栗山小中News&Events

2016年9月の記事一覧

日産モノづくりキャラバン

 9月27日(火)の3・4校時、5年生の社会科学習の一環として、日産モノづくりキャラバン出前講座を実施しました。1時間目は、レゴを使ったフレンド号製作を行いました。六つの過程にわかれて、効率よく作るにはどうしたらいいのかを考えました。目標を達成するためには無駄をなくすこと。そのために、よく考え、工夫することを学びました。2時間目は、板金や電動ドライバ等の体験をしました。クルマづくりのための練習ですが、確かで早い作業をするために必要なことを考え、ちょっとした工夫が素晴らしい技術になることが理解できました。最後にまとめのDVDを見ました。とても楽しい出前講座でした。

子ども主体の授業づくり

 今年の学校課題「子ども主体の授業づくり」を日々推進していますが、9月21日は市教委の飯島先生をお招きして、校内研究会を実施しました。2年生の算数「三角形と四角形を見つけよう」の授業について、課題のあり方や課題解決の活動について研修を深めました。

 

 また、9月23日は、宇大教職員大学院の松本敏教授をお招きして授業リフレクションを実施しました。松本先生には年に1回おいでいただいていますが、今年で11年目になります。今年も給食の時間にバイオリンの演奏を披露していただくと共に、バイオリンにふれさせていただくという貴重な体験をさせていただきました。

 

 授業は3・4年生の道徳で、それぞれの意見をもとに考えを深めることができました。授業リフレクションでは他の学校の先生方にも参加していただき、充実した研修を実施することができました。

 


チャレンジランニング始まる

 今年も9月16日からチャレンジランニングが始まりました。最初の目標は10月12日(水)の持久走大会が目標です。ふる里文化祭が終わったあとは、冬の体力トレーニングとして継続します。今年はどこまでの距離を走ったことになるか楽しみです。


2学期もよろしくお願いします

 つくしんぼの皆さんには、月2回のペースでお世話になっています。今は11月30日(水)に講演をお願いしている「野村たかあき」さんの作品を読んでいただいています。2学期もよろしくお願いします。


希望と共にかけぬけろ

 9月10日(土)、小中合同運動会を栗山運動場で行いました。今年のスローガンは「希望と共にかけぬけろ」です。小学生も中学生も、一つ一つの競技に全力で取り組み、大いに盛り上がりました。地域の方々も運営をお手伝いしてくださったり、競技に出場してくださったり、大きな声で応援してくださったり、多大なるご支援をいただきました。おかげさまで、子どもたちも大きな達成感を感じることができたようです。改めて感謝申し上げます。

ジャガイモ掘り

 9月2日(金)5校時、みんなで植えたジャガイモを収穫しました。土の中からジャガイモを見つけると大きな歓声が上がりました。量はあまりとれませんでしたが、自分たちが育てた野菜は格別です。その他、各学年で育てたトウモロコシやオクラ、トマトなども収穫できました。里芋とさつまいもは、後日掘る予定です。