新着情報
下原小からのお知らせ

 

下原小日記

下原小日記(令和2年度)

ボランティア「ほんわか」の皆様による今年度最終回の読み聞かせ活動

 本日の朝の時間は、読み聞かせボランティア「ほんわか」の皆様による、今年度最後の読み聞かせを実施していただきました。

 1年間の締めくくりとして、それぞれの学年の最後にふさわしい内容の絵本を選んでいただきました。子供たちはいつも以上に、真剣に聞き入っていたようです。

 6年生にとっては、小学校6年間の最後にもなりました。最後に読んで頂いた本は、友情の素晴らしさを描いたシリーズの集約本、アーノルドローベルの「ふたりはずっと」。ボランティアの方からの大切なメッセージを6年生はしっかりと受け止めたようです。

 読み聞かせボランティア「ほんわか」の皆様、本年度も御協力頂きまして、誠にありがとうございました。

   

   

体育支援ボランティアによる楽しい体育の授業

 本日は、体育支援のボランティア3名の方々の御協力により、全学年体育の授業を実施いたしました。

 1・2年生は跳び箱を使った運動遊びを、3・4年生は主に縄跳びを使った運動を、5・6年生はマット運動をそれぞれ行いました。

 それぞれの運動のコツを丁寧に御説明いただき、友達と協力したり、競争したりして取り組め、子供たちは夢中になって身体を目一杯動かしていました。学年それぞれに運動の楽しさを味わうことができたようです。

  

  

  

6年生を送る会

 本日の午前は、6年生を送る会を開催しました。今日を迎えるに当たり、在校生それぞれの分担で体育館の飾り付けを行ったり、メッセージカードを用意したり、さらには、メインの活動になる校内ウォークラリーを5年生が綿密に企画するなど、様々な準備がなされてきました。

 校内ウォークラリーでは、なかよし班ごとに各教室を周り、そこで待ち構えている5年生が、クイズやゲームを紹介します。何度も練習をし準備した甲斐があり、どのコーナーもとてもスムーズな運営をしていました。

 6年生も心のこもった様々な内容に、とても喜んでいたようです。

 会の中では、校旗を5年生に託す引継式も行われました。明日からはいよいよ5年生が毎朝の掲揚を行います。

   

   

今年度の学習の力試し

 昨日から本日にかけて、学力テストを実施しています。この1年でどの程度学力が定着したか、児童それぞれの定着状況を確認すると共に、教員の学習指導についての見直しや授業改善につながる分析材料として、実施しています。

 1年生は国語と算数、3・4年生は国語と算数と理科、5年生は国語・算数・理科・社会の4教科を実施しました。なお、2年生と6年生は、次年度進級・進学後の5月に同様のテストを実施する予定のため、今回は行いません。

 教室をのぞいてみると、児童一人一人の表情はとても真剣です。今年度身に付けた学力を生かし、しっかりと力試しをしてもらればと思います。

    

 

 

緊急事態宣言があけて

 今回の緊急事態宣言が解除されたのを機に、読み聞かせボランティア「ほんわか」の皆さんが久しぶりに来校されました。

 子供たちにとってもとても嬉しい活動の再開です。ボランティアの皆さんによる朗読に、子供たちは今日も熱心に耳を傾け、めくられていく絵本に誰もが釘付けです。

 これからもこの読み聞かせの時間が継続していくことを切に願います。