栗山小中News&Events

2018年7月の記事一覧

ルリちゃん号最後の日

毎年、栗山小中学校には巡回歯科診療バス「ルリちゃん号」が来て、歯の診療や治療をしてくれていました。しかし、いろいろな事情から、平成30年7月12日が栗山小中学校でのルリちゃん号の最後の巡回診療となりました。
そこで、お世話になったお礼も込めて、児童生徒と歯医者さん、ルリちゃん号とで写真を撮りました。

今まで大変お世話になりました。ありがとうございました。

保健給食クイズ

7月12日(木)の朝会で、保健給食委員会による「たね・野菜&果物・栄養価クイズ」が行われました。



「これは何の種でしょうか?」「えー?むずかしいなあ・・・」


「トマトは野菜でしょうか果物でしょうか?」「野菜!いや、果物・・・?」


「どれが一番栄養価が高いでしょう?」「きゅうりは栄養低そうだよね・・・」

保健給食委員会は自分たちで問題を考えたり、使う画像を探したりと、事前準備を頑張っていました。
その成果か、とても盛り上がりました。保健給食委員会のみなさん、ごくろうさまでした。

ゲーム大会

7月11日(水)の昼休みの共遊ではゲーム大会を行いました。
3・4年生の司会で、二チームに分かれて二つのゲームで盛り上がりました。

最初は「じゃんけんゲーム」。4回連続で勝てば点数が入ります。


次は「ジェスチャーゲーム」。くじに書かれたもののジェスチャーをし、チームメンバーが当てます。


もうすぐ一学期も終わりです。夏休みに入る前に、楽しい思い出ができました。

そば作り ステップ2:うね作り・種まき

7月10日(火)、先日の土作りに続き、今回は畑のうね作りや種まきを行いました。
本来は9日に行う予定だったのですがあいにくの大雨・・・予定を延期し翌10日に行うことになりました。

まずはうね作り。ロープで間隔を測ったり、くわで土を盛ったりしてうねを作っていきます。
 
「今日は雨降らないよね?」  手際よく、どんどんうねができていきます。

次は種まきです。一人が種をまき、もう一人が後ろについて土をかけていきます。

種は一か所にまきすぎぬよう、まく間隔は広くも狭くもないよう、意外とコツがいります。

最後に鳥よけのネットをかけて終了。


次回は夏休み中に土よせを行います。

オープンスクール

7月6日(金)はオープンスクールで、保護者の皆様に授業を見ていただきました。

中学生は3時間目に、講師の先生をお招きして「喫煙防止教室」を行いました。

たばこの危険性を改めて知ることができました。

5時間目には「少年の主張校内コンクール」を行いました。
生徒たちは自分の思いを作文に込め、他の生徒や先生、保護者の皆様の前で発表し、伝えました。

緊張しながらも、全員が自分の意見をはっきりと主張することができました。

プチつくしんぼむら

7月4日(水)、つくしんぼの皆さんによる読み聞かせイベント「プチつくしんぼむら」がありました。
今回は「ゆめ」をテーマに図書室、会議室前、赤階段の三か所でそれぞれ違う本を読んでいただき、
児童生徒は好きな順番で、聞きたい本の場所に行きました。


図書室では「おばあさんのしんぶん」という本。


赤階段では「ちいさなくれよん」という本。


会議室前では「ぴっぽのたび」という本を読んでいただきました。


最後には記念品もいただき、とても充実した時間が過ごせました。


つくしんぼのみなさん、楽しいひとときをありがとうございました。

心肺蘇生法

7月4日(水)、5時間目に中学生は心肺蘇生法の講習を受けました。
消防署の方を講師にお招きし、救助活動の手順や心臓マッサージ、人工呼吸の方法などを学びました。


   意識の確認      心臓マッサージ       人工呼吸       AEDの使用

「いざ」という時のために、しっかり身に付けておきたいですね。
ちなみに放課後には、先生たちも研修として講習を受けました。

そば作り ステップ1:土作り

7月3日(火)、中学生は日向地区にある畑でそば栽培のために土作りをしました。
栗山中では毎年、地域の特産品を知るために、毎年そば作りを行っています。

栗そば会のみなさんに挨拶をした後、まずは畑の草むしりを行いました。

熱い太陽と涼しい風を感じながら、大量のスギナを一生懸命にむしっていきます。

地道な作業が大切です。みんなで力を合わせて、ずいぶんきれいになりました。

次は肥料をまきました。

2・3年男子が量り、数種類の肥料を均等になるようまいていきます。

みんな汗だくになりながら、この日の作業は終了。次は畝作りと種まきの予定です。