安良沢小だより

2019年6月の記事一覧

クマレクチャー

2年生と4年生が、県自然環境課によるクマレクチャーを実施しました。
鳥獣管理技術協会の鳥獣管理士さんを講師に、おもにツキノワグマの生態についてお話を聞きました。
クマってどんな性格?うっかりクマに出会ってしまったらどうすればいいの?など、クマについていろいろ勉強になりました。
最後に、ツキノワグマをはじめいろいろな野生動物の毛皮や頭骨などを触らせてもらいました。
初めて触ったものも多いようで、興味深く観察をしていました。
 
 
 

盲導犬体験教室

 福祉教育の1つとして、目の不自由な方たちを助けるための盲導犬について全校生で学習しました。
 自分達の身の回りには、体の不自由な方たちのために様々な工夫があることを子ども達は知っています。しかし、盲導犬が目の不自由な方たちのためになくてはならない存在であるということを頭ではわかっていても十分に理解することは難しいことです。
 そこで、盲導犬と一緒にアイマスクをして歩く体験をすることで、訓練を受けた盲導犬が目の代わりとなって支えていることを知ることができました。自分達が体の不自由な方たちに出会った時にできることを考えるきっかけになってくれればいいなと思います。
 
 
 

生活科生き物探し(出前授業)

1・2年生が生活科で学校の周りの昆虫さがしをおこないました。
前半は、栃木県立博物館の栗原先生と一緒に、みんなで昆虫を探しのスタートです。トンボやチョウ、バッタなど、少し涼しい日でしたがいろいろな昆虫を見つけることができ、みんな大喜びです。
後半は、栗原先生の昆虫のお話と、自分たちが見つけた昆虫の名前と特徴を教えていただきました。昆虫博士の栗原先生のお話を、みんな一生懸命聞いていて、とても勉強になりました。栗原先生、ありがとうございました。
 
 
 

喫煙防止教室

 毎年、3・4年生を対象に、喫煙防止教室を行っています。今年も県立がんセンターから、神山由香里医師に来ていただき保健体育の授業で「たばこの害」についてのお話をしていただきました。子どもたちは、たばこは、吸う人だけでなく周りで吸わされている人たちにも害になるものであることを学びました。
 後日の、保護者アンケートでは、下記のような御意見が寄せられましたので紹介します。
 

~おうちの方より~
・タバコは良いこと何もなし!体にも悪いし、喘息の人には一番よくありません。わかりやすく教えてもらいありがとうございました。

・私も喫煙家ですが、タバコは身体に悪影響で、周囲の方々にも影響を与えてしまう事は承知しておりますが、なかなか禁煙できずに今日まできています。娘の勉強した事をきっかけに禁煙に励もうと思います。
 
 
 

3年研究授業(算数)

  本校では、学校教育目標の1つである「自ら学ぶ子ども」を目指し日々教員が授業力を向上させるべく取り組んでいます。今年度、どの担任も一人一授業を行い、他の教員にも参観してもらい授業について教員同士で学び合う事も行っています。
  3年生の算数の授業は、長さを出す際に重なりの部分に気をつけて正しい長さを導き出す内容でした。重なった部分を1回分引くという考えと2回分引くという考えが出て、子ども達はどちらの考えが正しいのだろうと、自席を離れ友だちの所に行き話し合いを始めました。
  学校では、児童が自ら自分の考えをもち、どうしたら解決できるかを友だちと学び合いながら考えていく学習を目指し日々努力しているところです。