足尾中学校 Events&News

2020年12月の記事一覧

校長室より・・・(お世話になりました)

終業式が先ほど終わりました。

本来なら写真も合わせてアップしたいところですが、この後のスケジュールが詰まってしまっています。そのため、ホームページに関われるのはこの時間帯しかないようなので、文面のみで失礼いたします。

2学期を通して、本ホームページで学校生活の様子をご覧いただいてきた皆様には、ご理解いただいているかと思いますが、様々な制約がある中で、生徒達の2学期の頑張りには目を見張るものがありました。

そして、青春のエネルギーを全開に生きている姿を、こうして身近で見てこられたことは、教師冥利に尽きるものと心、の底から有り難いと感じています。

3学期はあっという間に過ぎてしまうのが常ですが、この勢いが衰えないように、職員一丸となって、思い切り楽しい学期にしたいと思っております。

保護者の皆様、地域の方々におかれましては、2021年も変わらぬご支援を賜りますよう、お願い申し上げます。

よいお年をお迎えください。

 

学校長

 

校長室より・・・(生徒会役員選挙)

今日も「試運転」的な操作で、ちょっとした記事になってしまいます。

 

昨日の記事は文字だけだったので、今日は「写真を載せられるか?」にチャレンジしてみました。

もし、皆さんがこの記事をご覧いただいているとしたら、私が成功したということです。

アナログ人間でも、やればできるということです。

 

今日はN日課(7時間日課)で、その7時間目を使って生徒会役員選挙が行われました。

昨年度の3学期から生徒会を支えてきてくれた現3年生から、2年生にバトンタッチをするための大きな節目です。

 

 

選挙管理委員長からの挨拶~注意事項等

生徒会長挨拶・・・(会長職、1年間ご苦労さまでした)

 

ここからは「立候補者の演説」です。

  

 

 

 

 

選挙管理委員会も、よく頑張ってやってくれました。

 

 

 

 

 

 

2年生から2名・・・得票数に応じて、それぞれ「会長」「副会長」に選ばれます。

1年生から2名・・・やはり得票数によって1名が書記に選ばれます。

 

緊張した面持ちでしたが、皆立派に演説を終えることができました。

選挙は、選ばれる方も、選ぶ方も大切な役割を持っています。その中で、それぞれの生徒が主役になってこその生徒会です。

足尾中の未来を託して・・・期待しています!

 

これにて、私のホームページ新バージョン操作のリハビリ体験を終了します。

明日は、もう少し前進できるように頑張ります。 

 

校長室より・・・(新バーション)

改めて「よろしくお願いいたします。」

思いの外早く「新バージョン」に変換されました。

ともかくもやってみてます。

(基本的にアナログ人間なので、苦労しています・・・京都からの「修学旅行報告」での苦労を思い出しています)

 

この後、出張で出てしまいますので、今日は「テスト」ということで、明日以降に本格的に始動します。

(学校長 原口真一)

校長室より・・・(全校料理選手権大会)

昨日の3・4校時から給食の時間を使って、全学年合同家庭科として「料理選手権大会」を開催しました。
 

先日もお世話になった、料理人の山田様に、今回もご指導いただきながら「カレー風煮込み料理」を7班に分かれて作り、味を競う企画です。

 

カレールー以外の調味料等は、各班が独自の感覚で組み合わせて「自分達の味」を作るのが目標です。

 

 そうやって作られた7種類の「(カレーではなく、あくまで)カレー風煮込み料理」を、原則、生徒は自分の班のものを給食に合わせて食べることになりますが、教職員は7種類を少しずついただいて、最も美味しい(好み)と思った班に1票を投じるやり方です。

 最後に、最も多くの票を集めたチームが優勝となりますが、なんと、山田様が豪華な賞品までご用意くださいました。

 

プロの方に監修していただいた材料と手順で、衛生面には特に注意しての実施でした。

カップにはA~Gまでの印がつけられます。


審査の厳正を図るため、どの班(誰)がどれを作ったのかが分からないようになっています。班は清掃当番の班ですが、A班がAの料理を作ったとは限らないよう、バラバラになっています。

  

様々な調味料(?)を駆使して、班の仲間と協力して仕上げていきます。

 

給食センターからは、ご飯とサラダ、デザートを出してもらいました。

  

少しずつですが、7種類となるとかなりのボリュームですね。

 

教科担当教諭から、「食べるとき」と「審査上の」諸注意がありました。

 

また、山田様から栃木県で作られている「天皇陛下献上米」を提供していただいたので、生徒達はそのお米からいただきました、が・・・あっという間の出来事で・・・中学生の食欲はさすがです。

  

厳正な審査の結果、「C」のカレー風煮込みを作った「E班」が優勝!!

 
山田様からの賞品は「高級お箸」でした。

  

結果は結果として、どの班も一生懸命心を込めて作った作品ですから、どれも美味しくいただきました。
・・・ごちそうさまでした。

 

それでは、次回の更新は来週後半に・・・できるか、できないか???・・・だと思います。

新しいバージョンをご覧いただけるようになるまで、少しお時間をいただきます。

今日までのバージョンをご覧いただいてきた皆様、お世話になりました。そして、ありがとうございました。

校長室より・・・(時の経過)

時は刻々と経過し、様々なものが変化していきます。

その中で、生徒達は何を見つめ、何をつかみ取っていくのでしょうか。

若さが持つエネルギーを信じることができれば、きっと、ワクワクするような素敵な未来につなげることができるはずです。

 

長かった2学期も、残すところあと数日となりました。

 

昨日の朝の様子です。


朝の学習は、こんな爽やかな青空でスタートしました。


3年生は、目指す進路の実現に向け、これまで培ってきた力を最大限発揮する時にきています。

 

若さはそれだけで力であり、忍耐であり、挑戦への希望です。

それは、生まれた時には誰もが持ち合わせているものですが、成長と共に失ってしまう人も(残念ながら)少なくないのかもしれません。

しかし、一方で、経験を重ね、知恵を得ていく中で、更に積み重ねていける人がいることも確かです。

積み木で作っていた塔が崩れてしまったら、子供は何度でも最初からやり直すことができます。どこからこんな忍耐と持続力が出てくるのか、大人の目には驚くべきことと映るかも入れません。

しかし、誰もが目指すべきは、崩れた人生の塔を新たに建て直すこと・・・そうすれば、どれほどの力と創造性が自分の中に隠れていたか、驚くに違いありません。

《塔は建てることが大事なので、所有することが大事なのではない。》

オリバー・キル、勇気を持ってTVのポッドキャスト・エピソード「子供の賢さ」より。

・・・尊敬する、あるお医者様が発信されていたものです。

日が変わって、こちらは今朝の様子です。

  

冬は眠りの時ではありません。まもなく訪れる春に向けて「力をたくわえる時」です。

足尾中の生徒達が、2020年という1年間を通してそのことを学んできたのを信じられるのは、彼らの目が今を生きる目になっているからだと思います。

気持ちが落ち込んでいる時は「過去」に、不安な気持ちになっている時は「未来」に、そして心穏やかに生き生きとしている時は、今この瞬間の「現在」に生きている・・・と。

 

2学期を通して、3年教室の前に常設していた「書道部屋」も、最後の1セットが一昨日で役目を終えました。

 半切紙に向かって心を集中させてきた日々を想いながら、ガランとしたスペースに何を見るのか? 

そんなことも、成長の糧になるはずです。

 

保健室の入口と、職員室前の廊下と、養護教諭がこんな飾りつけをしてくれました。

 

 前を通る生徒達の心に、ちょっとした安らぎを与えてくれることを願って。

 

(お知らせ)

ホームページリニューアル工事のため、明日をもってしばらく更新ができなくなります。

なお、今日の3・4校時には「全校家庭科=料理選手権大会」が開催されます。いつもお世話になっている料理人の山田様にお手伝いいただいての特別授業です。

その様子を、明日お伝えするのをもって今年の更新を終了する予定です。