栗山小中News&Events

2016年3月の記事一覧

お世話になりました

 3月30日(水)、からたきルームで離任式を行いました。今回の異動で4人の先生が転出されることになりました。代表児童がお別れの言葉を述べ、花の贈呈を行った後、中山教頭先生、伊藤先生、大貫主事、神長先生、それぞれの先生からお話をいただきました。数々の思い出がよみがえり涙ぐむこともありましたが、今度会うときにはさわやかなあいさつができるようになっていることを約束し、お見送りをしました。4人の先生方、新しい学校でもお体に気をつけてご活躍ください。そして、栗山小学校にも遊びに来てください。


進級おめでとう

 3月24日(木)、からたきルームで修了式を行いました。クラス代表に修了証と進級祝い品を手渡し、この1年間がんばったことを確認し合い、自信をもって進級してほしいことを話しました。また、春休み中は交通事故や病気に十分気をつけ、4月8日にはみんな元気に登校することを約束しました。

ランチルーム清掃

 3月23日(水)、今年度最後の給食となりました。調理員さんに大きな声でお礼を言った後、みんなでランチルームの清掃をしました。来年度もおいしい給食をお願いします。

感動の卒業式

 3月18日(金)、日光市教育委員会並びに多数のご来賓の皆様のご臨席を賜り、平成27年度の卒業式が行われました。中学校の制服を身につけた金子友則さんは、普段にも増して凜々しくて、卒業証書を受け取る態度もとても立派でした。
 在校生による呼びかけも、友則さんとの思い出や感謝の気持ちを、精一杯の大きな声で表現し、式場にいるみんなの心に響き渡りました。
 また、友則さんのお別れの言葉も、地域の方へ、在校生と先生方へ、そしてお母さんへと、心からの感謝の気持ちが伝えられ、思わず涙ぐむ場面もありました。
 ご家族の皆様には、深い愛情とたゆまぬ努力が実を結び、ここに義務教育の第一段階を終えられたことを、心からお祝い申し上げます。
  中学生となります卒業生に、これまでと変わらぬ温かいご支援をよろしくお願いいたします。

大掃除

 年度末の大掃除。今回のテーマは「ありがとう教室」。
毎日の清掃は、全校生の縦割班での活動のため、年度末の清掃週間と大掃除は、学級毎の活動を多くしてみました。
 大掃除当日はお世話になった教室のワックスがけです。1・2年生の3名も先生方と一緒に、荷物出しから、水拭き、から拭き、ワックスがけ、荷物の運び入れまで、頑張ってやることができました。みんなが一生けん命に取り組みました。すごいね栗小。ありがとう教室。きれいになりました。

逆プチつくしんぼむら

 3月14日、今年度最後の読み聞かせをしていただきました。そこで、子どもたちの発案で16日に「逆プチつくしんぼむら」を実施しました。 子どもたちはしっかり読む練習をして、「ジロがなく」「しあわせの王子」「なんにもせんにん」の三つの作品を、ブース形式で発表しました。つくしんぼさんがお手本を示してくださっているので、ついつい作品の世界に引き込まれてしまいます。
 急なお願いにもかかわらずご協力いただいたつくしんぼの皆さん、大変ありがとうございました。また、1年間本当にお世話になりました。

ギルダ先生・大橋先生お別れ会

 3月11日(金)、今年度最後の英語活動日でした。ギルダ先生と大橋先生には大変お世話になりました。来年度はまだ未定ということで、この1年間の感謝の気持ちを込めて、お別れ会を実施しました。はじめに「いす取りゲーム」と「なんでもバスケット」で一緒に楽しみました。英語で指示されても子どもたちは素早く動いていました。英語活動の成果といえるでしょう。その後の寄せ書きのプレゼントにお二人の先生は大変喜んでくださいました。

6年生を送る会

 3月2日(水)4時間目に、6年生を送る会を行いました。今年の6年生は友則さん一人で、さまざまな場面でみんなをリードしてくれました。そんな優しい友則さんに1年生から5年生まで全員の感謝の気持ちを伝えるために、代表委員が中心になって精一杯準備してきました。
 開会行事の後、みんなで「思い出をさがせ」「かくれろ!みつけろ!6年生」の二つのゲームを楽しみました。合間合間に思い出話などを語るコーナーもありました。それから、各学年から手作りの記念品を手渡しました。思い出のスライドショーでは、1年生から6年生までの友則さんの様子を見ることができて、思わず「かわいい!」という声も上がっていました。くす玉を割った後、友則さんからひと言があって会は終わりとなりました。みんなの思いの詰まった、ほのぼのとした楽しい会となりました。友則さんの卒業まであと少しですが、できるだけ多くのことを一緒に楽しみましょう。