小百小なう!

学校の様子をお知らせします!

日光市一斉公開授業

 11月17日は、日光市一斉公開授業の日でした。午前中、4授業を公開し、指導主事や他校の先生方に参観いただきました。どの授業も、教師の教材研究がしっかりなされ、児童主体の授業が展開されていました。

 また、午後は、5年生の国語で研究授業を行いました。1学期から進めてきたICT機器を用いた足尾小学校との交流授業を展開し、日光市内から多くの先生方に参観いただきました。GIGAスクール構想を受けて、新しい授業の形を提案できたのではないかと思います。一緒に研究を進めてきた足尾小学校の先生方、ありがとうございました。

 この日は、子供たちの「主体的・対話的で深い学び」の姿が見えた一日でした。閉校を前に、多くの先生方に子供たちのがんばる姿を見ていただけたこと、大変嬉しく思います。

 

 

 

国語発表(2年生)

 2年生が、国語の単元「あそび方をせつ明しよう」のまとめとして、校長室に発表をしにきてくれました。自分で作った手作りおもちゃの説明を実演を交えながら上手に発表しました。2年生は在籍が1人なので、国語の授業は担当教員と2人で行っています。時々、その授業を参観させてもらいますが、教師との対話を通して充実した学習ができており、表情が生き生きしています。これからも、二人三脚で頑張ってほしいと思います。

 

 

 

 

 

11月朝会

 本日、11月の朝会が行われました。

 校長先生が、地域の方々の作られた短歌を紹介して下さいました。その短歌から、地域の方々が小百小学校をとても大切に思って下さっていることがわかりました。閉校まで、あと約4か月です。それらの思いを胸に、閉校までの一日一日を大切に過ごしていきましょう。

3年社会科見学

11月8日に、3年生が社会科見学に行きました。

まず、イッセイ花園さんにお邪魔させていただきました。子どもたちは、黄色や白などいろいろな色のきれいなシクラメンに一番びっくりしたようです。シクラメン作りの苦労や工夫などについての説明をお聞きして、一生懸命メモしていました。

次にお邪魔したのはオタフクソースさんです。ソースに入れる香辛料に付いての説明をうかがったり、実際に香りをかいだりして楽しそうでした。実際に工場を見学したときには、いろいろな機械があることに驚いていました。

やはり、実際に自分の目で見ると言うことは大切なことですね。

いま、お礼のお手紙を作成しているところです

「やまなし祭」&「人文字アート撮影」

 11月10日に、やまなし祭が行われました。最後のやまなし祭ということで、地域の方にも来ていただきました。各学年の発表のほか、全児童による体育の発表、和太鼓演奏を行いました。全員が主役のやまなし祭。子供たちは、今までの練習の成果を十分に発揮し、みんなで一つのものをつくり上げる喜びを感じていました。観にきてくださった保護者や地域の方々から、たくさんお褒めの言葉をいただきました。当日まで、指導してきた担任をはじめ、それぞれの立場でやまなし祭を盛り上げてくれた職員に感謝です。

 やまなし祭終了後には、閉校記念事業の一環として「やまなしの木」があしらわれた校庭で人文字アートをつくり、空撮を行いました。これは、閉校記念式部会による企画で、児童、保護者、地域の方、教職員総勢、約100名の撮影となりました。たくさんの方が参加してくださり、心に残る行事となりました。御協力くださった保護者の方々、地域の皆様、本当にありがとうございました。心から感謝申し上げます。

この思い出は、みんなの心の中にずっと生き続けることでしょう。

 

各学年の発表

  

 

全校児童による体育の発表

  

                             

 和太鼓演奏

 

人文字アート撮影