栗山小中News&Events

2015年10月の記事一覧

さつまいも収穫

 10月28日(水)につる切りを済ませ、29日(木)に学年ごとにいも掘りを行いました。畝によって日当たりが違うため、さつまの出来も畝ごとに違ったようです。しかし、久しぶりのいも掘りだったため、みんな一生懸命さつまを探し当てていました。1・2年生の畝では、見事なさつまが掘り出され、一斉に歓声を上げていました。
 中にはかじられてしまったものがあるなあと思っていたら、なんとモグラの巣を発見!子どもたちも大騒ぎでした。

トリック・オア・トリート

 大橋先生・ギルダ先生による英語の授業も子どもたちの間にすっかり定着しました。先生方の明るさとバイタリティにリードされ、子どもたちも元気な声で英語を口にしています。
 そんな楽しい雰囲気が、さらにパワーアップされたのがハロウィーンです。お二人の先生は9月から教室に飾り付けをし、雰囲気を大いに盛り上げて楽しいハロウィーンにしてくださいました。
 

授業リフレクションin栗山

 10月23日(金)、小中連携・一貫教育研修の一環として、栗山小学校を会場に「授業リフレクションin栗山」を開催しました。今回は瓦井千尋教授、松本敏教授をはじめとする宇都宮大学教職大学院の先生方と院生の皆様も参加してくださったので、29名のお客様をお迎えすることになりました。
 研究授業は 小学2年生:伊藤先生の国語、小学5・6年生:三本木先生・杉田先生の理科、中学2年生:丹野先生の社会で行いました。どの授業でも、子どもたちは一生懸命考えて、積極的に活動していました。
 授業リフレクションも3部会にわかれて、それぞれに活発に話し合いが行われました。様々な御意見をいただき、とても勉強になった1日でした。御協力いただいた皆様、本当にありがとうございました。

避難訓練

 10月22日(木)、大雨による土砂崩れを想定して、避難訓練を実施しました。子どもたちは、放送に従いヘルメットを着用して、速やかに第一次避難場所(昇降口)に集合しました。全員避難を確かめた後、会議室に移動し引き渡しによる下校の確認を行いました。
  その後、日光消防署川治分署の神山さんお話を聞きました。平成10年の洪水や今年の大雨による被害の状況をビデオや写真で見ながら、正しい情報を得ること、早めの避難すること、危険に近づかないことの大切さを教えていただきました。大雨、大雪、地震、突風などさまざまな災害がありますが、自分の身を守る行動がとれるように常に考えていきたいです。
  
 
  

山地防災講習会

 10月19日(月)、3~6年生を対象に、森林防災教室を実施しました。この学習は、とちぎ環境みどり推進機構、県西環境森林事務所、県土整備部の皆様の御協力により行われました。
 第1部では、パワーポイントを使って森林の働きと土砂災害に備えてやっておくべきことを学びました。第2部では、模型を使って土砂災害の仕組みと復旧工事について学びました。
 私たちの周りにも危険はたくさんあります。山地防災マップや避難所を知っておくこと、いざというときのための非常持ち出し品を準備しておくこと、危険を感じたらすぐ避難する気持ちをもっていることなど、日頃から構えをつくっておくことが必要だと感じました。
  

紅葉・・・持久走コース

 学区内の野門・川俣温泉・加仁湯地区では、今朝は氷点下の気温となり学校周辺でも霜が降りました。寒い朝でしたが、朝日に輝く紅葉がとてもきれいです。校門を出て、持久走大会の5・6年コース、黒部ダムを一周してみました。学校に戻ると、校庭の桜や前山の紅葉が迎えてくれました。
 

親子学習会

 持久走大会の後,ネイチャープラネットの藤井弘子先生を講師にお迎えして,親子学習会を開催しました。今回は,パステルをカッターで削って,紙に指でこすりつけて絵を描く「パステルアート」に挑戦しました。どれも個性あふれる,素敵な作品となりました。
 お忙しい中のご参加,誠にありがとうございました。 

持久走大会

 10月8日(木)に、小・中合同の持久走大会が実施されました。
 1・2年生は900m、3・4年生は1600m、5・6年生は2600mを走り切りました。子どもたちは、今まで一生懸命練習した成果を見事発揮し、最後まで全力で走る姿はとても輝いていました。
 保護者の方々・地域の方々には、安全確保のご協力、そしてあたたかいご声援をたくさんいただきまして誠にありがとうございました。 

若間地域たんけん

 10月7日(水)、延期となっていた若間の地域たんけんに行ってきました。
 はじめに、高槻弘基自治会長さんから蛇王の滝についての説明をお聞きしました。滝の特徴や平成24年6月に滝の流れが変わってしまったときのお話、そして今年9月の大雨でそのときと全く同じようになってしまったというお話は、普段ではわからないとても貴重なものでした。
 その後、滝までの散策コースを歩き、クリーン活動をしました。ゴミはあまり落ちていませんでしたが、川原でゆっくりしたり、木の実拾いをしたり、若間の自然を満喫することができました。
 お忙しいところ御協力いただき大変ありがとうございました。

NISSANモノづくりキャラバン出前講座

 10月6日(火)の5・6校時、5年生の社会科学習の一環として、NISSANモノづくりキャラバン出前講座を実施しました。1時間目は、レゴを使ったフレンド号製作を行いました。六つの過程にわかれて、効率よく作るにはどうしたらいいのかを考えました。目標を達成するためには無駄をなくすこと。そのために、よく考え、工夫すること。それはものづくりばかりでなく、いろいろなことに通じると感じました。2時間目は、板金や電動ドライバ等の体験をしました。クルマづくりのための練習ですが、確かで早い作業をするために必要なことを考え、ちょっとした工夫が素晴らしい技術になることが理解できました。最後にまとめのDVDを見ました。
 とても楽しい出前講座でした。3人の先生ありがとうございました。

地域たんけんin土呂部

 標高が海抜900mを越える土呂部に、地域たんけんで出かけてきました。夏にとうもろこし収穫でお世話になった畑もすっかり秋景色で、山にかわいらしく並んだ「かやぼっち」が、私たちを迎えてくれました。
 今日の活動は「かぼちゃパン」を作り、地域のみなさんに食べていただこうというもので、公民館で作り方を教えていただき、地域たんけんをしながらお届けしました。おじいさんやおばあさんがとても喜んで受け取ってくれたので嬉しかったです。
 教えてくださったみなさんと一緒に、公民館でいただいたかぼちゃパンは甘くてフカフカで美味しかったです。お土産にもいただきました。ありがとうございました。