは、ハンセン病~」です。差別や偏見が根強く残る「ハンセン病」を取り上げ、正しい知識を得ることで人権意識を高めようとする内容でした。実話に基づくアニメや教頭先生の実体験の話を通して、人権について真剣に考える様子が見えました。
 ちなみに、ここで使用しているモニターは、最近購入した75インチの大画面、4K、Wifi対応TVです。

 

ユネスコ絵画展

 11月20日(土)から、日光ユネスコ協会主催の「絵で伝えよう!私の町のたからもの」絵画展が、日光市杉並木公園ギャラリーで開催されています。その絵画展で本校生徒の作品が10点ほど展示されいています。その中には、日本ユネスコ協会長賞、JR東日本日光駅長賞を受賞した作品もあります。
 開催は、明日23日15:00までとなっております。よろしかったらぜひ足をお運びください。