下原小日記

下原小日記(令和2年度)

あおぞら活動

 本日の業間には、全校生であおぞら活動が行われました。活動内容は、毎年恒例の落ち葉清掃です。

 錦が丘と交通公園を中心に行いました。学年縦割り班で協力し合いながら作業が進みました。子供たちは終始にこにこ顔で一生懸命落ち葉を集めていきます。90リットルの袋があっという間に落ち葉で一杯になっていきます。

 錦が丘も交通公園もとても明るくなりました。

   

もうすぐ秋も終わり…

 今年の秋は例年よりもゆっくりと過ぎ去ろうとしています。校庭の色とりどりの落ち葉の中を子供たちは思い思いの遊びに興じながら、元気に過ごしています。

 今年ももうじき、落ち葉清掃が行われます。その様子はまた後日紹介いたします。

   

5年生 邦楽スクール

 本日の4校時は、体育館にて5年生を対象に、邦楽スクールを開催しました。日光三曲協会の方々をお招きして、琴、三味線、尺八について体験学習を行いました。
毎年開催している恒例行事ですが、5年生にとっては初めての体験です。
 最初に、基本的な扱いについて説明を受けながら模範演奏を鑑賞しました。
 短い時間でしたが、子供たちは普段触れる機会の少ない楽器を扱い、真剣に練習に取り組んでいました。貴重な体験を通して、日本の伝統文化に浸ることができたようです。

   

   

11月の集会

 10日の業間の時間に、体育館で集会を行いました。
 校長先生からSDGs(エスディーズ)についての話がありました。
 SDGsとは、持続可能な世界を目指す国際目標で、17の大きな目標からなります。
 校長先生からは、「不要な電気を消すことや、水道の水を止める、友達を大切にするなど、2030年までに達成できるよう、自分だけでなく、地球に住む全ての人が幸せになれるよう、自分たちができることを、少しずつ増やしていきましょう」という話がありました。

 

PISA型読解力の育成を図る授業の改善 研究授業

 本日は市内外の先生36名をお招きして、研究授業公開を開催しました。表題の内容について、昨年から研究を進めて参りました。
 子供たちはそれぞれの教科等の中で、学習課題の複数の情報を相互に関連付けて、自分の考えや生活経験と結び付けて考えをまとめたり、表現したりする力を高めていくことを主にねらっています。
 2年生と4年生は国語、3年生は社会、5年生と6年生は算数を、つくしは自立活動の授業を行いました。1年生は月末に別の研究授業が行われるので、今回の公開はありませんでした。