下原小日記

下原小日記(令和2年度)

3年生からの提案

 前回紹介した秘密基地づくりに関する内容をお伝えします。

 本日、校長室に3年生の代表7名が訪れました。校長へのお願いをもってきました。それは、「今作っている秘密基地が完成したら、他の学年のみんなにも見せたいし、楽しんでもらいたい。だから、錦が丘のあの場所をもう少しの間、貸してください」という内容でした。

 自分たちの楽しみだけではなく、他の学年のことも考えて、3年生全員で考えたこの提案に、校長の私は大賛成しました。彼らがこれまで話し合ってきた経緯と、これから基地の完成とその後の他学年への紹介に向けての今後の話合いが、3年生にとってどれだけの学びになるか、とてもワクワクします。

凧揚げが上達しました

 1年生の生活では、昔の遊び体験の学習で、凧揚げが行われています。校庭で何度か挑戦してきましたが、回数を重ねていくにつれて段々上手になってきました。

 国旗の旗を見て、「今日は風があるから凧が揚がるね」と気付く児童もいました。初めのうちはがむしゃらに走り回っていた1年生も、風があれば走らなくても凧が揚がることに気付きだし、立ち止まる児童も増えてきました。

 何度か凧揚げを重ねていくうちに、その体験の中から、いろいろなことに気付き、ますます凧揚げに夢中になっていくようです。

   

 

生活科学習のまとめ

10月に、食育の一環でいちごの苗植え体験を実施してから4か月が経ちました。温度管理・受粉・そして害虫駆除の大切さなど、観察記録を進める中で、一つのものを育てるまでの苦労を子供たちなりに感じてきたことと思います。

学校での学習は、昨年末に、協力いただいたいちご園さんに礼状を書いて学習を終えたところでしたが、この度、さらにいちご園さんから素敵なプレゼントが届きました。

 

子供達の感想から(プロの味って…)

・ぼくの(つくったもの)よりおいしい。

・口に入れたとたんにとろけました。

・食べたらもう1こほしくなる。

・レベルがちがう!!

・(自分達が作ったものよりも)天地ほどの差でおいしい。

 

 

 

イングリッシュ・ゾーン

 職員室前廊下の掲示板に、英語コーナーが復活しました。ALTの出身国や英単語、会話文がカラフルに紹介されています。たくさんの子供たちに足を止めて見てもらいたいと思います。

   

錦が丘の中で

 今週から2月5日まで、教育相談週間として、子供たちは業間や昼休みに担任の先生とお話をする機会が設けられています。相談を待っている児童や終えた児童にとっては、この期間の業間は30分間といつもより長く遊べる嬉しい時間です。

 錦が丘の中を進んでいくと、ある学年の数名があちこちから何やら材料を集めてきて、どうやら秘密基地づくりを始めようとしていました。これからどんな形になるのかとても楽しみです。そうした遊びができるのも、本校の錦が丘のもつ素晴らしさの一つだと思います。

   

他の学年の遊びの様子です。