下原小日記

下原小日記(令和2年度)

全員登校で始まりました

 本日、始業式を迎え、いよいよ令和3年度が本格的に動き出しました。

 各学級での子供たちの様子は、みんな新たな担任との出会い、新たな学年の希望に、笑顔いっぱいでした。

明日からの学校生活が非常に楽しみです。保護者の皆様方、今年度もどうぞ宜しくお願いいたします。

  

  

春爛漫

 令和3年度を迎えました。錦が丘の木々も競うように花々を開かせています。着信した先生方、これから門をくぐる子供たちを迎え入れようとしているようです。

 4月8日、4月12日の新たな出会いに、今から胸が躍ります。今年度もどうぞ宜しくお願いいたします。

   

   

6年生、旅立ちの日

 本日無事、卒業式を挙行することができました。6年生は練習の時からたいへん立派な態度で臨んでいました。本日も保護者の皆様、在校生(一部リモート中継)の見守る中、これまでに成長した姿をしっかりと見せてくれました。

 これからの新しい旅立ちの行く先に、多くの可能性や幸せが待っています。更なる成長を期待します。

 

 

卒業式予行練習を行いました

 本日の3校時、卒業式の予行練習を行いました。

 今回も新型コロナウイルス感染症対策を講じなければならなく、在校生の会場参加を5年生のみとしました。

1~4年生は、式の様子をライブ中継し、それを各教室で視聴することにしました。

 会場での練習では、ほどよい緊張の中、6年生の呼名の返事、証書の受取動作等、とても真剣に厳かな雰囲気を大切にして練習を進めることができました。

 若干の修正を加えて、19日当日を迎えたいと思います。6年生の保護者の皆様の御臨席を心よりお待ちしております。

   

   

 

 

修学旅行二日間、無事終了しました

 3月11日、12日と今年度の修学旅行を実施しましたが、無事終了しました。

 6年生は常に、しっかりした態度で行動し、見学の先々で「とても素直な6年生ですね」とのお言葉をかけていただきました。6年生にとってとても思い出に残った二日間になったようです。保護者の皆様におかれましても、これまでの延長の御理解、当日の送迎等の御協力、誠にありがとうございました。

  

  

  

  

  

修学旅行を実施しました

 本日、ようやく修学旅行を実施しました。

まず、宇都宮市の「若竹の杜」にお邪魔し、竹林の雰囲気を味わい、水鉄砲づくりを行いました。

次に、東日本ホテルでテーブルマナーランチを体験してきました。

そして午後は、日光世界遺産、二社一寺の見学をたっぷり行い、地元日光の魅力を再確認しました。

明日は、那須ハイランドパークで、存分に楽しんできます。

 

 

6年生による奉仕作業

 本日3月の2週目を迎え、6年生にとっては残すところ10日間の学校生活となりました。そんな中、本日の3・4校時は6年生が体育館のワックスがけをしてくれました。

 床の雑巾がけから始め、ゆっくりとモップを動かしながらワックスを伸ばしていきました。6年間過ごした校舎への感謝の気持ちを表すかのように、終始一生懸命、丁寧に作業を進めていました。

 6年生の気持ちのこもった奉仕作業に感謝します。

   

ボランティア「ほんわか」の皆様による今年度最終回の読み聞かせ活動

 本日の朝の時間は、読み聞かせボランティア「ほんわか」の皆様による、今年度最後の読み聞かせを実施していただきました。

 1年間の締めくくりとして、それぞれの学年の最後にふさわしい内容の絵本を選んでいただきました。子供たちはいつも以上に、真剣に聞き入っていたようです。

 6年生にとっては、小学校6年間の最後にもなりました。最後に読んで頂いた本は、友情の素晴らしさを描いたシリーズの集約本、アーノルドローベルの「ふたりはずっと」。ボランティアの方からの大切なメッセージを6年生はしっかりと受け止めたようです。

 読み聞かせボランティア「ほんわか」の皆様、本年度も御協力頂きまして、誠にありがとうございました。

   

   

体育支援ボランティアによる楽しい体育の授業

 本日は、体育支援のボランティア3名の方々の御協力により、全学年体育の授業を実施いたしました。

 1・2年生は跳び箱を使った運動遊びを、3・4年生は主に縄跳びを使った運動を、5・6年生はマット運動をそれぞれ行いました。

 それぞれの運動のコツを丁寧に御説明いただき、友達と協力したり、競争したりして取り組め、子供たちは夢中になって身体を目一杯動かしていました。学年それぞれに運動の楽しさを味わうことができたようです。

  

  

  

6年生を送る会

 本日の午前は、6年生を送る会を開催しました。今日を迎えるに当たり、在校生それぞれの分担で体育館の飾り付けを行ったり、メッセージカードを用意したり、さらには、メインの活動になる校内ウォークラリーを5年生が綿密に企画するなど、様々な準備がなされてきました。

 校内ウォークラリーでは、なかよし班ごとに各教室を周り、そこで待ち構えている5年生が、クイズやゲームを紹介します。何度も練習をし準備した甲斐があり、どのコーナーもとてもスムーズな運営をしていました。

 6年生も心のこもった様々な内容に、とても喜んでいたようです。

 会の中では、校旗を5年生に託す引継式も行われました。明日からはいよいよ5年生が毎朝の掲揚を行います。

   

   

今年度の学習の力試し

 昨日から本日にかけて、学力テストを実施しています。この1年でどの程度学力が定着したか、児童それぞれの定着状況を確認すると共に、教員の学習指導についての見直しや授業改善につながる分析材料として、実施しています。

 1年生は国語と算数、3・4年生は国語と算数と理科、5年生は国語・算数・理科・社会の4教科を実施しました。なお、2年生と6年生は、次年度進級・進学後の5月に同様のテストを実施する予定のため、今回は行いません。

 教室をのぞいてみると、児童一人一人の表情はとても真剣です。今年度身に付けた学力を生かし、しっかりと力試しをしてもらればと思います。

    

 

 

緊急事態宣言があけて

 今回の緊急事態宣言が解除されたのを機に、読み聞かせボランティア「ほんわか」の皆さんが久しぶりに来校されました。

 子供たちにとってもとても嬉しい活動の再開です。ボランティアの皆さんによる朗読に、子供たちは今日も熱心に耳を傾け、めくられていく絵本に誰もが釘付けです。

 これからもこの読み聞かせの時間が継続していくことを切に願います。

  

 

1年生と2年生の交流

 本日の4校時、2年生の教室をのぞいてみると、1年生を招待して何やら楽しそうな活動が今から始まるというところに出くわしました。

 生活科の時間で、1年生を楽しませるための様々な遊びの用意を、2年生が進めていたようです。その内容は、射的、魚釣り、もぐらたたき、レース、的あて、くじ引きなど、とてもバラエティに富んだ内容でした。2年生は今日を迎えるまでに、昨年自分たちが招待されたことを思い出したり、1年生をどう楽しませられるか考えたりして、一生懸命準備を進めてきたようです。招待された1年生も、ゲームを仕切る2年生もニコニコでした。

   

   

安全委員会による注意喚起

 下原小児童会の活動が活発です。その中の一つ安全委員会は、前回下校時に「安全な通学」について、全校生に注意喚起を行いました。

 ポケットに手を入れたまま歩かない。氷の上は滑りやすいからよけて歩く。風の冷たい日は防寒帽をかぶる、など、様々な状況を実際に演じながら、その危険性を訴えました。

 児童それぞれのアイデアや工夫が凝らされた活動です。

   

命のリレー

 昨日は、2年生の教室で性に関する指導の授業が行われました。

 赤ちゃんが誕生するまでの様子を学び、生命が生まれ成長していく神秘、母親の命がけの出産などに気付いたようです。自分の命は、お父さんとお母さんから受け継いだ命であることを子供たちなりにしっかりと実感したようです。

 さらに授業の後半には、親御さんに準備していただいた子供たちの生まれたときの様子を綴った手紙を何度も読み返し、改めておうちの方々の愛情をしっかりと受け止めました。手紙を読み終えた子供たちの表情には、嬉しさがあふれていました。

   

3年生からの提案

 前回紹介した秘密基地づくりに関する内容をお伝えします。

 本日、校長室に3年生の代表7名が訪れました。校長へのお願いをもってきました。それは、「今作っている秘密基地が完成したら、他の学年のみんなにも見せたいし、楽しんでもらいたい。だから、錦が丘のあの場所をもう少しの間、貸してください」という内容でした。

 自分たちの楽しみだけではなく、他の学年のことも考えて、3年生全員で考えたこの提案に、校長の私は大賛成しました。彼らがこれまで話し合ってきた経緯と、これから基地の完成とその後の他学年への紹介に向けての今後の話合いが、3年生にとってどれだけの学びになるか、とてもワクワクします。

凧揚げが上達しました

 1年生の生活では、昔の遊び体験の学習で、凧揚げが行われています。校庭で何度か挑戦してきましたが、回数を重ねていくにつれて段々上手になってきました。

 国旗の旗を見て、「今日は風があるから凧が揚がるね」と気付く児童もいました。初めのうちはがむしゃらに走り回っていた1年生も、風があれば走らなくても凧が揚がることに気付きだし、立ち止まる児童も増えてきました。

 何度か凧揚げを重ねていくうちに、その体験の中から、いろいろなことに気付き、ますます凧揚げに夢中になっていくようです。

   

 

生活科学習のまとめ

10月に、食育の一環でいちごの苗植え体験を実施してから4か月が経ちました。温度管理・受粉・そして害虫駆除の大切さなど、観察記録を進める中で、一つのものを育てるまでの苦労を子供たちなりに感じてきたことと思います。

学校での学習は、昨年末に、協力いただいたいちご園さんに礼状を書いて学習を終えたところでしたが、この度、さらにいちご園さんから素敵なプレゼントが届きました。

 

子供達の感想から(プロの味って…)

・ぼくの(つくったもの)よりおいしい。

・口に入れたとたんにとろけました。

・食べたらもう1こほしくなる。

・レベルがちがう!!

・(自分達が作ったものよりも)天地ほどの差でおいしい。

 

 

 

イングリッシュ・ゾーン

 職員室前廊下の掲示板に、英語コーナーが復活しました。ALTの出身国や英単語、会話文がカラフルに紹介されています。たくさんの子供たちに足を止めて見てもらいたいと思います。

   

錦が丘の中で

 今週から2月5日まで、教育相談週間として、子供たちは業間や昼休みに担任の先生とお話をする機会が設けられています。相談を待っている児童や終えた児童にとっては、この期間の業間は30分間といつもより長く遊べる嬉しい時間です。

 錦が丘の中を進んでいくと、ある学年の数名があちこちから何やら材料を集めてきて、どうやら秘密基地づくりを始めようとしていました。これからどんな形になるのかとても楽しみです。そうした遊びができるのも、本校の錦が丘のもつ素晴らしさの一つだと思います。

   

他の学年の遊びの様子です。

   

紙芝居の読み聞かせ

 図書委員が頑張っています。

 「詩を読む楽しさを少しでも伝えたい」と昨年秋には校内読書週間を実施しました。

 1月21日は、1から3年生教室において、紙芝居の読み聞かせを実施しました。

 今まで少しずつ練習してきたお話を、上手に発表することができました。

 訪問した教室では、一生懸命聞いてくれていました。

   

   

 

1年生の道徳の時間

 昨日の1年生教室は、担任が研修のため不在でしたが、初心者指導教員や教頭等の授業が行われました。

2校時目をのぞいてみると、道徳の時間が行われていました。「ともくんの字」という読み物をもとに話し合いが始まりました。遊びに行きたくて書いた文字が雑になってしまったともくん。途中で考え直し、丁寧に書き始めました。その時のともくんの心の変化を中心に話し合いました。1年生それぞれが、ともくんの思いに沿いながらたくさんの意見を述べ合っていました。そして、自分の日常をふりかえりながら、どの気持ちを一番大切にすればいいのか考えを深めていきました。

   [

ALTと英会話

 本日の2年生の教室を覗いてみると、ALTと担任の先生による英語の授業が行われていました。

 その内容は、英語で数字を伝える学習でした。1から30まで、発音のポイントをジェスチャーを加えながら、正確に練習していました。マスクをしながらの活動なので口元の確認は難しい状況ですが、ALTの発音をしっかり聞きながら、元気一杯取り組んでいました。

   

子どもは風の子

 今朝はうっすらと雪化粧の校庭でしたが、業間になると子どもたちが元気一杯、ドッジビーをして遊びました。

 今日は風があるため、ねらいどおりにいかず、思わぬ方向へ飛んでいってしまうようで、子どもたちは驚いたり、面白がったりしていろんな歓声をあげています。寒さをも吹き飛ばす子どもたちのエネルギーを感じました。

   

今月の掲示板紹介

毎月、担当の職員と4年生による掲示板を紹介しています。

今月は、春の七草です。

来校の際には、ぜひご覧ください。低学年昇降口左側に

あります。

 

 

第3学期 始業式

下原小学校のホームページをご覧の皆さん、あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いします。

 

さて、8日第3学期始業式を行いました。校長先生からは、「シトラスリボン運動」についての話がありました。

 

「誰がいつ感染するかわからないコロナ感染を機に始まったシトラスリボン運動ですが、コロナ感染にとどまらず、差別や偏見の無い、誰でも安心して笑顔で生活できる、地域や学校作りを目指しましょう」という話でした。

 

6年生はもちろん、それぞれの学年が、1学年上がるための大切な準備期間となる3学期です。より充実した学校生活を送ることができるよう支援をしていきたいと思います。下原小学校の教育活動への御理解と御協力のほど、よろしくお願いいたします。

 

 

第2学期終業式

25日、終業式を行いました。

校長先生から「頭を柔らかくして、自分のことや友達のことを見てみよう」という話がありました。「自分は○○だ」「友達は○○だ」と決めつけてしまう「かちかち頭」ではなく、頭を柔らかくして、いろいろな見方や考え方ができるようになってほしいという話でした。

その後、表彰式も行われました。

保護者の皆様、2学期も下原小学校の教育活動へのご理解とご協力、誠にありがとうございました。

良いお年をお迎えください。

 

 

読み聞かせボランティア「ほんわか」

 今年最後の読みきかせを本日、ほんわかさんにより実施いたしました。サンタクロースに関する本や温かなセーターに関する本など、季節感を存分に味わえる内容の本を今回も紹介していただきました。

 低学年の教室を覗いてみると、場面によって歓声を上げながら、とても楽しそうにボランティアの方々の読む本に、注目していました。

 また、今日はほんわかさんから、とても素敵なクリスマスプレゼントをいただきました。読書に関するメッセージが入ったしおりです。そのメッセージには、ほんわかのみなさんの本に対する温かい思いが詰まっていました。

   

   

体力づくり集会

 昨日の業間の時間には、体力づくり集会を行いました。内容は、学年対抗の長縄跳び競争です。3分間で、何回跳べるかを競いました。今日を迎えるまでに、各学年練習を重ねてきました。

 ウォーミングアップの時間の後、いよいよ本番です。始まりの合図がなると、かけ声が始まりました。段々その声にも力が入ってきます。途中で引っかかっても責める人は誰もいません。また励ますように元気なかけ声が始まります。

 結果は、5年生と僅差で競り勝った6年生が優勝でした。その他の学年も練習の成果を存分に発揮した結果でした。特に1年生は誰もが跳べるようになり、みんなニコニコでした。さらに4年生は、その日の昼休みに、次の集会に向けて早速、練習を始めていました。

 学年それぞれに目標を立て、一致団結して取り組んでいます。

   

 

 

3年生のクラブ活動見学

 クラブ活動は4年生から行っている活動です。先週から今週に掛けて、3年生のクラブ活動見学を行いました。次年度に向けて、自分自身はどのクラブ活動に興味があり、実際にやってみたいか判断するための見学会です。

 各クラブ活動の活動場所では、主に5・6年生が待ち構えており、3年生が見学にやってくると、その活動内容の説明をしてくれます。そして、実際に活動を体験させてあげます。上級生の様子はとても自主的で上手に3年生の相手をしていました。また、3年生の方も、入りたいクラブを既に決めている人もいれば、全て見学してから決めたいと考えている人もいて、それぞれ熱心に説明に耳を傾けていました。

   

   

 

本日も雪景色。子どもの歓声が響く校庭。

 本日の業間は、積雪の校庭にたくさんの子供たちが駈けだし、雪合戦や雪だるまづくりに興じました。寒さも忘れ、元気一杯校庭中を走り回っています。校庭の雪の上にたくさんの足跡が残りました。

   

    

校長室への嬉しい訪問者

 一人寂しく?執務をしている校長の下へ、時折嬉しい訪問があります。その一つは、かけ算九九の練習をしている児童の訪問です。覚えた九九をなるべくたくさんの先生に聞いてもらう活動をしているようで、毎日かけ算九九を聞かせてくれます。日々の上達が分かる楽しい時間です。

 更に今日は、3年生の訪問がありました。校内の消防設備を調べる学習で、消火器や熱感知器の場所を調べに訪れてくれました。とても真面目に一生懸命メモを取っている姿に嬉しさと頼もしさを感じました。

 

楽しい!雪遊び

 昨日からの雪で今朝の校庭は真っ白でした。昼休みになるとすっかり消えてしまいましたが、錦が丘に残る雪を求めて、子供たちが一斉に集まりました。

 手に手に雪玉を作り、夢中になって遊んでいます。雪の冷たさよりも雪で遊べる楽しさの方が勝っているようです。歓声を上げながら雪遊びを続けています。

   

   

なかよし班で元気いっぱい

 本日の業間の時間は、鶏頂山からの小雪が舞う中、なかよし班での活動がおこなわれました。6年生から1年生の学年縦割りの班を編制し、毎回遊びを決めて楽しんでいます。

 手がかじかむ寒さにもかかわらず、子供たちはにこやかにドッジボールや鬼ごっこを楽しんでいました。異学年間の交流が深まってきました。

   

掲示板紹介

校門を入って右側、低学年昇降口の左隣に掲示板があります。

今月は、「We Wish You a Merry Christmas」の歌詞と、4年生が折り紙で作ったサンタさんが飾られています。

ぜひご覧になってください。

なかよし集会

 昨日は、なかよし集会を行いました。下学年と上学年ごと、それぞれ実施しました。今回は、とちぎ市民協働研究会代表理事の廣瀬隆人先生に講師として来校いただきました。

 下学年では、はじめに世界の貧困状況を表したハンガーマップを通して、人と仲良くするには自分のことばかりを考えてはいけないことの大切さを学びました。後半は、フラフープダウンゲームを行い、仲間と気持ちを合わせる心地よさを味わい合いました。

 上学年では、笑顔で自己紹介しあい、聴いている人は、その人のいいところを付箋紙に書き上げる活動をおこないました。笑顔の大切さ、認め合うことのよさを味わう活動となりました。

   

子供たちの興味関心を生かして

 3年生の図工の時間を覗いてみると、夢中になって画用紙に向かっている姿に目がとまりました。学習内容は、自分の好きな本の絵を描くというものです。読み枷が大好きな3年生は、自分のお気に入りの本もしっかりあるようで、みんな大好きな本を選んでいます。それを側に置きながら、本の内容や挿絵や表紙を参考にしながら、画用紙いっぱいに絵を描いていました。自分の興味関心のあるものに向かっているので、おのずと集中しています。素晴らしい姿だなあと感心しました。

   

下原デー(学習発表会・授業参観)

 本年度は、11月上旬の教職員向け授業公開を実施したため、下原デーを12月にずらしての実施となりました。

 学習発表会には、各学年の御家族の方々の多くの参観をいただきまして、たいへん盛況に実施することができました。誠にありがとうございました。子供たちにとって、とても大きな励みになりました。

  

  

  

  

  

  

1年生、道徳の授業

 昨日は、初任者指導訪問があり、1年生の道徳の授業が公開されました。

 「くりの実」という資料を通して、友達と仲良くし、助け合うことの大切さについて迫っていく授業が展開されました。1年生らは主人公に自分を重ねて考えたり、友達と話し合ったりして、友達を大切にするってどういうことかに迫っていきました。最後は、クラス全員で友達の歌を歌って終わりました。みんなとても満足した表情でした。

   

 

低学年、歯磨き指導教室

 本日は、歯科衛生士3名の方々により、第1学年、第2学年それぞれに歯磨き指導教室を実施しました。

 普段のおやつを見直し、砂糖が使われている食べ物や飲み物を摂ったときは、特に注意する必要があること。正しい歯磨きの仕方等を学習しました。

 実際に染め出し液を使って、自分の歯を鏡で見ながら歯ブラシの当たり方を確認しながら歯磨きを学んでいきました。御家庭でも、正しく歯磨きができたか、引き続き見守っていただければと思います。

   

 

あおぞら活動

 本日の業間には、全校生であおぞら活動が行われました。活動内容は、毎年恒例の落ち葉清掃です。

 錦が丘と交通公園を中心に行いました。学年縦割り班で協力し合いながら作業が進みました。子供たちは終始にこにこ顔で一生懸命落ち葉を集めていきます。90リットルの袋があっという間に落ち葉で一杯になっていきます。

 錦が丘も交通公園もとても明るくなりました。

   

もうすぐ秋も終わり…

 今年の秋は例年よりもゆっくりと過ぎ去ろうとしています。校庭の色とりどりの落ち葉の中を子供たちは思い思いの遊びに興じながら、元気に過ごしています。

 今年ももうじき、落ち葉清掃が行われます。その様子はまた後日紹介いたします。

   

5年生 邦楽スクール

 本日の4校時は、体育館にて5年生を対象に、邦楽スクールを開催しました。日光三曲協会の方々をお招きして、琴、三味線、尺八について体験学習を行いました。
毎年開催している恒例行事ですが、5年生にとっては初めての体験です。
 最初に、基本的な扱いについて説明を受けながら模範演奏を鑑賞しました。
 短い時間でしたが、子供たちは普段触れる機会の少ない楽器を扱い、真剣に練習に取り組んでいました。貴重な体験を通して、日本の伝統文化に浸ることができたようです。

   

   

11月の集会

 10日の業間の時間に、体育館で集会を行いました。
 校長先生からSDGs(エスディーズ)についての話がありました。
 SDGsとは、持続可能な世界を目指す国際目標で、17の大きな目標からなります。
 校長先生からは、「不要な電気を消すことや、水道の水を止める、友達を大切にするなど、2030年までに達成できるよう、自分だけでなく、地球に住む全ての人が幸せになれるよう、自分たちができることを、少しずつ増やしていきましょう」という話がありました。

 

PISA型読解力の育成を図る授業の改善 研究授業

 本日は市内外の先生36名をお招きして、研究授業公開を開催しました。表題の内容について、昨年から研究を進めて参りました。
 子供たちはそれぞれの教科等の中で、学習課題の複数の情報を相互に関連付けて、自分の考えや生活経験と結び付けて考えをまとめたり、表現したりする力を高めていくことを主にねらっています。
 2年生と4年生は国語、3年生は社会、5年生と6年生は算数を、つくしは自立活動の授業を行いました。1年生は月末に別の研究授業が行われるので、今回の公開はありませんでした。

   

   

秋が深まる中で

 錦が丘が、まさに名称どおりの美しい丘に染まっている中、子供たちは元気一杯に遊んでいます。
 子どもは風の子。だれもがにこやかに駆け回ったり、笑い合ったりして、学年を越えて休み時間を楽しんでいます。

   

4年生盲導犬教室

 月曜日には、4年生を対象に盲導犬教室が実施されました。今年度も東日本盲導犬協会の御協力をいただきました。3名の訓練士の方々と訓練犬やPR犬合わせて3頭に来校いただきました。
 4年生はアイマスクをして盲導犬のハーネスに手を添えながら、クランクのあるコースを歩きました。盲導犬に頼り切る状況をそれぞれに味わったようです。
 実体験を通して、盲導犬を利用する方々の感じるところに想像を膨らませるきっかけになった学習でした。

   

臨海自然教室、最終日

 本日は小雨模様の天気ですが、5年生は元気に最終日を迎えました。
最後の活動はジェルキャンドル作りです。小さな容器に色砂や飾りを配置し、思い思いのデザインを作り上げました。素敵なお土産が出来ました。
   
この後、施設で昼食をとった後、予定通りのスケジュールで帰路につきます。

臨海自然教室、2日目。

今朝はきれいな朝焼けで、気持ちよく始まりました。
朝の海岸散歩、塩づくり、さつまいもの壺焼きと、午前の活動は順調に進みました。5年生らは、互いに協力しあい、助け合いながら、とても活発に過ごしています。
   

5年生臨海自然教室スタート

 5年生の臨海自然教室が本日より2泊3日で始まりました。
予定通り到着し、先ほど昼食が終わりました。5年生は誰もしっかり食事をとれました。
この後、最初の活動が始まります。

1年生の道徳の時間

 昨日は、1年生の道徳の時間で「はしの上のおおかみ」が行われました。このお話をとおして、1年生の子供たちは親切について考えてみました。
 実際に体験したり、友達と話し合ったりして、それぞれの考えを深めていきました。
 授業の終わりには、いつも級友に親切に振る舞っている児童の紹介がされ、1年生それぞれの表情がとても嬉しそうに輝いていました。
   

5年生の調理実習

 本日の1・2校時は、5年生の調理実習を行いました。今回も家庭科室内での密集を避けるため、児童半数で2部制にして実施しました。
 今回の調理は、青菜のおひたしです。熱湯を安全に使用し、包丁の正しい使い方を学びました。ほうれん草のゆで加減を見るのもしっかりできたようです。

いちごの苗植え体験

101日(木)

2年生はこの日、食育の一環として、各校を訪問されている「おきはらいちご園」の澳原(おきはら)さんにお越しいただき、いちごの苗植え体験をさせていただきました。

とってもりっぱないちごの葉っぱの様子に、みんなびっくり。お話を聞きながら、丁寧に自分の鉢にいちごの苗植えを行い、おいしいいちごづくりのための質問をたくさんしました
みんなでお世話を頑張って、クリスマスに間に合わせたいですね。
 
 
 

令和2年度運動会、無事に開催しました

 本日開催の運動会、保護者の皆様の御協力をいただきまして、無事予定どおり開催することができました。
 今年も紅組の優勝となりましたが、両者拮抗する勝負の連続で、子供たちの熱も高まる一方でした。それぞれの種目の出来映えは、練習の成果が存分に発揮できたようです。
 御参観いただいた保護者の皆様、たくさんの御声援ありがとうございました。


1・2年生 運動会の練習


 いよいよ運動会本番を今週木曜日にひかえ、各学年の練習も佳境に入ってきました。それぞれの種目の全容が見えてきて、子供たちも非常に楽しそうに取り組んでいます。
 低学年のダンスでは、タンバリン型の鳴り物を持っての演技となります。さらに、2年生のアイデアを活かしたオリジナルの部分も取り入れるようです。
 本番での披露がとても楽しみな種目の一つです。

運動会 全体練習

 今週から運動会の全体練習が始まりました。
 開会式や応援の練習では、代表児童のこれまでの練習の成果が披露され、下学年の模範として、練習の効率も上がりました。
 今後、全校生での練習を重ねて、集団行動を仕上げていきます。子供たちの表情にも自信があらわれてきています。

3・4年生 運動会の練習

 本日、3校時の校庭では、3・4年生の運動会種目の練習が行われました。
 ソーラン節2020の練習です。子供たちの元気なかけ声が校庭に響き渡っています。当日のお披露目がとても楽しみです。保護者の皆様も大いに御期待ください。

PTA奉仕作業とPTA理事会の開催

 本日はすっきりしない天候にもかかわらず49名の参加によるPTA奉仕作業を実施することができました。
 今回は校舎内の窓、床、トイレの清掃をおこなっていただきました。普段の清掃活動では手の届かない部分を重点的にやっていただけたことで、たいへん助かりました。
 午後は、今年度初めての開催となるPTA理事会を開きました。運動会の係分担が主な協議題となり、その後ベルマークの種分け作業を行いました。


5年生、薬物乱用防止教室

 本日の5校時は5年生を対象に、薬物乱用防止教室を実施しました。今市警察署生活安全課より2名の職員に来ていただき、映像資料等をもとに、身近に潜む薬物やその影響等について詳しく説明していただきました。
 5年生の児童にとっては、ニュースやドラマで聞いたことがあるものもありましたが、詳しく知ることにより、その影響の深刻さを実感したようです。
 最後にSNSについても話題に触れ、不特定多数の者と簡単に関わられる状況下にあることに気付くことができたようです。

運動会、代表児童の練習

 昨日から運動会練習日課が始まりました。業間の時間を長く取り、運動会の練習を位置付けています。
 昨日は、開閉開式に関わる代表児童の練習を行いました。式に臨む姿勢や留意点、具体的な大まかな動きを確認しました。

 本日の業間練習は、各組の応援団の練習を行いました。基本的な隊形、かけ声の確認等を行いました。団員それぞれの表情はとても真剣で、全校生による全体練習に向けて、とてもよい雰囲気でスタートが切れました。

運動会に向けての練習

 今年度の運動会10月8日(木)に向けて、各学年の練習が始まっています。
 高学年の表現種目は、旗を用いた演技を用意しています。今週から校庭での練習が始まりました。完成に向けて順調に練習を積み重ねているようです。
 接近しての写真撮影は敢えて控えています。当日の披露を楽しみにしていただければと思います。

6年生の調理実習

 本日は6年生の家庭科で、調理実習を行いました。
 3密回避の手立てとして、学級を大きく2班に分けて、2時間ずつ実習を行いました。家庭科室のシンクやコンロ、調理器具の使用時も余裕をもって使うことができました。
 野菜炒めとスクランブルエッグを作りました。実習を通して、6年生はそれぞれに調理に適した切り方や材料に適したいため方を理解していきました。

なかよし班での遊び

 本日の業間の時間に、なかよし班による遊びが行われました。
 1年生から6年生を学年縦割りに編制した班で、それぞれのアイデアで遊びます。
 今学期から、学年ごとの校庭使用の割り振りを撤廃したので、これまでも昼休みの時間には多くの機会で異学年での遊びが浸透しています。
 今回のなかよし班遊びも、友達と一緒に遊ぶ子供たちの楽しそうな様子がたくさん見られました。

水たまりも楽しい!!!

 台風の影響ですっきりしない天気が今朝から続いていましたが、昼休みには雨が上がり、長靴を履いた子供たちが、元気に校庭に飛び出しました。
 子供たちにとっては、水たまりも楽しい遊び場です。
 夢中になって遊んだ後は、時計を見て、走って教室に戻ります。水たまりの上をぴょんぴょん跳ねて走って行く姿は、とても微笑ましい光景です。

読み聞かせボランティアの再開

 本日、今年度最初になる図書ボランティア「ほんわか」による読み聞かせを再開しました。
 感染症対策として、子供たちの座席はそのままとして間隔をとり、ボランティアの方々にはフェイスシールドをつけていただきました。
 子供たちも今年度初めてのほんわかさんの読み聞かせにとても集中し、いつものように本の絵に釘付けになり、ボランティアの方々の声に聞き入っていました。

児童の通学に関わるボランティアの御協力

 毎日の児童の通学に際しては、保護者及び御家族の皆様、通学路沿いの地域の皆様から、登校への同行、登下校の見守り、交差点での御指導等、様々なかたちで子供たちの安全を守っていただいていることに、感謝申し上げます。誠にありがとうございます。
 本日からは新たに、明治安田生命今市営業所のスタッフの皆様による下校ボランティアを御協力いただくこととなりました。本日は10名の方々に来校いただき、徒歩で下校する班についていただきました。今後、毎週水曜日に下校に付き添っていただくこととなります。
 子供たちも通学班の中での役割を改めて考えたり、様々な方々との関わりの中で社会性など多くのことを学んだりしてもらいたいと思っています。

授業改善を目指した授業研究会

 今年度の学校課題「PISA型読解力の育成を図る授業の改善」を目指すための授業研究会を本日、行いました。
 今回は、2年生の国語「はんたいのいみのことば」の授業とつくし2組学級の自立活動「グループワークトレーニング」の授業をもとに研修を行いました。
 2年生の子供たちは、対になる言葉をより明確にするには文章に表すと分かりやすいことに気付き、多くの言葉で対義語を意識することができたようです。今後、かるた大会を設け、学習の成果を発表するようです。
 つくし2組の子供たちは友達と協力して、白地図にいろいろなお店の場所を見つけていく活動をとおし、友達と協力するには自分は何をすればよいかを意識しながら取り組むことができました。もっとうまくいくにはどうすればよいかまで、十分に振り返ることができました。
 先生方は、これらの授業を元に、放課後に授業研究会を行い、改善ポイントを洗い出し、今後のそれぞれの授業に活かそうと研修を進めました。

熱中症対策を講じての活動

 8月ももうすぐ終わる時期ですが、暑さはまだまだ続きます。
 この時期は、暑さ指数WBGTを確認しながら、教育活動を進めています。特に持久走等体温が上昇しやすい運動を伴う活動をおこなう場合は、暑さ指数が厳重警戒レベル以上に達していないことを確認しています。
 今週の体力づくり(縄跳び活動)もそうした中で実施することができました。子供たちは、友達と一緒に励まし合いながら取り組んでいました。仲良し班ごとに制限時間内の平均記録を出して、これからの伸びを記録していきます。
 また、各昇降口には応急的にミストシャワーを設置し、登下校時、業間、昼休み、体育などの屋外活動時に活用しています。

ヘチマの観察

 先週の活動を紹介します。4年生の理科の授業をのぞいてみると、ヘチマの観察を行っていました。
 日陰と日向の気温の違いも確認して始まりました。黄色い花の特徴を観察し、花には雄花と雌花があることを学習しました。今後のヘチマの実の生長が楽しみです。

新たなALTの先生がいらっしゃいました

 今年度から英語の授業に関わっていただいたALTの先生が、7月いっぱいで退職されました。その代わりとなる新たなALTの先生が昨日いらっしゃいました。今日までで全ての学年で1回目の授業に関われたかと思います。
 パキスタン出身で、現地では小中学校の教員をされてきた方です。子供たちにとっても外国の多様な文化に触れる機会にもなりそうです。

第2学期が始まりました

 本日、例年よりも1週間早く第2学期が始まりました。多くの児童が元気に登校してきました。
 始業式は密を避けるために、校庭で行いました。

 今学期も引き続き、コロナ対策を十分に心に留めて学校生活を送ること、友達と一緒に明るく元気に活動していくことを確認しました。

 今学期も様々な対応のもと、児童の健康安全を最優先に豊かな学校生活を模索していきます。

教室の密集を避ける対策

 本校では2学期から、25名以上の学級について、児童座席の間隔を大きく取る対策を取ります。
 該当学年教室の隣りに、学年学習室を配置し、学習内容に応じて2教室を使用します。

 25名未満の学級については、すでに座席の間隔を十分確保できていますので、これまでの対応を継続していきます。

根拠をもとに考える授業

 本日の3年生のクラスをのぞいてみると、日光市の農業について学習していました。
 3年生たちは早速、日光市の盛んな農業についてのランキング発表の準備をしています。そこで、先生から子供たちに質問を投げかけました。「これは農業の何のランキングでしょうか」子供たちの頭にクエスチョンマークが浮かび出しました。すると、グラフのタイトルにすぐに目が向かいました。耕地面積であることが分かりました。
 ランキングの紹介が始まりました。すると、第4位に「野菜」と発表されると、「野菜」ってなんのことだろう。と疑問が出されます。すると、野菜の栽培の盛んなところを表す絵地図をもとに、考え出しました。
 一つ一つの事象を根拠をもとに丁寧に考えていった授業でした。

全校生に呼びかけるポスター

 廊下を歩いていると、いくつかのポスターに目がとまります。委員会活動で作成されたポスターが掲示されています。
 作成者はどんな思いで描いたのか、丁寧に書かれた文字や工夫された絵から伝わってきます。子供たちの手作りのポスターには、引き寄せられるものがあります。

密集を避けての業間活動

 本日の業間活動は体力づくり、3分間走を実施しました。
 今年度は、可能な限り密集状態を回避する手立てとして、ランニングコースを3箇所設定し、低中高学年ブロックごとに分散して実施しています。ブロックごとに分けることで密度も減り、走者の間隔をだいぶ確保できているようです。

梅雨の合間の学習

 すっきりしない天気が続いています。しかしながら、下原小の子供たちは季節を感じたり、友達同士の交流を味わったりして、日々の学習に意欲的に取り組んでいます。
 新型コロナウイルス感染症が再び広まりつつありますが、新しい生活様式がだいぶ定着しつつあり、子供たちの学校生活も今のところ順調に進んでいます。


かがやきの木

 かがやきの木が南校舎の階段踊り場に掲示されています。
 ここには、学年の違う友達のよいところを紹介するコーナーです。様々な場面で助けてもらったり、優しい行為をしていたりする内容が書かれています。
 今年度はさらに、自分の夢も紹介されています。小学校の先生、お花屋、医者、看護師、ケーキ屋さんになりたい…。
スポーツカーに乗りたい…。子供たちの夢に触れると、こちらが嬉しくなってきます。


低学年の昼休みの様子

 今年度のタイヤの山付近での低学年の様子には、大きな特長があります。それは、1年生と2年生が一緒に仲良く遊んでいることです。
 例年ならば、学年ごとに遊ぶ仲間や内容が決まっていて、それぞれの集団で遊んでいる様子をよく目にしますが、今年はそうではありません。
 生き物の入った観察ケースの中を1、2年生が一緒にのぞき込んで、どんなえさをよく食べるのか教え合ったり、タイヤの山や遊具を使った鬼ごっこも一緒になって走り回っていたりしています。
 学年の枠にこだわらず、他を容易に受け入れることが自然にできているようです。

あいさつの日

 毎月1日は、「あいさつの日」としています。児童会の安全委員会の児童たちが、昇降口前に立ち、おはようございますのあいさつを啓発します。
 また、下校の時には通学班ごとに整列し、あいさつの上達のコツ「あ:明るく、い:いつでも、さ:先に、つ:続けて」を確認しました。

雨の日の昼休み


 今日はあいにくの天気です。
 昼休みの様子を見ると、体育館で運動をしている子供たち、図書室で思い思いに本を選んでいる子供たちなど、様々です。いずれも楽しそうに昼休みを過ごしています。友達や上級生とおしゃべりしながら過ごしています。
 今日はあいにくの天気です。
 昼休みの様子を見ると、体育館で運動をしている子供たち、図書室で思い思いに本を選んでいる子供たちなど、様々です。いずれも楽しそうに昼休みを過ごしています。友達や上級生とおしゃべりしながら過ごしています。
 ちょうどいい気分転換となり、午後の活動も元気におこなえそうです。

「ほんわか」紹介

コロナウィルス感染症予防のため、現在休止している読み聞かせ活動グループ
「ほんわか」の代表高橋さんより、久々に新しいお便りが届きました。
(職員室前に掲示中です)


 読み聞かせができるまで、もうしばらく「充電期間」となりそうですが、
学校図書室や移動図書を通して、たくさんの本との出会いを楽しんでください。

  

つくし1組の授業

 本日の2校時目は、手洗いについての授業がありました。手のどこに汚れが残りやすいかを学び、の後レガ残りにくい手洗いの仕方を学習しました。
 子供たちはブラックライトで光るジェルを塗り、普段の洗い方ではどこに汚れが残るかを確かめました。思いの外汚れが残っているのを知り、子供たちはびっくりしたようです。
 その後、正しい手の洗い方をビデオで確認しながら練習し、改めて手洗いを実践しました。どの子もすっかり汚れは落ち、正しい手洗いの効果を体感できたようです。

中庭の整備

 今週から中庭にある植木の剪定作業を始めました。昨年度は茂りすぎていた樹木の枝を間引きし、見通しをよくしました。
 今年度は、例年ご協力いただいてるPTA奉仕作業を新型コロナウイルス対策のために実施できませんでした。そのため、今に至っていたところです。
 今回は、高橋用務員と校長の2名で、天気の合間をぬって進めてきました。今週で、ようやく中庭とタイヤの山周辺は一通り刈り終えました。来週以降は校庭周辺を進めていく予定です。すっきりした印象になった様子を子供たちにも感じてもらえればと思っています。

4年生と5年生による研究授業

 本日は、本校教職員のための研究授業会を行いました。日光市教育委員会から3名の指導主事をお招きして指導を仰ぎました。今回は4年生と5年生に協力してもらいました。
 4年生は国語の「広告を読み比べよう」の学習、5年生は算数の「比例」の学習を通して、児童それぞれが学習課題やテキストを明確な目的意識をもって読み取ることができているか、そのための教師側の指導の手立ては適切であったかをテーマとして、研究授業を行いました。どちらの児童もとても熱心に授業に参加していました。
 放課後には、子供たちにとって、より一層深い学びになるにはどうすればよいか、教職員による研究協議を行いました。時間いっぱいまで充実した話し合いを行うことができました。


6年生の算数

 6年生の算数は現在、帯分数を扱う分数の計算を学習しています。今回は帯分数のかけ算の計算の仕方について、確認していました。
 計算の見通しを立て、友達と計算の手順について確認しました。自分がどう考えたか。そういう考えに及んだ理由はなぜか。そういったやりとりをしあうことで、自分の考えに確信が持てたり、新たな考えに出会えたりして、学習を深めているようです。

1年生の算数の授業

 1年生はすっかり学校生活に慣れ、毎日の授業にも積極的に参加しています。算数の授業では「あわせていくつ?」の足し算の学習を進めています。
 児童それぞれに算数ブロックを操作させたり、大きなこまを教師が操作して数を確認させたりして授業を進めています。具体物を通して、数の理解を定着させています。

クラブ活動、開始

 本年度のクラブ活動が本日スタートしました。4年生から6年生の児童で編成されています。今年度も5つのクラブが組織されました。
 本日は第1回目であったので、年間活動計画について子供たちで話し合われました。それぞれやってみたいことがいくつも挙げられ、実施が可能かどうか確認しながら、年間の計画が決められていきました。次回から本格的に始まります。子供たちは今から楽しみのようです。

3年生の授業

 本日は、3年生の算数の授業の様子を紹介します。
 今日の課題は、0÷4 です。何もないものを4人で分けようとするとき、どんな式で表せるか。
 子供たちからは、「0÷0」「4÷0」とどんどん出てきます。そしてその中に「0÷4」もあります。そこで、子供たちは、どの式が当てはまるのかを改めて考え始めました。教科書や黒板の絵図を手がかりに、近くの友達と意見のやりとりをしました。「0÷4」の0は分けるものがないことを表している。÷4は4人で分けることを表している。という点に納得したようです。

2年生の算数の授業

 2年生の授業をのぞいてみると、くりさがりのある引き算の問題に挑んでいました。
47ー18をどう考えればいいのか。算数ブロックを使ったり、ノートに図を書いたりして、まずは思い思いに考え始めました。
 そのうち、10のかたまりから8をひくことに気付き始める子がちらほら出てきました。ざわざわと周囲に声を掛け、やりとりが始まりました。
 手元に具体物を置いて、友達の意見に耳を傾けたり、自分の考えを伝えたりして、理解を確かめ、深めているようです。

避難訓練の実施

 本日の業間の時間、地震を想定した避難訓練を実施しました。
 1年生にとっては、初めての避難訓練になります。他の学年も今の教室の場所から避難する初めての訓練です。避難経路を確認し、素早く行動できるかの訓練となります。
 下級生の様子を見てみると、全体的に落ち着いた雰囲気の中、放送の指示に従い、机の下に潜り込んでいました。校庭への避難もとてもスムーズでした。

季節を感じて

 本日は梅雨の間の晴天で、いくつかの学年の子供たちも、外で建機に体育の授業を行っています。
 各クラスでは、校舎内で見つけたオタマジャクシやトカゲ、モンシロチョウの幼虫などを見つけては、飼育を始めています。子供たちの手で、一気にバラエティあふれる教室になっています。また、廊下の掲示物に目を移すと、季節に合わせたものも掲げられています。子供たちに季節を感じてもらいたい工夫が見られます。

5・6年生による清掃活動

 学校再開から今日までの間、清掃活動は密を避けるために自粛してきました。そんな中、5・6年生の児童は自主的に清掃を進めてくれました。他の学年が外遊びをしている業間の時間に行ってくれました。とても頼もしい姿です。
 来週からは、縦割り班による清掃活動が始まります。今から高学年のリーダーシップに期待がもてます。

熱中症対策

 日中の気温がぐんぐん上がり、熱中症が心配になる天候が続いております。
 昨日の新入生を迎える会の終わりに、全校生に対して、熱中症に十分気を付けるよう話をしました。具体的には、暑さを感じた場合、例えば、学校の登下校時や運動遊びをしているときなどは、マスクを外すようにすることを伝えました。
 また、校内では、エアコンの使用も始まりました。今回は新型コロナウイルスの対策もしなければならないので、窓や扉を空けた換気をしたままにエアコンも使用する対応をとっています。
 さらに、全児童にフェイスマスクを用意し、暑さの体感に応じて、マスクかフェイスマスクかを選んで使用しています。
 今後も、可能な手立てをいろいろと考えていきたいと思います。

新入生を迎える会

 本校の児童会活動として、新入生を迎える会を開催しました。今回は校庭での開催となりました。
 仲良し班ごとに1年生を囲み、自己紹介やバースデイラインゲームを行いました。
 その後は、全校生でじゃんけん列車ゲームを行い、最後に大きな輪になって並び、これからの楽しい学校生活をみんなで誓いました。
 今日を迎えるまでに、児童会の6年生が中心となって、学校再開の短い期間の中で、とても熱心に企画をし、準備を進めてくれました。とても和やかな雰囲気の中で行われたことも、6年生のお陰です。

4年生の理科の授業

 本日の4年生の理科の授業をのぞいてみると、「乾電池の働き」の学習をしていました。内容は、乾電池の向きとモーターの回る向きにはどんな関係があるかを考える授業です。
 子供たちは、それぞれの実験キットを手にして、乾電池の向きを変えて、スイッチを入れていました。初めは漠然と取り組んでいましたが、友達との会話から、少しずつ留意点が絞られてきました。一人の児童が、「乾電池の向きを右にすると、モーターが右に回る」と発言すると、他の児童はたちまち前のめりになり、一斉にその検証が始まりました。
 実物を手にして考えたり、実際にやってみることは、やはりとても効果のある学習だなと感じたところです。

一週間の学校生活がんばりました

 学校を再開して、まずは一週間を過ごすことができました。2ヶ月ぶりの再開からやや緊張の面持ちで始まった生活も、あっという間に慣れてきた印象を受けます。
 まだ、十分に生活リズムを取り戻しきれていない児童もおります。この週末は、ゆっくり休養し、また来週を元気に迎えてもらいたいと思います。

教室の3密を回避しながら

 通常の学校生活が徐々に軌道に乗ってきました。室内は常に窓や扉を開放し、密閉状態をなくしています。児童同士の間隔は1mは空けるようにし、密集状態をなくしています。授業中の話合い活動をおこなう際には、必ずマスクを着用し短時間で済ませるようにし、密接状態を避けるようにしています。
 各教科の授業の様子を見ても、それぞれ3密を避ける対応をしながら、授業を進めています。今後も各学年の授業の様子を紹介していきます。

PTA本部役員会の開催

 本日午後、PTA本部役員会を開催しました。
 今年度のPTA事業内容の確認、PTA関係研修会の参加者割り振り、ベルマーク回収用の袋の作成等を行いました。
 今年度は、新型コロナウイルス感染症対応のため、保護者の方々を一堂に会しての事業は現在、中止の方向で対応して参ります。今後、開催可能な状況を慎重に判断していくこととなります。詳細については、追ってその都度、御案内いたします。

2年生 生活科

 6月2日の6時間目に、久しぶりに会えた2年生の皆さんと一緒に野菜の苗を植えました。
 生活の学習らしい学習は、今日がスタートになりましたが、早くもナスやミニトマトの花が咲き、みんなを待っていてくれました。
 観察と水やりを欠かさず、おいしい野菜ができるようがんばります。