大沢中ニュース

1年福祉体験

 1年生は、1月に実施できなかった福祉体験を実施しました。体育館では、栃木県盲導犬協会のご協力で3頭の盲導犬が来て、1年3,4組の生徒が体験に参加しました。もちろん盲導犬にリードしてもらってアイマスクをしての歩行は初めてです。実際に体験した生徒の方は、「全く見えないのに、あっという間に目的の場所に着く感覚がとても不思議だった」「安心感があって、驚きました。」と話してくれました。貴重な体験ができました。

  

  

 1年1,2組では、手話や点字について学びました。点字はボランティアの方に丁寧に教えていただきながら、点字を打つことができました。どの生徒のみなさんも熱心に点字体験に取り組んでいました。手話は、聴覚に障がいのある方とのコミュニケーションの方法について、実際に体験しながら学びました。手話以外にもジェスチャーで伝える方法にもチャレンジしました。うまく伝わったときに手話で拍手を嬉しそうにしていました。