栗山小中News&Events

2018年10月の記事一覧

栗まつり+α

さて、閉会式を終えて栗まつりは終了したのですが、今年度は午後にお疲れさま会として、
『たこやきパーティー』を行いました。
   
  
  
協力して作ったおいしいたこ焼きに舌鼓を打ちました。これにて今年度の栗まつりは本当に終了となりました。

栗まつり③

次は『有志による発表』。趣向をこらした発表に期待が高まります。

まずは小学生チーム「さるある」による『ダンシングおわらい』。
  
  
前半はゆかいなコント、後半は恋ダンスを踊り、会場を盛り上げてくれました。

「フラワービーンズ」による『40すぎの手習い』(ピアノ演奏)。
 
今回唯一の保護者の方による発表。美しいピアノのしらべに酔いしれました。

「円ちゃんとゆかいな仲間たち」による『ダンシングヒーロー』。
   
先生たちによるコント、歌、ダンス。意外に芸達者が多いんです。

「パイレーツオブザクリヤマ」による『パイレーツオブザカリビアン』の演奏。
   
栗山の海賊たちからの、もうすぐ卒業する3年生に贈る演奏のプレゼントでした。

「ギターを弾くにわとり」による『ギター弾き語り』
 
衣装とはギャップのある美しいギターの音色と歌声が会場に響きました。

最後に「ダンシングガール」による『ダンス&ダンス』。
    
元気でキュートな2種類のダンスで会場を湧かせてくれました。

最後にアンコールで、運動会で盛り上がった2種類のダンスを踊りました。
   

そして閉会式を終え、今年度の栗まつりは終了となりました。
子どもたちは栗まつりを成功させるため、自主的に考え、行動していました。
この経験が子どもたちを大きく成長させてくれたことと思います。


ご観覧くださいました保護者の皆様、地域の皆様、誠にありがとうございました。

栗まつり②

小学生の後は中学生のみらい科学級発表です。

中学1年生の『栗山百選』。百選の中から特に石焼と狩りについて調べ、まとめました。
    

中学2年生の『栗山の現在・過去・未来』。栗山の現在・過去・未来を調べ、栗山をよくする方法などを考えました。
   
    

中学3年生の『地域活性化』。栗山を活性化させるためにご当地キャラとその活用方法を考えました。
  

次は『音楽発表』。
   
小・中合同での『気球に乗ってどこまでも』の合唱。

 
中学2年生の合唱『Lemon』。

   
小学生のエレクトーン『ラバーズコンチェルト』、木琴「チキチキバンバン」の合奏。

   
中学生の木琴の合奏『海の見える街』。

  
最後に小中合同合奏『スペインのカスタネット』。

練習のかいあってか、どの発表も立派で、たくさんの拍手をいただきました。

栗まつり➀

10月26日(金)、体育館にて小中合同の文化祭『栗まつり』が行われました。

運動会に並ぶ大きな行事とあって、子どもたちは念入りに準備や練習を重ねていました。
  
リハーサル・準備の様子。特にダンスは繰り返し練習していました。

 
会場には図工・美術・総合・みらい科などの作品が展示されました。

定刻となりいよいよ栗まつりが始まりました。オープニングセレモニーはなんと『オタ芸』!
 
真っ暗な中、ライトを両手に持ち、音楽に合わせて踊りました。ライトの描く軌跡がきれいでした。

開会式の後は『意見発表・活動報告』。子どもたちが見たり聞いたりして考えたことを、色々な手段で発表しました。
 
少年の主張と英語スピーチ。二つのスピーチを堂々と発表しました。

  
広島派遣事業報告。平和への思いをより一層強くしました。

小学生の学級発表『栗山たんけん隊』。栗山のお祭りについてくわしく調べました。
    
   

聞いて踊って学ぼう!

10月17日(水)の5・6時間目に、中学生対象のキャリア教育講演会が行われました。
今回は『小川和代ジャズダンスカンパニー』代表、小川和代先生を講師にお迎えし、お話を伺いました。

   
12歳でダンスの先生を志したこと、生来の虚弱体質だったもののダンスを続けるうちにどんどん体がよくなっていったこと、
諦めることなく挑戦し続け夢を叶えたこと、感謝の気持ちを忘れないことなど、色々なことをお話ししてくださいました。

6時間目には小川先生のダンス教室の講師、北澤先生にダンスを教えていただきました。
   
栗中生はダンスが大好き!ジャズダンスやヒップホップダンスを総合したダンスを、先生たちも交えて教わりました。

今回の講演会を通して、生徒たちは職業に対する考えが深まり、職業選択の大切さをより一層実感したことと思います。
小川先生、北澤先生、今回は楽しい時間をありがとうございました。

栗P連バレー大会!

10月10日(水)、栗山地区PTA連絡協議会の研修のソフトバレーボール大会が行われました。
夜6時に湯西川小中学校の体育館に集合。各校2チームずつに分かれ、全4チームでの総当たり戦となりました。

  

1・2試合目こそ湯西川チームに押され勝ちを許してしまったものの、だんだん調子が出てきたのか、
3試合目以降は一進一退の白熱した攻防が繰り広げられました。

夜8時に全試合終了。栗山小中チームは惜しくも優勝はできませんでしたが、準優勝することができました。
次はまた1年後です。来年こそは優勝を勝ち取りましょう!

持久走大会

10月10日(水)、2時間目に持久走大会が行われました。


準備体操はしっかりと。

やや肌寒いながらも、みんな一生懸命に走り、出場者全員が完走することができました。
       

保護者の皆様には温かい声援をいただきました。ありがとうございました。
また、駐在さんを始め多くの皆様に子どもたちの安全確保にご尽力いただきました。重ねて御礼申し上げます。

土砂災害は怖い

10月9日(火)、山地防災講習会がからたきルームにて行われました。
講師の先生方をお招きし、森林の働きや土砂災害などについて教わりました。

  
土砂崩れや地滑りの様子を映像で確認。予想以上の規模の勢いに息をのみました。

  
模型を用いての実験では、土石流や山崩れが及ぼす被害や砂防ダムの効果を体感しました。

今年は台風とそれに伴う水の災害が日本各地に大きな爪痕を残しました。
栗山小中学校の近くでも土砂崩れがあり、道は通行禁止、持久走大会のコースも変更になっています。
災害は他人事ではありません。今回学んだことを忘れず、いざという時に安全に避難する役に立ててほしいですね。

ノーベル賞って何だろう?

10月4日(木)の朝の活動は小中そろっての朝会でした。

まずは恒例の生徒会長の話。


その後、今回は岡部先生が、タイムリーな『ノーベル賞』についての話をしてくださいました。
  
そもそもノーベル賞とはどういった賞なのか、これまでの日本人受賞者について、
今回受賞した本庶佑さんの研究内容など、盛りだくさんの内容でした。

本庶さんは子どものころから好奇心旺盛な少年だったそうです。栗山小中の子どもたちも、
さまざまなことに興味を持ち、たくさんのことを見たり聞いたりしてほしいですね。

そば作り ステップ5 脱穀

10月3日(水)、そばの脱穀を行いました。
脱穀とは、そばの実を茎から取り外す作業です。言葉で言えば簡単ですが、やってみるとなかなか大変!

  
まずは脱穀機で茎から実を外していきます。電動ではなく足踏み式なので体力がいります。

  
脱穀機にかければ終わり、というわけではありません。茎にはまだ実が付いている場合があります。
そこで脱穀機にかけた後の茎を木の棒で叩き、残っている実を外していきます。

  
外した実には砂やほこり、草などが混じっています。ふるいにかけて大きな不要物を取り除きます。

  
さらに唐箕(とうみ)という機械を使って、そばの実とそれ以外の細かい不要物とを選別します。

 
風の力で不要物は吹き飛ばされ、そばの実がたまっていきます。

2時間程かけて、なんとか作業を終えました。ほこりの量がすごかった!
この後はそばの実の乾燥、製粉を経て、いよいよそば打ちとなります。果たして美味しいそばを食べることはできるのか・・・!?

教育実習お疲れさまでした!

9月27日(木)、教育実習生の山口先生のお別れ会が行われました。

山口先生は4週間の間、授業だけでなく運動会などの行事や休み時間などでも、
子どもたちのいい兄貴分として頑張ってくれました。

  
昼休みには「スーパーだるまさんがころんだ」と「中線踏み」で盛り上がりました。

  
帰りの会の後にお別れ会をしました。感謝の気持ちを込めて手紙を渡しました。

山口先生の輝かしい前途をお祈りします。