栗山小中News&Events

2019年3月の記事一覧

離任式

3月28日(木)、この日は離任式が行われました。

今年度は小中あわせて8名の先生方が転退職となりました。
児童生徒から感謝の気持ちを込めてお別れの言葉と花束を贈呈し、離任される先生方からもメッセージを
いただきました。式後にはお見送りをして、お世話になった先生に別れを告げました。
  
  

毎年のこととはいえ、先生方とのお別れは名残惜しく寂しいものです。
離任される先生方の、新天地でのますますのご活躍を期待しています。

平成30年度修了式

3月22日(金)、本日は平成30年度最後の登校日でした。

1時間目は大掃除。ランチルームを全員できれいにした後、それぞれの教室を清掃しました。
  

2時間目は修了式。学年代表の児童生徒が修了証書を受け取りました。
  
 

その後は作文の発表。代表の児童生徒が今年度の反省と来年度に向けての抱負を発表しました。
   

この1年間、児童生徒は日々の授業や行事などの活動を通して、さらに大きく成長しました。
それは本人たちの頑張りはもちろんのこと、保護者の皆様や地域の方々、その他本校の
教育活動をご支援下さった皆様のおかげでもあります。ありがとうございました。
来年度もこの栗山小中学校と子どもたちを、温かく見守っていただければ幸いです。

逆プチつくしんぼむら

3月20日(水)、この日の朝の活動は「逆プチつくしんぼむら」でした。
これは、普段読み聞かせをして下さっているつくしんぼの皆さんに、図書環境委員の児童生徒が
逆に読み聞かせをプレゼントする、という活動です。

6名の児童生徒はそれぞれ3チームに分かれて読み聞かせを行いました。

「ふくはうち おにもうち」
 

「ふしぎなおるすばん」
 

「やまのバス」 
 

読み聞かせの後は感謝の気持ちを込めた手作りのしおりをプレゼント。
お返しに、つくしんぼさんからもプレゼントをいただきました。最後には記念撮影もしました。
 
この日のために準備や練習をしてきた甲斐あってか、つくしんぼの皆さんから好評をいただきました。
つくしんぼの皆さん、一年間ありがとうございました。来年も引き続きよろしくお願いします。

自然は厳しく、そして甘い

小学生は総合の授業として、「メープルシロップ作り」を行いました。
これは小学校で伝統的に行われているもので、前山にあるカエデの木から樹液を採り、メープルシロップにしていきます。

まずは前山から一人一本、カエデの木を選びます。木に穴を開けてチューブを差し込み、樹液が採れるようにします。
   

よく採れる条件を調べるために、毎日回収して、気温や天気と採れた量を記録します。
 

樹液を煮詰めることで甘みを凝縮させます。火加減やタイミングを誤るとバター化してしまいます。
また、糖度計を使って甘さを数値化させて確認しました。
  

20日には学習の成果の確認と年度末のお楽しみ会も兼ねて、パンケーキパーティをしました。
   
   

手間暇かけて作ったメープルシロップをたっぷりかけて、いただきます!
  
やさしい甘さのシロップがパンケーキにじゅわっと染み込んで、ほっぺたが落ちるほど美味しいのです。

前山に生えているごく普通の木が、毎日たくさんの樹液を作るということ。
小びん数本分のメープルシロップを作るためには、鍋いっぱいの樹液が必要なこと。
透明で甘みもない樹液が、煮詰めるときれいな琥珀色の甘いシロップになること。

実際に体験して初めてわかることが、世界にはまだまだあふれているのですね。

栗山へようこそ!

3月13日(水)、中学1年生が日光みらい科の授業で企画披露会をしました。

栗山により多くのお客さんを呼び入れるために、これまでオリジナルのアイディアを考えてきました。
そして今回は、疋野吾一さんをお迎えし、先生たちも呼んで発表しました。

「ダムカードならぬ滝カードを配る」


「栗山で買い物をしたらポイントがたまるカードを作る」 


発表の後は吾一さんや先生たちから色々なアドバイスを受けました。 
 
どのアイディアも、実現すればお客さんが増えること間違いなし!という面白いものでした。
ぜひ実現させて、栗山をさらに発展させてほしいです。

平成30年度栗山中学校卒業式

3月11日(月)、中学校卒業証書授与式が挙行されました。

この日に向けて卒業生も在校生も練習を重ねてきました。
また、前日には在校生が会場準備や教室の飾りつけをしました。
   

厳粛な空気の中で式が始まりました。卒業生はとても立派な態度で卒業証書を受け取りました。
   

在校生による送辞では、在校生一人一人から卒業生へのメッセージを述べ、
卒業生からの答辞でも在校生一人一人に向けてメッセージを述べました。
   

最後に式歌を歌いました。このメンバーで歌を歌うのもこれで最後。心を込めて歌いました。
 

最後の学級活動の後は見送りでした。ここはからたき会が計画しました。テープを投げてにぎやかな見送りでした。
    

共に遊び、共に学んだ仲間たちに見送られて、母校を巣立っていきました。
 

終始あたたかな雰囲気に包まれた、素晴らしい卒業式でした。卒業生のこれからの活躍を願ってやみません。
ご家族の皆様、ご卒業おめでとうございました。ご来賓の皆様、おいで下さりありがとうございました。

記念の味

3月8日(金)の給食は、3年生は最後の給食ということで、卒業記念献立でした。

メニューは「牛乳、赤飯、湯葉のみそ汁、五目きんぴら、エビフライ、トンカツ、チョコケーキ」という豪華なもの。
   

楽しい会話に花を咲かせながら、中学校生活最後の給食を味わいました。

3年生に感謝を込めて

3月4日(月)、3年生を送る会が行われました。

新児童生徒会(からたき会)が中心となって、着々と準備を進めてきました。
   

まずは「宝探しゲーム」。校内のあちこちに隠された宝物(思い出の写真)を、3チームに分かれて探します。
宝は教室のあちこちや風船の中などに隠されています。
   

ただし、校内には「鬼」がおり、見つかるとバツゲームとしてクイズを解くまで宝探しに参加できません。隠れてやりすごすことはできます。
   

集めた宝の裏面にはひらがなが一文字書いてあり、並べ替えると卒業生へのメッセージになりました。
次は「スライドショー」。小・中9年間の思い出を写真のスライドショーで振り返りました。
   

そして「プレゼント」。感謝の気持ちを込めて、花束と手作りのメッセージカードを贈りました。
ちなみにこのメッセージカードは、ぱっと見るとプレゼントBOXなのですが、ふたを外すとメッセージカードに
なるというもの。とても手が込んでいて、卒業生も先生方も驚いていました。
   

最後に卒業生からお礼の言葉と、記念撮影をしました。
 

笑顔の溢れる楽しい会となりました。
卒業式までは残りわずか。最後までしっかり思い出を作りましょう。