安良沢小だより

2021年2月の記事一覧

2月 今日の授業風景

~2月 今日の授業風景~

                            2月26日(金)

今日が2月最後の授業風景をお届けする日となりました。本当にあっという間の2月でした。

それでは、今日の子どもたちの学習風景を御覧下さい!

 

  

 

  

 

  

 1年生は、音楽の時間でした。今日は、曲を鑑賞する学習です。教室で飼っている金魚も

元気です!今日の曲は、行進曲でした。曲に合わせて身体動かしたり手をたたいたりしました。

 

  

 

  

 1・2年生が体育館でフットベースボールをやっていました。前回よりもシュートやパス

が上手になったようです。

 

  

 

  

 

 3年生は、来週から始まる学力テストに備えて、ローマ字の復習を行っていました。

個別に丁寧な指導ができるのは、小規模校ならではのよさだと感じます!

 

  

 

  

 4年生は、理科の時間でした。今日は消えた水の行方について考えていました。

日常生活の中で、日当たりのよい場所に置いた水が減っている事を体験したことのある人は

いると思います。水は沸騰しなくても蒸発するのかについて、教室の中に実験できるように

準備しました。目に見えない形で水が消えていくことを実験から理解してほしいと思います。

 

  

 

  

 5年生は、算数の時間にテストの間違い直しをしたり、苦手な学習内容の復習をしていま

した。来週はいよいよ学力テストです。実力が発揮できるよう、頑張ってくださいね!

 

  

 

  

 

  

 

  

 6年生は家庭科の時間でした。ミシンで返し縫いをするやり方を先生から教えてもらい

いざミシンがけが始まりました。

 来週から3月です。皆さん、よい週末をお過ごしください!

 

 

 

 

 

 

 

 

体力作り、楽しんでいます!

 体力作り、楽しんでいます!

                              2月26日(金)

 今日は、外気温8℃で曇りです。いよいよ2月も残すところあと2日となりました。

 さて、金曜日には全校生で、朝の活動の時間に体力作りに励んでいます。

 大縄で2種類の跳び方を行っていますが、みんなでジャンプして一斉に跳ぶ大縄跳びの

回数が毎回向上しています。

 今日は、3・4年生のチームが12回続けて跳びました。みんな笑顔でした。失敗して

も誰を責めることなく、励まし合って頑張る安良沢小の子どもたちの姿が素晴らしいなと

感じました。

 また、八の字跳びもすごく上手になりました。では、体力作りを楽しんでいる子どもたち

の様子を御覧下さい!

 

  

 

  

 

  

 

  

 

  

 

  

 

  

学力だけでなく、体力を鍛えることも大切な学習です。

春はすぐそこまで

春はすぐそこまで・・・・

                            2月25日(木)

 校舎内の木々の芽もすこしずつ膨らみ始め、青空をつかむかのように伸びています。

 来週からは3月です。ここ日光にも春の足音が聞こえてきています。

 

  

 

  

 

  

 

  

キラキラ集会

 キラキラ集会

                               2月25日(木)

 今年度最後のキラキラ集会を業間に行いました。今日は、非常勤講師の先生と教頭先生

のお話です。

 最初に非常勤講師の先生の話でした。今から37年前に1度だけ放映された時計会社の

コマーシャルの中に出てくる言葉についての話でした。

 小泉 吉宏さんの「一秒の言葉」という詩が使われたCMです。短い言葉の中に、人と

人の心をつなぐ気持ちが込められています。「はじめまして・ありがとう・がんばって

おめでとう・ごめんなさい・さようなら」どの言葉も大切な言葉です。しかし、私たちは

この言葉の中でも「ごめんなさい」という言葉を素直に言えない事も多いと反省しています。

 人が相手とよい人間関係を築いていくためには言葉の力は大切です。本校の子どもたちに

も言葉を通して、人は相手と心を通わせていることを学んでほしいと思いました。

  

 

  

 

  

 

 そして、教頭先生からは東日本大震災のお話がありました。3.11、当時2年生を担任

していた教頭先生が子どもたちを連れて校舎の外に避難した際に、クラスで飼っていたハム

スターを子どもたちが大変心配したという話でした。

 教頭先生は子どもたちの強い思いを受け、もう一度教室に戻りハムスターを救出したそう

です。子どもたちは自分達の命だけでなく、小さなハムスターの命も心配していたのです。

 震災は人間の力では防げるものではありません。しかし、震災で苦しんでいる人々にどう

向かい合うか、自他の命をどう守るか、私たちは一人一人がもっと真剣に考えなくてはなら

ないのかもしれません。

 キラキラ集会は今年度はこれで終わりですが、次年度も子どもたちの心に響き、問題提起

できるような話を届けていきたいと考えています。

 

  

 最後に道徳教育推進教師から今年度のキラキラ集会についてのまとめと次年度のお話が

ありました。司会進行を努めてくれた代表委員会の皆さんもスムーズな会の進行、ありが

とうございました!

 

  

 

 

 

2月 今日の授業風景

~2月 今日の授業風景~

                               2月25日(木)

今日も朝から晴天、気持ちのよい1日です。今日も元気な子どもたちの授業風景を御覧下さい!

 

  

児童用の下駄箱には、靴がきちんと入れられ整とんされています。履き物をきちんとそろえて

入れる習慣は、学校だけでなく子どもたちがよその家に行った際にも身につけさせたい習慣

ですね。

 

  

 

  

 1年生は算数の時間でした。かぞえ棒を使い教科書に書いてあるような形を作っていました。

三角と四角の形を組み合わせて作っています。

 

  

 

  

 

  

 

  

 

 2年生は、算数のまとめのテストを静かにやっていました。また、廊下には、国語の学習で

書いた「この人をしょうかいします」が掲示されていました。これを書いた時のポイントが示

されています。指導する際にもこのポイントを子どもたちに意識させて書きました。

 みんな上手に書けましたね!

 

  

 

  

 

 3年生は国語の時間でした。「わたしのベストブック」をつくろうという学習です。

自分の書いた作品を友だちに読んでもらいます。そして、読んだ友だちが作品の中か

ら1点選び、友だちに対して賞状を書いていました。

 子どもたちは段落を意識して書いていました。友だちからもらえる賞状も特別ですね!

 

  

 

  

 

  

 4年生は国語の時間でした。「世界一美しいぼくの村」という物語の最後に書かれてある

文のもつ意味について考えていました。

 戦争により破壊されたものは何だったのか?の問いに子どもたちはいろいろ考えて

いました。

 破壊されたものは自分が住んでいた村なのですが、人々の心も破壊されてしまったと

答えていた児童もいました。大切な思い出、人と人とのつながり、美しい村に住むこと

への喜び・・・・いろいろなものが戦争により破壊されてしまうことを子どもたちは考

えていました。

 国語の教科書にはどの学年にも戦争を扱った作品があります。これからの時代を生き

る子どもたちが、戦争というものに対して、しっかりとした考えをもち大人に成長して

安心な世の中を築いてくれることを願うばかりです。

 

  

 

  

 

 5年生は、社会の時間でした。森林の働きについて学習していました。手入れされない人口

林が増えていくとどうなるか、子どもたちは真剣に考えていました。

 

  

 階段付近には、代表委員会が作成したポスターが貼られていました。

新型コロナウィルス感染症対応について、子どもたちが考え実践してくれるのは

いいことですね・・・・・。