栗山小中News&Events

2017年2月の記事一覧

iPad活用交流

 2月23日、中宮祠小の4年生とiPad活用交流学習を行いました。栗小からは総合の時間に調べた温泉のでき方と国語で作った詩を発表しました。中宮祠小からは臨海学習の体験をもとに作った新聞の発表がありました。


氷上レクレーション

 2月22日、延期になっていた氷上レクレーションを行いました。まず、1・2・3年生の「スベッテボーリング」です。一周回ってからボーリングをしますが、なかなか当たらず接戦となりました。次が、4・5・6年生による「なんでもホッケー」です。ぞうきん、タワシ、パックと変わり、熱戦が繰り広げられました。それから、全校生による借物着替え競争です。二人の先生がスーパーマンへと変身しました。最後は逆転リレーです。見事な滑りで大変盛り上がりました。


第2回学校評議員会

   2月21日(火)、第2回学校評議員会ならびに地域教育協議会を実施しました。はじめに、全クラスの授業の様子を見ていただきました。今年取り組んでいる授業づくりのポイントをご覧いただくことができたと思います。その後、学校評価や地域連携、これからの課題などについて、御意見を伺いました。来年度の学校経営にしっかり生かしていきたいと思います。


スケート教室

 2月10日(金)、細尾ドームリンクでスケート教室を行いました。講師に石川さん、高野さんをお招きし、午前中は1~4年グループと5・6年グループに分かれて教えていただきました。見ていてびっくりするくらい子どもたちは上達していきます。午後は、自由滑走と恒例の全員リレーです。全員が参加できてしまうこともすごいことだと思います。お二人の先生に改めて感謝申し上げます。

スケート学習

 スケート学習では、今年も高野喜也さんに御指導いただいています。今年は、地域おこし協力隊の嶋崎義将さんにも御協力いただけることになりました。よろしくおねがいします。


地域たんけん「川俣」

 2月6日(月)、今年の地域たんけんで川俣に行ってきました。冬の川俣を子どもたちに知ってもらいたいという無理なお願いを、地域の皆さんは快く受け入れてくださいました。そのために、夏から何度もご準備いただいき、心よりお礼申し上げます。

 当日は川俣カフェにご一緒させていただくという形で、まず輪投げをしました。地域の皆さんはさすがに上手でとても点数は及びませんでしたが、子どもたちもとても楽しそうでした。その間にも、豚汁やおはぎなどを作っていただいていましたが、ゲームの後子どもたちはおにぎりを作らせていただきました。用意していただいたおはぎや鹿肉などのごちそうとおにぎりで昼食会です。そこで、子どもたちは「ピコ太郎物語」や「恋ダンス」を発表した後、地域の皆さんと手話を取り入れた「さんぽ」を楽しみました。

 午後は、地域の皆さんが整備してくださったスキー場でそりを楽しみました。高校生ボランティアの皆さんもご協力いただいたということで、歩きやすくなっていて、時間いっぱい存分に楽しむことができました。広いスキー場で繰り返しそりを楽しむ子どもたちの表情はいつも以上に生き生きとしていました。

 この日のために何度も集まっていただいたり、たくさんのごちそうを用意していただいたり本当にお世話になりました。子どもたちは、川俣の皆さんと一緒に楽しませていただいたこと、おいしいものをいただいたこと、雪の学校跡地やスキー場のことを忘れることはないと思います。ありがとうございました。


スケートリンク開き

 皆様のご協力のおかげで、スケートリンクも滑れる状態になりました。改めて感謝申し上げます。2月1日(水)2時間目に、からたき委員が中心となってリンク開きを行いました。リンクの使い方を確認した後、準備体操をしていよいよ初滑りです。子どもたちは感触を確かめながら、時間いっぱい楽しみました。