栗山小中News&Events

2014年1月の記事一覧

スケート場開き


  1月29日の朝、スケート場開きが行われました。保護者や地域の方々のご協力をいただき、すばらしいスケート場が完成し、子どもたちは大喜びです。短冊に書いたスケートの目標を一人一人発表しましたが、子どもたちの瞳はキラキラと輝いていました。
  1時間目は3・4年生の体育で、準備運動のあとオープンしたてのスケート場に飛び込み、シーズン初のスケーティングを楽しみました。
  今年も、スケート指導者の高野喜也先生に、子どもたちへの指導をしていただけることになりました。子どもたちはとっても楽しみにしていますので、どうぞよろしくお願いします。
 

楽しかった小百小との集合学習

 1月23日午前中、小百小3年生以上の10名の子どもたちが校長先生をはじめとする4名の先生方とともに来校し、栗山小3年生以上の12名の子どもたちと一緒に集合学習を行いました。
  3・4年生は国語の授業で、今まで共同で作ってきたオリジナルかるたを使って、かるた取りを行いました。交代で読み札を読みながら、日本語のリズムと、かるた取りの緊張感を仲よく楽しむことができました。
  5・6年生は学活で「仲間づくりゲーム」を行い、自分を表現し合うことで友情をさらに深めることができました。
  自由遊びの時間は、みんなで雪遊び。特にそり遊びが大人気!小百小の子どもたちも慣れてくると豪快な滑りを見せてくれて、笑顔あふれる楽しい集合学習となりました。

小百小との共同学習行われる


  1月22日、本校の3年生5名と、小百小の3年生4名にる共同学習(研究授業)が行われました。遠く離れた学校同士でも、テレビ会議システムを利用すれば、それぞれの教室に居ながらにして一緒に授業ができるのです。
  授業(国語)は、「かるた」の読み札を小百小3年生と協力して作ろうというものでした。子どもたちは、教室で話し合って作った読み札の短文を相手校の教室に伝え、意見交換をして修正しながら一つの読み札として完成させていきました。とても楽しい授業になりました。

交通安全教室(自転車の乗り方)


1月20日、学級活動の時間に全校生による交通安全教室が行われました。
  昨年の12月から道路交通法の一部を改正する法律が施行されましたが、特に自転車の路側帯の通行方法についてはどのように変わったのか、子どもたちにはしっかりと理解してほしいところです。
  そこで今回、黒部駐在所に勤務されている栃木県警警部補の関口さんに来ていただき、資料やプロジェクターを使いながら、どのように自転車の通行方法が変わったのか、具体的に分かりやすく教えていただきました。また、今までにも学習してきましたが、改めて自転車に乗る際の注意事項や、季節によっての注意点等についても教えていただきました。
  子どもたちは関口さんの質問に答えながら、興味をもって、そして真剣に学ぶことができ、交通安全への意識を高めることができたようです。
 

スケートリンク作り


 1月16日の午後、スケートリンク作りが行われました。
  本校では、一面雪で覆われた校庭の一角を利用しケートリンクを作り、冬季の体育の授業でスケートを行います。まさに、手づくりのスケートリンクで人手が必要なため、子どもたちばかりでなく、保護者や地域の方々の協力をいただき作り上げていきます。
 本日は、雪上にホースで水をまきながら、そこを、一列に並んで、少しずつ少しずつ進み踏み固めていきました。この作業で、水をまいても地面に染みこまない下地を作るのです。
 最初は風の冷たさに身をすくめながら行っていましたが、こまめに両足を動かし固めていくので身体が温かくなっていき、最後のころには汗ばんでしまいます。
  保護者の皆様、地域の皆様のおかげで、2時間程度で何とか完了することができました。本当にありがとうございました。
  これから、毎日、保護者や地域の皆様の協力をいただきながら、夜間などの地道な水まきを行い降雪時には雪掃きを行って、子どもたちが安全に楽しくスケートのできるリンクにしていきたいと思います。

第3学期始業式

 1月8日、第3学期始業式が行われました。
 校長先生からは、新しい年を迎えての目標についてのお話、小学校での学びは、どのような人生を歩んでいくかの土台をつくるものであり非常に大切なものであるとのお話、特に6年生にとっては小学校最後の学期であり、しっかりと学習等に取り組んで中学校につなげてほしいというお話がありました。
  その後、子どもたち一人一人から、今学期の目標や行ってみたいことの発表がありました。どの発表も単に思いつきではなく、今までの自分の活動を振り返っての内容であり、子どもたちは3学期が学年のまとめの学期であることをしっかりと自覚しているようです。