栗山小中News&Events

2014年3月の記事一覧

離任式


  3月28日、離任式が行われました。定期異動により、大堀教頭先生が栗山小学校の勤務を終え、日光市立今市中学校に転出されます。今日の離任式のために、先週卒業した6年生も来てくれました。   
 大堀教頭先生からは、「3年間の栗山小勤務の中で、たった一日も行きたくないと思ったことはなく、毎日、皆さんと一緒に居られて本当に幸せでした」と、お別れの挨拶がありました。また、教頭先生が子どもたち一人一人に、それぞれの思い出などを語りかけると、子どもたちは嬉しさと寂しさの交じった複雑な表情を見せていました。
  教頭先生には、健康に留意され、今市中学校でますますご活躍ください。そして、栗山小学校の子どもたちのことを忘れず、どこかで行き会ったら変わらぬ笑顔をお願いします。

平成25年度 修了式


 3月24日、修了式が行われました。今年度の全ての学習が修了したことを表す修了証が校長先生から渡されました。子どもたちは1年間を振り返りながら、しっかりとした態度で受け取り、進級して迎える来年度への思いを馳せているようでした。
  まだ、離任式がありますが、4月には元気に登校し、上級学年に進んだ自覚を新たによいスタートを切ってほしいと思います。
 
 
 

卒業おめでとう!


  3月19日、平成25年度卒業式が行われました。卒業生の手塚帆南さん、手塚由基さん、山口七虹さんは中学校の制服に身を包み、栗山小学校の6年間に立派に成長した姿を見せてくれました。手にした卒業証書はたゆまぬ努力の証であり、たくさんの思い出が詰まっていることでしょう。胸を張って、栗山中学校に羽ばたいてください。
  全校生による「呼びかけ」は、心の底から湧き出た言葉であり、聞く者の胸を打ちました。下級生にいつも優しく、苦しいときは互いに励まし助け合って頑張ってきた3名に、惜しみない祝福と感謝の拍手が送られました。
  保護者の皆様のご苦労が、深い愛情がここに実を結び、義務教育の第1段階を終えられたことを、心からお祝いいたします。3名の卒業生は、よく学び、明るく思いやりのあるすばらしい子どもたちに成長しました。保護者の皆様、御来賓の皆様、地域の皆様の温かいお力添えによるものと、深く感謝申し上げます。
 

サリー先生たちとのお別れ会


  3月13日、今までお世話になった初任者指導教員の渡邊悦男先生、ALTのサリー先生、英語指導助手の吉田先生とのお別れ会が行われました。特に、サリー先生は東京へ、吉田先生はフランスへ行ってしまうということで、もうなかなか会えません。
  児童会主催のゲームをみんなで楽しんだ後、寄せ書きの贈呈を行いました。3名の先生方には授業だけでなく、たくさん遊んでいただいたり、おしゃべりをしていただいたり... ラスト・スピーチは、お別れが悲しくてうるうるしてしまいました。
 

6年生を送る会


  3月3日、児童会主催の6年生を送る会が行われました。企画・運営には4年生と5年生が当たり、心温まるすばらしい送る会になりました。
  前半は「ゲーム」の時間。宝探しゲーム、ジャンボすごろく、フルーツバスケットと、徐々に動きが激しくなる構成で、とっても盛り上がりました。
 後半は「感謝の気持ちを伝える時間」。まずはプレゼントタイム。2年生、3・4年生、5年生が、それぞれ心を込めて制作した手づくりのプレゼントを贈りました。これには、6年生だけでなく見ている者すべて、感激!
  次に、思い出のスライドショー。何と言っても、6年生が1年生だったときの写真がとっても可愛くて... 思い出のいっぱい詰まったスライドショー、感動ものでした。
 そして最後に、くす玉割り。カウントダウンで、6年生の3人が一斉に紐を引っ張ると、カラフルな紙吹雪とともに「ありがとう」の文字。大成功でした!
  栗山小ならではの、アットホームな、温もりいっぱいの6年生を送る会。笑顔の後の、ちょっと寂しそうな表情。心の中で、ますますお別れするのが嫌になってしまったようです。