日誌

令和3年度

1年生 なつとあそぼう(*^▽^*)

7月15日の3・4時間目、1年生は、生活科の学習で、「なつとあそぼう」を行いました。

「夏に適した遊びや、土や砂、水などを使った遊びを考えたり、工夫したりして、友達と楽しく遊ぶことができるようにする。」がねらいです。

2班に分かれ、遊びの内容から、準備するものなど、子どもたちが話し合って、決めました。

砂場で、砂と水を使ったり、朝顔で色水を作ったり、いろいろな大きさシャボン玉を作ったり、、、

工夫を凝らした遊びを仲良く行い、とても楽しい時間となりました。

最後は、保護者の方からいただいた、笹の葉で、笹舟を作り、バケツに浮かべました。笹舟の作り方を知っている児童がいて、驚きました!(^^)!

御協力いただきました保護者の皆様、ありがとうございました。

 

プログラミングで遊んでみよう!

6年生が、「総合的な学習の時間」にスクラッチというプログラミングソフトを使って、下級生が楽しく遊べるゲームを作りました。

昨年度から実施されている、新しい学習指導要領では、小学校でのプログラミング教育が行われることになりました。小学校の段階では、プログラミング教育を通して、身近な生活でコンピュータが活用されていることや、問題の解決には必要な手順があることを学んでいきます。

子どもたちは、ゲーム作りを通して、自分の意図する活動を実現するために、どのような動きの組合せが必要なのか、その一つ一つの動きをどのように組み合せたらよいのか、また、試行錯誤をしながら、よりよく改善するにはどうしたらいいのかといったことを論理的に考えていく「プログラミング的思考」を働かせます。

これは、6年生が作成したプログラミングの画面です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このようなプログラミングに基づいてできあがったゲームで、下級生に実際に遊んでもらうことにしました。6年生は、招待状もパソコンで作りました。

 

 

 

 

 

 

今日は、1年生が招待されました。昼休みにみんなわくわくしながら、パソコン室にやってきました。

 

 

 

 

 

 

1年生は、6年生のお兄さん、お姉さんにやり方を教わりながら、楽しくゲームで遊んでいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

明日以降、2年生以上も順次招待されていきます。楽しみですね!

楽しかった合同体育(1~3年生)(*^▽^*)

今日も雨です。今週は、梅雨空が続いています。子供たちが何より、楽しみにしているプール、、、今日も入れません⤵

休み時間も、外で体を動かすことができません。

そこで(*^▽^*)

1年生から3年生で、合同体育を行いました。25名で、きびきびと整列し、3年生主導で、準備体操。元気で生き生きとした集団行動、素晴らしい☆

その後、みんなでなわとび、アスレチック運動、ペアで棒立てなどを行いました。1年生にとっては、初めての運動も多かったですが、2、3年生をお手本に、楽しく上手に行うことができました。

異学年との合同学習は、大きな相乗効果を得ることができます。

1年生は教室に戻ってからも「みんなでやったから、とても楽しかった(*^▽^*)」「いろいろなことができるようになった!」「また、やりたい!」と興奮気味に、振り返っていました。

ギコギコトントン クリエーター(4年生)

落合西小学校では、児童の学びがより充実するよう、学校支援ボランティアと協働した様々な取り組みを行っています。

そのアレンジを行っているのは、3名の地域コーディネーターの方です。毎月1回程度、地域コーディネーター会議を開き、今後の活動について話し合い、学校支援ボランティアとして参加可能な方の調整を行っていただいています。

7月2日には、4年生の図工科「ギコギコトントン クリエータ-」の授業において、4名の学校支援ボランティアの方々に参加いただきました。

この授業では、4年生が初めてのこぎりを使ったり、釘打ちを行ったりします。正しい使い方を覚えたり、慣れない作業ですので、安全に行ったりできるよう、ボランティアの方々と共に活動しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どのボランティアの方も、木工の優れた技術をお持ちなので、子どもたちも多くのことを学びながら作業を進めることができました。

また、この授業に先立ち、学校ののこぎりを、使いやすく整えていただきました。

落合西小の地域には、専門的な知識や技術をもった方がたくさんいらっしゃいます。今後の教育活動でも、学校支援ボランティアの方々と共に、子どもたちの学びを充実させていきたいと思います。

授業参観

本日は、授業参観でした。今日は、全ての学級で道徳の授業を実施しました。

1年生は、「みんなあかちゃんだったよ」・・・自分の成長に喜びを感じ、赤ちゃんの頃の写真や家の人の話から、成長の足跡をふり返ったり、自分の未来について考えたりする授業です。

 

 

 

 

 

 

2年生は、「おふろプール」・・・今までの自分と家族との関わりを思い出したり、自分に対する家族の気持ちを考えたりすることを通して、進んで家族のためになることをしようとする心情を育てる授業です。

 

 

 

 

 

 

3年生は、「見つからないリコーダー」・・・自分でできることは自分でやることや、安全に気を付けて行動することのよさを考え、節度ある生活への意欲を高めていく授業です。

 

 

 

 

 

 

4年生は、「泣いた赤おに」・・・友達を思うことについて、多面的・多角的に考え、自分が目指す友情観を見いだし、友情を深めようとする意欲を高めていく授業です。

 

 

 

 

 

 

5年生は、「手品師」・・・誠実に生きることのよさについて理解し、明るい心で誠実に生活しようとする心情を育てる授業です。

 

 

 

 

 

 

6年生は、「会話のゆくえ」・・・物事の善悪について的確に判断し、集団としての規則やルールを守ることが大切であることを知り、責任と規律ある行動を取ろうとする態度を養う授業です。

 

 

 

 

 

 

ひまわり学級は、「わたしの生まれた日」・・・生命を大切に育む家族の思いに気付き、生命を大切にしようとする心情を育てる授業です。

 

 

 

 

 

 

授業参観後には、学校保健委員会を行いました。5・6年生と保護者が参加し、睡眠健康指導士である講師による、睡眠の大切さを学ぶ講話「早起き・早寝・朝ごはんでいいこといっぱい!!」を体育館で聞きました。事前アンケートでは、落合西小の5・6年生は、睡眠が十分取れている子が多い状況でしたが、真剣に話を聞きながら、しっかり眠ることの大切さについて考えていました。

 

 

 

 

 

 

その後の学年懇談会が終わるまで、学校に残る子どもたちは、地域のボランティアの方々が見守ってくださる中、勉強したり折り紙を折ったりして過ごしました。

 

 

 

 

 

 

きれいな花が、保護者の皆様を迎えていました。この花は、地域の方に今朝いただいたものです。

保護者の皆様、本日はお忙しい中、御来校いただき、ありがとうございました。4月に引き続き、検温・消毒等、感染防止への御協力もありがとうございました。また、地域の皆様も大変ありがとうございました。