日光中学校校歌

日光中学校校歌

作詞 西條 八十さいじょう やそ
作曲 古関 裕而こせきゆうじ
 
1
若きひとみ にふり仰ぐ
二荒は希望のみどりに燃えて
清き流れの大谷川
朝夕たゆまぬ努力をおし
大日光をふるさとに
伸びゆく日中楽し我等
2
高き知性をめざしつつ
鍛うるからだ むち うつ精神こころ
友と手をとり睦まじく
かがやく理想へ進むは我等
大日光をふるさとに
伸びゆく日中楽し我等
3
意気もあらた に起ち上がる
祖国のあけぼの若き血おど
文化光栄はえ ある大日本
かならず築かん我等の腕に
大日光をふるさとに
伸びゆく日中楽し我等

 20201030_日光中校歌_CD.wav

○ 校歌  「日本一の苗木を植える」


 <作詞>  西條八十(さいじょうやそ)先生

   「・・・さて、歌というものは、芽生えのようなもので、たとえ私がどんなよい歌を書いても、ちょうど木々の芽生えを太陽がはぐくむように、みなさんがその歌を可愛がってくださらないとしぼんでしまいます。私の歌ができたら、どうぞ大事にかわいがってのばしてください。・・・」 (昭25.12.20  本校校庭における講話より)


<作曲>  古関裕而(こせきゆうじ)先生

    校歌発表会(昭和26年10月1日)、両先生をお迎えし、日光公会堂(現日光総合会館)において盛大に開催されました。
2020年4月から、NHK連続テレビ小説「エール」の主人公として放映されました。

日光中学校校歌

☆令和2年(2020年)6月
 校歌を西條先生、古関先生に依頼した経緯が、少し分かりました。

*昭和24年ごろ、本校の音楽教師、渡辺信太(のぶた)先生が、お住まいになっていた日光山内(さんない)の唯心院(ゆいしんいん)のご住職、福井様にご依頼したようです。
*福井様は、当時、大正大学学長や早稲田大学で教鞭をとられておりましたので、古関先生と面識があったのではないかと推察されます。

☆校歌の鉛筆書き直筆原本(古関裕而記念館所蔵)の画像紹介


☆校歌を録画・録音しました。(令和2(2020)年10月30日)
☆下野新聞に掲載されました。(令和2(2020)年11月3日)
☆とちぎテレビで放映されました。(令和2年(2020)年11月5日)