令和3年度のトピックス

令和3年度のトピックス

盲導犬教室

 令和3年10月15日(金)3校時に盲導犬教室が行われました。

 東日本盲導犬協会から1名の方と盲導犬一頭においでいただき、詳しい盲導犬についてのご講話と児童と盲導犬との歩行訓練を行いました。

 みんな真剣に話を聞いています。

 呼ばれるまでじっとしている盲導犬「いちご」

  

目の不自由な方には、見えない方と見えにくい方がいます。見えにくい方には「白くにごって見える」「見えるところがせまい」「見ている中心が見えない」などの方がいます。

盲導犬の一生

 

 ブリーディングウオーカーのところで産まれます。

  パピーウォーカーにより盲導犬候補の子犬を約10ヶ月間家族の一員として迎えていただきます。

 この時期に様々なところに行って体験をします。この「社会化」が重要なポイントになります。

 訓練センターでは約6ヶ月~1年間、盲導犬として求められる作業や社会性的なマナーの訓練を受けます。 

  盲導犬の仕事は、①道路のはじを歩く ②人や物をよける ③段差で止まる ④交差点で止まる ⑤指示された方向に進む などです。

 10才になると、盲導犬の仕事を引退し、引退犬オーナーのもとで余生を過ごします。

盲導犬に関するクイズ(答えは下にあります。)

 

 

 盲導犬を育てるための多額の費用は、90%以上が みなさんからの補助や募金でまかなわれています。

 身体障害者補助犬法は、身体障害者が自立と社会参加することが促進されるための法律です。

 平成14年に公布され平成19年に一部改正されました。それにより、レストランやお店などに許可なしでも入れるようになりました。

 クイズの正解は Q1  ①の入れる  Q2 ②の入れる Q3 ③の約500万円

盲導犬と児童との歩行体験 

  道のはじをまっすぐに進みます。

  交差点で止まります。

 障害物をよけます。 

よくできたねと頭をなでます 

 最後に協会の方と盲導犬「いちごちゃん」にお礼の言葉を伝えました。

 今回の盲導犬教室により、盲導犬の一生や仕事、法律などを詳しく知ることができました。そして、9人全員が盲導犬と実際に歩く体験をすることができ、大変勉強になりました。また、目の不自由な方についての理解を深めることができました。

ありがとうございました。 

 

 

薬物乱用防止教室(中学校)

10月14日(木)6校時 中学生を対象に、薬物乱用防止教室を開催しました。

現役の薬剤師であり、本校の学校薬剤師でもある先生を講師としてお招きし、講話をしていただきました。

 

 

講話では

◎違法薬物の模型

◎市販医薬品の正しい使い方

◎薬物乱用について

◎覚醒剤、大麻、向精神薬、MDMA、シンナー、危険ドラッグなどについて

◎フラッシュバックについて

◎薬物に誘われた時の断り方

◎薬物に誘われて困った時の相談先について

などについて学びました。

また、講話では事前アンケートでとっていた「薬剤師の先生への質問」について、回答をいただきながら、進めていただきました。

自分たちの質問への回答に、生徒たちもとても興味をもって講話を聞いていました。

 

最後に薬剤師の先生から、「違法薬物に誘われた時の自分なりの断り方を考えてください。」と宿題が出され、講話が終了しました。

色々な断り方がありますが、断ってもしつこく誘ってくる場合はその場から「逃げる」ことも大切です。

自分の身は自分で守る。

生涯を健康・安全に生きていくために、そのようなソーシャルスキルを身に付けていけるよう

学校でも支援をしていきます。

 

マイチャレンジ(職場体験)

中学校2年生で職場体験活動が実施されました。

日光市中宮祠方面(戦場ヶ原付近)の砂防ダムの建設現場にて体験させていただきました。 

砂防ダムのコンクリート面の仕上げの行程を学びました。 

実際に、仕上げをさせていただきました。スムーズにきれいな面に仕上げることができました。

貴重な体験をさせていただきました。

受け入れていただきました建設会社の皆様、3日間大変お世話になりました。

書道教室1日目

10月14日(木)に市内の書道の先生をお招きして、書道教室を行いました。

子どもたちは、事前に書きたい題材を決めておいて、当日に臨みました。

小学3・4年生は、机を使って行っています。

先生が書いてくださったお手本を見ながら、一人一人が一生懸命に取り組みました。

教員も一緒に参加させていただきました。

書き終えた一枚一枚について、ていねいに御指導をいただきました。

次回は、10月18日(月)に実施する予定です。

どんな作品ができるか、楽しみです。

小学校 薬物乱用防止教室(きらきら号)

10月13日(水)4時間目

小学校3~6年生を対象に薬物乱用防止教室を開催しました。

今回は警察本部から2名、スクールサポーター1名の計3名の方が

講師として来てくださいました。

講話では

◎薬物乱用とはどういうことか

◎薬物が体や心に与える影響について

◎薬物依存やフラッシュバックについて

◎危険ドラッグについて

◎薬物を断る時のロールプレイイング演習

◎薬物○×クイズ

◎違法薬物掲示物学習

などを学びました。

子どもたちは、真剣なまなざしで、一生懸命たくさんメモをしていました。

ロールプレイングでは、悪い先輩の巧みな誘いにのらず、しっかり断ることできました。

また薬物〇✕クイズでは、全員間違えずに正解することができました。

また、講話の終盤には薬物だけではなく、「いかのおすし」や「オンラインで知り合った人には絶対に会わない」ことなど、防犯についてのお話もしていただきました。

最後は「薬物乱用はダメ。ゼッタイ。」の合言葉で薬物乱用はしないと皆で約束を交わしました。

講師の先生から薬物乱用防止に関するパンフレットをいただきました。

今日は、どのような話を聞いたのか、ぜひお子様に聞いてみていただければと思います。

親子で話し合っていただくよい機会になればと思っています。