栗山小中News&Events

2014年9月の記事一覧

日産のモノづくりを体感!

 9月24日、5年生のために日産モノつくり教室が行われました。日産のスタッフの方と一緒にミニカーを組み立てました。できるだけ完成を早めるためには、無駄をなくし、工程を改善していくことが大切だと学びました。また熟練のモノつくりの技に触れ、5年生は大興奮。最後はミニカーのお土産をもらい、楽しみながら学んだ2時間になりました。

1年生 生活科見学


 9月26日,1年生の2人が生活科見学へ行きました。宇都宮動物園では乗馬体験や小動物の抱っこのほか,キリンや象に直接エサをあげたりなど,ドキドキの体験をたくさんすることができました。遊園地でアトラクションに乗っていたときの2人の笑顔も,とてもキラキラしていました!
 カンセキ今市店では,ペットの飼い方などついての疑問を店員さんに質問し,たくさんのことを教えていただきました。また,実際にエサのあげ方やなで方を実践を通して教えていただき,とても貴重な体験をさせていただきました。宇都宮動物園のみなさま,カンセキ今市店のみなさま,本当にありがとうございました。
 

13人の学校に130人が集いました!(みんなのくり小10周年 ~ 地域と歩む栗小&つくしんぼ ~ )

 9月26日の夕方6時半,栗山小開校10周年記念行事「みんなのくり小10周年 ~ 地域と歩む栗小&つくしんぼ ~」が,行われました。児童や職員,卒業生,地域の方々など総勢130名が集まる大イベントとなりました。いつもは,児童数13人の小さな学校が,地域のみなさんの学校になりました。

 午後6時半に暗くなった校庭にスポットライトに照らされPTAの進行で始まりました。10周年記念行事実行委員長のあいさつです。次に児童による発表。一人一人の「栗小の良いところ」の発表に,卒業生へのインタビュー,そして,みんなで歌詞を考えた「栗小っていいな」の斉唱がありました。

続いて,栗小開校時から活動を続け,この10年間に1200冊の本を読み続けてくれている「おはなしくらぶ つくしんぼ」のステージです。つくしんぼが毎年行っているおはなし広場の「つくしんぼむら」では,寸劇や影絵,ペープサートに人形劇,昨年は4人並んでのエプロンシアターなど趣向を凝らした内容で始まります。そのキャラクタが登場して10年間を振り返りました。もちろん,絵本の読み聞かせも。つくしんぼのメンバー20名がシンクロナイズドスイミングのように一致団結したステージを見せてくれました。

その後,校舎内に明かりがつき,校舎内見学になりました。廊下には10年間の写真が掲示され,「タイムカプセルコーナー」「メッセージコーナー」など来校者が一緒に10周年をお祝いできるコーナーにたくさんの人が足を止めてくださいました。2階は,つくしんぼのクイズと展示,そして,おやじの会のトントン相撲「おやじ場所」。さすがはおやじの会。やることが違います。身長180cmを超える大きな力士を用意してくれました。子どもも大人も夢中になって木製の土俵を手を真っ赤にしながら叩いていました。

見学を終えて昇降口に戻ると,おやじの会が用意した焼きそばのおもてなし。150食分を焼いてくださり,来校者すべてに配ることができました。

 夢のような2時間は,あっという間に過ぎ,つくしんぼの代表と校長のあいさつで,楽しい企画を閉じました。

 学校とPTAとつくしんぼとおやじの会で企画した「みんなのくり小10周年 ~ 地域と歩む栗小&つくしんぼ 」は,いつまでもみんなの心の中に残ることでしょう。栗小は,こんなにステキな時間を地域の方々と持つことができて幸せな学校です。次回は20周年。また,みんなで作り上げたいと思いました。みなさん,本当にありがとうございました。
 

2学期最初の移動図書


 9月25日,2学期が始まって最初の移動図書がありました。
 子どもたちは,「見て見て,これおもしろそうだよ!」など,友達同士で話しながら本を選んでいる様子でした。たくさんの本に出会い,心の世界を広げていってもらえたらと思います。
 

1年生5年生の集会の発表

  9月22日の朝の集会活動では,1年生と5年生が発表を行いました。1年生は数と漢字の数え歌の替え歌を発表しました。オリジナルの歌を楽器を使いながら上手に発表する事ができました。5年生は,国語で学習した「われは草なり」を発表しました。授業で一生懸命に練習し,原稿を見ないで,リズムよく詩を発表することができました。みんな感心して聞いていました。
 
 

きずなで走りきった運動会!



  9月13日、栗山小4年生の八木澤愛沙さんによる「チームのきずなで走りきれ!」のスローガンのもと、栗山中央保育園、栗山中学校、本校の合同運動会が開催されました。
  子どもたちの全力の競技、渾身の演技、そして栗小生による心を一つにしたマーチングは、会場にいた全ての人たちに感動を与えてくれました。
  温かい声援を送っていただいた保護者、地域の皆様、用具の準備から、競技参加、和楽踊りの演奏までしてくださったおやじの会の皆様、本当にありがとうございました。
 
 
 

睡眠についての授業

9月8日から9日にかけて、全学級で校長先生による睡眠についての授業(学活)が行われました。
  「みなさん、心ってなんですか?」、「心はどこにありますか?」の問いかけから始まりました。人間の脳の役割を分かりやすく学習してから、脳と睡眠の関係について学びました。
 栗小生はいつでも一生懸命学習していますが、中には最近、姿勢がくずれたりあくびをしたり眠そうな子どもたちがいます。調べてみると、普段から睡眠時間がかなり少ない子どもたちでした。小学生は10時間から11時間の睡眠時間が必要なのです。きちんと睡眠をとっている子どもたちは、背筋をしっかり伸ばし目を輝かせながら授業に臨んでいます。
 「寝る子は育つ」は科学的に実証された言葉です。脳の基本的な部分は12歳で完成されます。睡眠不足は脳の発達を確実に阻害します。子どもたちに「早寝、早起き、朝ご飯」の習慣を身に付けさせ、心も体も知力も育て、未来を力強く生きていけるようにすることは、私たち大人の大切な使命だと思います。
 

運動会予行


 9月9日、に栗山中央保育園と栗山中学校と本校合同で運動会の予行練習が行われました。秋空の中、子どもたちの堂々とした入場行進から始まり、各競技の練習をしました。
 子どもたちは、真剣な表情で練習し、時折輝く笑顔がとてもすてきでした。本番も精一杯、チームのきずなで走りきってほしいと思います。

ALTのスザーラ先生来校


  今年4月から栗山小学校に来てくださっていたALTのジョアンナ先生ですが、事情がありお休みに入ることになりました。とてもよい先生でしたので本当に残念で、2学期会えると楽しみにしていた子どもたちにこのことを伝えるのは辛かったです。
 そのような中、9月2日から、新しいALTの先生が来てくださいました! 名前はスザーラ先生といいます。ジョアンナ先生同様、とても明るく元気な先生です。昼休み外に出て子どもたちと遊んだり、清掃の時間、一緒に掃除をしたり、子どもたち大好きの先生です。
  今日の授業は自己紹介が中心でした。スザーラ先生はテレビモニターにいろいろ映し出し、簡単な英語を使って紹介をしていきます。
 栗小の子どもたちには、これからも楽しく英語を学び国際感覚豊かな大人になってほしいと思います。
 

マーチング練習.がんばってます!

 
 
 
  運動会までいよいよあと2週間足らずとなり,マーチングの練習も本格的になってきています。暑いも肌寒い日も,集中力を切らさず,心をひとつにして練習に励んでいる子どもたち。夏休みが明けて,さらにパワーアップしているようにも感じられます。
 今年は可愛いフラッグ隊の1年生も活躍する予定です。今から本番が楽しみです!