栗山小中News&Events

2015年2月の記事一覧

テレビ会議 1・2年生


  2月26日,朝の時間に小百小学校の1・2年生と栗山小学校の1年生でテレビ会議を行いました。国語の「これはなんでしょう」という単元で学習したことを発表しました。クイズの出し方や答え方などを勉強し,クイズのゲームをする内容です。小百小1年生からのクイズではなかなか難しい問題もあり,質問をしながら,答えを見つけようとがんばっていました。全員が問題を出し,全員が質問をすることができ,とても楽しかったです。テレビ会議システムの効果を実感できる時間となりました。
 
 

今年度最後の全校共遊

 2月25日,今年度最後の全校共遊となりました。全校共遊とは,集会委員会が計画をして年に10回程度実施しているものです。雪合戦の予定でしたが,雪がとけてきてしまいましたので,体育館で中線踏みというゲームをやりました。先生も一緒になって遊び,とても盛り上がりました。捕まった友達を助けるという場面では,何度も助けてくれた友達に感謝している様子が見られ,場面があり,とても微笑ましい姿でした。先生を捕まえようと必死に走り回っている児童もいるなど,たくさん動くことができた全校共遊となりました。
 

?野先生,スケート指導ありがとうございます。


 今日でスケート学習が終了しました。今年も体育の授業の時間には,高野先生にスケートを指導していただきました。1・3年生には,滑りの基本やコーナリングなど,4・5・6年生にはアイスホッケーの基本など,ていねいに指導をしていただきました。1年生はあっという間に上達してしまい,たくさんほめられました。
 高野先生には朝の早い時間から,本当にありがとうございました。これからもよろしくお願いします。
 

学習発表会


  2月18日 学習発表会が行われました。1年生は「あしたへダッシュ!」と名づけ,1年間でできたことを巻物にして紹介しました。3・4年生は,「山と生活(いちごの栽培から学んだこと)」を発表ました。ペープサートを使っていちごの栽培の仕方を紹介しました。5・6年生は,「栗山情報局(メーブルシロップ プロジェクト)」と題し,昨年度のメイプルシロップ作りのまとめを伝えました。どの学年もパワーポイントで画面を使って説明したり,劇を演じて分かりやすく表現したりするなど,発表の方法を工夫して取り組んでいたのが印象的です。会場には笑顔があふれ,参観してくださった保護者の方々は,子どもたちの頑張りにすっかり感心している様子でした。

家庭教育学級(簡単パン作り)

  2月18日の午前中に家庭科室において、家庭教育学級を開催しました。地元の斎藤ヨネ子先生を講師としてお迎えして、「簡単パン作り」講座を開きました。コーンブレッド、あんパン、ハムロール、テーブルロールの4種類のパン作りに挑戦しました。出来上がりを期待して、参加者全員が熱心に作業に取り組みましたが、みんなで和気あいあいと楽しくパン作りに取り組むことができてよかったです。おいしそうに焼き上がったできたてパンは香ばしく、手作りのすばらしさを実感することができました。
 

歴史民俗資料館とのテレビ会議学習


  2月12日,3年生がテレビ会議システムを使って歴史民俗資料館と社会の学習を行いました。
学習単元は,「むかしのくらし,今のくらし」の中の「古い道具をつかっていたころのくらし」です。
 歴史民俗資料館が保管している昔の道具をいろいろ紹介してくれました。台所の道具,洗濯に使う道具,暖房に使う道具,木で作られた入れ物などたくさんの道具を紹介し,使い方について説明をしてくださいました。子どもたちは,はじめて見る道具がたくさんあり,集中して聞いていました。最後には3年生から質問をし,さらに理解を深めていくことができました。
 歴史民俗資料館の方は,「昔の人は大変だったけど,それがまた家族の楽しい時間にもなっているんですよ。」と説明してくださいました。大変勉強になった時間でした。歴史民族資料館の方々いろいろとありがとうございました。

1年生と3年生が集会で発表しました!

 
 
  2月10日,1年生と3年生が朝の集会で発表をしました。
 1年生は音楽にあわせて,歌と踊りを披露してくれました。音楽は「こぎつね」です。
歌にあわせて,楽しそうに踊ることができました。
 3年生は国語の単元の「カタルを作ろう」に関した発表です。自分たちで作ったオリジナルカルタを使ってカルタ遊びをしました。取り札は写真で,読み札は内容を自分たちで考えて作りました。たくさんの札が一枚ずつ減っていくるちつれて,力が入ってきます。自作カルタで楽しく遊べますよという発表でした。

 
 

小百小との集合学習


 
  2月5日,小百小学校との集合学習が行われました。小百小学校のみなさんは,雪に囲まれた栗山小学校に行けるのがとても楽しみだったようです。
 2時間目に一緒に勉強をしました。
 1・2年生は生活科です。校庭でかまくら作りと,そり遊びをやりました。かまくらの中に入るとみんな自然に笑顔がこぼれます。不思議ですね。
  3・4年生は図工です。グループで絵をつないで,「高層ビルの絵」を作りました。うまくお互いの絵をつないで,面白い絵が完成です。
  5・6年生は習字です。教室いっぱいに広がった模造紙に「絆」という文字を巨大な筆で書き,周囲に自分たちの名前を書いて,お互いの絆を深めました。
  休み時間は,全員でそり遊びをしました。たくさんの人数が集まってのそり遊びは壮観でした。子どもたちの歓声が山に響き渡りました。楽しく学び遊べた集合学習となりました。小百小学校のみなさん,ありがとうございました。

保育園生の1日入学


 
  2月4日,1日入学で,1名の保育園生が1年生教室に仲間入りしました。図工では,クレヨンで描いた絵をぼかすことにチャレンジし,生活科「おもちゃづくりをしよう」では,1年生が紹介する手作りおもちゃの中から保育園生が作ってみたいものを決め,1年生と協力して完成させました。
 1年生はお姉さんとしてやさしく教えてくれ,保育園生は新しい環境でやる気いっぱいに活動し,とても温かい空気の中での1日入学となりました。入学式の日を,楽しみに待っています!

氷上レクリエーションで盛り上がったよ!

 
 
 

 
 
 
  2月4日、栗小のスケートリンクで、氷上レクリエーションが行なわれました。この氷上レクは、代表委員会が中心となって企画され、日頃のスケート練習の成果を保護者や地域の方に披露する場でもあります。応援に来ていた保育園生も一緒の「おにたいじ」のゲームでは、1・3年生が大きな鬼を追いかけて金棒を奪っていました。「リレーで絵をつくろう」では、保護者の方も一緒に大きな絵を完成させました。4・5・6年生は、スポンジやぞうきん、ペットボトルをパックにして「アイスホッケー」をやりました。最後には、全員で「リレー」をして盛り上がりました。たくさんの笑顔があふれ、栗小のスケートリンクに一足お先に春が来たようでした。

楽しかったスケート教室


 1月26日、日光霧降スケートセンターにて、スケート教室が行われました。午前中は、指導員の石川先生と鈴木先生に、基本のすべり方をとても丁寧に教えていただきました。子どもたちは、「片足に上手にのれた!」、「スピードを出せるようになった!」と思わず声を上げていました。
 午後は、教えていただいたことを生かしながら、自由に楽しく滑ったり、リレーをしたりして盛り上がりました。みるみる上手になっていく姿を見て、子どもたちの吸収力の高さに改めて感心してしまいました。