栗山小中News&Events

2013年11月の記事一覧

国語のテレビ会議交流会


 11月26日2校時に国語のテレビ会議交流会を行いました。単元名は,「食べ物のひみつを教えます」です。
  「麦,とうもろこし,さとうきび,牛乳,魚」の中から一つ選び,どんな工夫がされて,どんな食品にすがたを変えているのか例をあげて説明する文章を書きました。前の単元の「すがたをかえる大豆」で習ったことを生かし,文章の構成を参考にして書きました。図書室で関係する本を見つけ,調べてレポートにします。どんなものを取り上げて書いていいのか迷っていて,なかなか難しかったようです。
  テレビ会議交流会では,発表をしながら,パソコンを自分で操作して写真を提示しました。小百小学校と交互に発表をし,感想や質問を交わしました。どんな質問や感想がくるのか楽しみにしていました。児童は,よりよい発表ができるように事前の練習に励んでいました。
 
 
 

地域たんけん(上栗山地区)


 11月20日、全校生による上栗山地区の「地域たんけん」が行われました。バスで上栗山に到着後、上栗山在住の6年生、手塚帆南さんと手塚由基さんの案内で、栃木名木百選に選ばれている平家杉などのスポットを見学しました。
  上栗山公民館で、本日お世話になる大類元美自治会長さんをはじめとする上栗山地区の方々とあいさつを交わしたあと、神社の清掃をみんなで行いました。きれいになった所を見ると、とてもすがすがしい気持ちになりました。
  一生懸命奉仕作業をした後は、お楽しみの「輪投げ」です。上栗山には輪投げの上手な方々がいらっしゃり、コツを教えてくれました。子どもたちは輪投げのおもしろさに我を忘れ、取り組んでいました。
  最後に、地域の方々に教えてもらいながらにぎった美味しいおにぎりと、心を込めて作ってくれたけんちん汁をみんなでいただきました。
  上栗山の自然のすばらしさと、子どもたちを迎えてくださった方々の温かさをしみじみと感じた、充実の「地域たんけん」となりました。
 

折り鶴折り活動


 11月19日の業間の時間を利用して、全校生で折り鶴を折りました。この折り鶴は、来年の1月26日から始まる、「ひかりの郷 日光国体」に出場する選手たちを応援するためのものです。
  折り鶴を折れる子どもたちは、初めての友だちに丁寧に教えていました。1人10羽を目標に、心を込めて折っていました。
 
 
 

集会での社会科見学発表と本の紹介


  11月19日、集会が開かれました。
  まず、4年生の金子友則さんが、10月17日に社会科見学として「太子食品」という豆腐を作る工場を訪ね、どのようにして1日に20万個も作るのか調べてきたことを、発表しました。工場で撮った写真を使っての説明で、とても分かりやすく伝わりました。
  その後、芳賀先生から「けんぽうのおはなし」という本の紹介がありました。憲法とは誰が守るべきことが書かれているものなのか、もし、憲法がなかったらどうなってしまうのかなど、誰もがその本を読みたくなる紹介でした。小学生のうちに、ぜひ読んでほしい一冊です。

 
 

校外学習「栗山郵便局」訪問


 11月19日、4年生が栗山郵便局を訪ね、郵便局の仕事内容や様々な工夫などについて、取材をさせていただきました。国語の授業の中で「仕事リーフレットを作ろう」という学習があり、そのための質問をいくつか準備して訪問したところ、丁寧に教えていただきました。
  栗山郵便局長の斎藤光弘様をはじめ、対応してくださった職員の方々、本当にありがとうございました。今回の取材内容をもとに、分かりやすく見て楽しい「仕事リーフレット」を作成していきたいと思います。
 
 
 

いちご摘み


  11月7日、日蔭作物組合代表の斎藤昭二さんのご厚意で、いちご摘みをさせていただきました。とりたてのいちごの味は、格別です! 子どもたちは思わず、ニッコリでした。自分たちの住んでいる地域で、おいしい作物がどのように栽培されているのか、興味をもつことができました。これから、地域のために自分たちにできることを考え、具体的に行っていくきっかけの一つにしていきたいと思います。
  斎藤昭二さんをはじめとする日蔭農作物組合の方々、本日はおいしいいちごを、本当にありがとうございました。
 

畑しまい

 
 

 11月6日、今まで作物づくりでお世話になった「畑」に感謝を込めて、「畑しまい」を行いました。3年生までは、ポール回りの除草、4年生以上は畑全体の除草を行い、次年度も気持ちよく栽培活動ができるよう、きれいに片付けました。
 いつでも栗小の子どもたちは、時間いっぱい休むことなく働きます。このような活動を毎年行っていくことで、自然の恵みに感謝する心が育ち、みんなで協力してやり遂げることの大切さを学ぶことができるのです。

日光市栗山消防団の分列行進でマーチング演奏


 11月5日、学校前の通りで、日光市栗山消防団の分列行進が行われました。栗山小にマーチング演奏の協力依頼が入り、毎年のことながら、子どもたちは行進のための演奏を行いました。
  晴れ渡る青空の下、それぞれの分団が行進し結束の固さと士気の高さをアピールする間、子どもたちは自信をもって堂々とした演奏を続けました。
  演奏の後、子どもたちは栗山総合支所の駐車場に駐めてある「はしご車」にわくわくしながら向かいました。というのは、毎年、子どもたちに、はしご車の体験をさせてくれるからです。25メートルから35メートルと、考えられないような高さに、子どもたちは目を丸くしていました。紅葉もそろそろ終わる時期とはいえ、青空に映える美しい山々を見渡すのは、本当に気持ちのよいものです。

栗山ふる里文化祭


 11月2日、栗山ふる里文化祭が栗山小学校の体育館で開催されました。この文化祭は、栗山地区全体の伝統ある文化祭で、保育園、小・中学校、地域の郷土芸等の発表と、総合的な文化の祭典とも言えるものです。地区内の学校では、本校の他に、栗山中学校、湯西川小・中学校が参加し、作品展示、ステージ発表と、日ごろの学習成果を出し合いました。
  栗小のステージ発表では、2年生が川俣地区の地域たんけんのレポート、3・4年生が土呂部地区のトウモロコシ狩りのレポート、5・6年生がこれから出かける上栗山地区のスポット案内を行ったあと、全員で渾身のマーチングを披露しました。
  他の学校の発表や、一般の部の、舞踊、民話劇、獅子舞、民謡と、地域の伝統や芸能の数々をも鑑賞することができ、楽しい、学ぶことの多い文化祭となりました。