栗山小中News&Events

2018年5月の記事一覧

春季陸上大会

5月16日には市の春季陸上大会が行われました。
栗山中の生徒は走り幅跳びと100メートルに参加しました。
「1年男子走り幅跳び」では1名が決勝に進出しました。




子どもたちはそれぞれの種目に一生懸命に参加し、
「いい経験になった」「次はもっと頑張りたい」
など口にしていました。

春季バドミントン大会

5月11・12日に春季バドミントン大会が行われ、栗山中バドミントン部が全員出場しました。

初日は男子が団体戦に出場。

一年生はダブルスで出場。これが公式デビュー戦でした。

二年生はダブルス、三年生はシングルスでの出場でした。

二日目は個人戦。女子も出場しました。



惜しくも入賞とはなりませんでしたが、みんな精一杯に頑張っていました。
次の目標は夏の大会です。今回の戦いで学んだことを生かし、練習に励んでいきましょう。

栗山・三依・湯西川

5月8日、栗山中・三依中・湯西川中の三校の生徒で、三依中を会場に合同学習を行いました。
まずはランチルームに集合し、三依中生さんの司会による開会セレモニー。


2時間目は1・2・3年生に先生方を交えての合同体育です。

3校混成のチームでドッジビーを使った競技をやりました。白熱した試合が繰り広げられました。

3時間目からは学年ごとに授業を受けました。
1年生は理科・社会・道徳

社会ではパソコンを使っていろいろな国について調べました。

2年生は音楽・理科・道徳

理科では筋肉の反応時間などを学習しました。

3年生はみらい科と道徳

修学旅行の計画を進めました。校長室で旅行会社の方と相談をするひとコマも。

すっかり打ち解けて楽しい雰囲気で給食も食べ、あっという間にお別れセレモニーとなりました。
充実した時間を過ごし、友情をはぐくむことができました。

「ブタはしゃべる」

5月2日、警察の方を講師にお招きして、防犯・交通安全教室を行いました。


まずは自転車の点検について。講師のみなさんいわく、自転車点検のポイントは「ブタはしゃべる」。これは
「ブ・・・ブレーキ」「タ・・・タイヤ」「は・・・ハンドル」「しゃ・・・車体」「べる・・・ベル」
という語呂合わせなのですね。これらの箇所をしっかり点検・確認することが、事故を減らすことにつながる、と教えていただきました。


次に路上での自転車の乗り方について教わりました。
横断歩道、踏切や道路標識のある道、路上に車が停められている時の渡り方などを実際に自転車に乗って確認しました。



最後に防犯についてということで、不審者に声をかけられた時の対応や、距離の取り方について教わりました。

自分の身を守るために、学んだことを忘れずにいてほしいと思います。
講師のみなさん、ありがとうございました。

きれいな畑ができました!!

5月1日、晴天のもと、小中学生合同で畑づくりを実施しました。
小学生は草むしりを、中学生はスコップで畑を耕し、みんな汗びっしょりになりながら一生懸命作業に取り組んでいました。

初めは雑草だらけの畑でしたが、子どもたちの頑張りや先生方の協力により、とてもきれいな畑になりました。

今年度もこの畑を使って、小中学生それぞれでいろいろな野菜を栽培・収穫する予定です。

新入生歓迎会

4月27日は新中学1年生の二人のお祝いに、新入生歓迎会を行いました。
生徒会長の始めの言葉に続き、まずはフリースロー対決が始まりました。
    
「元気に楽しく活動しましょう」 「先攻後攻決ーめーしょっ!」


思った以上に難しく、なかなか入りません。それだけにシュートが決まった時には大きな歓声が!

後半はキックベース。フリースローでの得点がキックベースの得点に加算されます。

ファインプレー続出の一進一退の白熱した戦いが繰り広げられました。

最後には生徒会長から表彰状が手渡され、一年生からのお礼の言葉で終わりました。

企画・運営の児童生徒会のみなさん、楽しい行事をありがとうございました。