栗山小中News&Events

2021年5月の記事一覧

からたき会 総会

 本校の児童生徒会「からたき会」の総会がありました。昨年度の活動報告、決算報告と今年度の活動計画、予算案審議が行われました。

 先週リハーサルを行ったこともあり、緊張した様子も見られましたが、児童生徒たちはしっかりと自分の役割を務めることができました。

 今年度の目標は、「いいところをたくさん増やして、明るく元気な学校にしよう!!」になりました。

朝の学習 表現力を伸ばそう 第2回 5月21日(金)

 5月21日(金)朝の活動 学習「表現力を伸ばそう」

 第2回の学習は「クイズ:この物語は何でしょう」でした。物語を簡潔に分かりやすく説明することを目標にして、クイズを作る学習です。固有名詞やキーワードになる単語を使わずにストーリーを作り、「さて、この物語は何でしょう。」と質問します。例えば「大きな甘い果物から生まれてきた少年が、老夫婦に育てられて立派に成長します。彼は、人間たちに悪さをする集団がいることを知り、彼らを懲らしめにいく旅の途中で、3種の動物に出会います。彼は、持参していた穀物でできた食べ物を与えて、それらを家来にします。そして、その悪い集団の住む離島に行き、懲らしめ、人間たちから奪った財宝を取り戻します。さて、この物語はなんでしょう。」などです。「桃」、「きびだんご」、「イヌ、サル、キジ」、「鬼」など、キーワードになる単語を言い換える時にどのような表現を使うか、工夫が必要になります。先生方も子供たちと一緒にクイズを作り、最後にみんなで出題し合いました。楽しく学習することができました。

朝の学習 表現力を伸ばそう 第1回 5月7日(金)

 本校では、今年度の学校課題を「主体的に学び、自分で考えを表現できる児童生徒の育成 ~地域と共にある教育活動をとおして~」としています。学習活動の一つとして、毎月定期的に、朝の活動の時間で表現力を育成する学習を行います。第1回の学習テーマは「描写力をつけよう」でした。きれいな風景の写真を見て、それを言葉で伝える学習を行いました。

5月の朝会 校長先生の話

 5月の朝会は、校長先生のお話でした。小学校で図画工作、中学校で美術の授業をたくさんしてきたということで、「絵画」の話をしていただきました。東山魁夷さんの日本画の紹介に始まり、指導した作品による画法について、エッシャーを代表とする「だまし絵」についてなど、多岐にわたる話をしてくださいました。児童生徒は、絵に見入りながら熱心に聞いてました。

5月の「つくしんぼ」

5月12日(水)

今日も、読み聞かせの会「つくしんぼ」さんが来校してくださいました。

今日のお話は、『おなかのおおきいおおかみ』と『しげちゃん』です。

『おなかのおおきいおおかみ』では、おおかみが「おう おう おおーん!」と鳴く理由がわかりました。

『しげちゃん』では、自分の名前が自分に一番合っていていい、ということを再確認できました。

本っていいですね!つくしんぼの花がどんどん増えていきます!