栗山小中News&Events

2012年11月の記事一覧

栗小冬だより?

 路面を濡らす程度で積もることはありませんが「初雪」が降りました。2日程前のことです。栗山にも冬がいよいよやってきました。そこで、栗小冬だより?・・・栗小では、3学期になるとスケート学習が始まります。リンクは、校庭・・・子ども達と先生方・保護者のみなさんが協力して作る「手作りリンク」【写真2】です。そのスケート学習で使うスケート靴。栗小では、毎年この頃になると写真1のようにスケート靴がテーブルの上に並びます。これは、個人懇談で来校した保護者の方に見ていただき、必要ならもらっていただくためのものです。スケート靴は、卒業生や足が大きくなり履けなくなった子ども達から「使ってください」と、学校に提供していただいたものです。これも、栗小の冬だよりの一つです。
【写真1】                  【写真2・・・昨年度の校庭手作りスケートリンク】                  
        

グリーンウェーブ活動さらに一歩前進・・・

   写真1では、東日本大震災で被災した地域を教員が指示棒で指しています。写真2では、パンフレットのようなもので子ども達に何か説明しています。・・・これは、被災した地域から送られてきたドングリの実を育て、大きな苗木にして、また送り返す。・・・栗小で取り組んでいるグリーンウェーブ活動がさらに一歩前進しました。説明を受けた1・2年生の子ども達は「やってみたい!」。早速プランターに土を入れ、被災地から届いたドングリの実を植えていました。
【写真1】                     【写真2】
            

ブックトーク

    今週の朝の集会は「ブックトーク」でした。「ブックトーク」・・・これは、毎月1回先生が輪番で本や読書について話をするもので、今年から始まった活動です。子どもの頃読んで思い出に残っている本の話。今読んでほしい本の紹介。本から得た知識や情報を生活の中で生かしている話、等話題は様々です。栗小では、アイディアを出し合いながら、子ども達の読書活動を支援する取り組みを進めています。写真は、養護教諭が日常の生活を楽しくする本を紹介しているところです。紹介後、実際にその本をもとに生活を楽しくするものを作りました。

今週は、人権週間・・・

   今週は、栗小の人権週間(なかよし週間)です。16人の子ども達、全員が友達・仲間として楽しく生活を送っている栗小ですが、この一週間、子ども達も、我々教員も生活を振り返り、「いじめは本当にないか?」「友達の気持ちを考えて生活しているか?」等を見直していきたいと思います。
 人権週間の一週間、?毎日、帰りの会で「なかよしカード」で1日の生活を振り返ります。
               ?人権に関するビデオを見て、感想を書きます。
                                      ?人権に視点をあてた授業を各学級で行います。
                                      ?全校共遊(昼休み全校で遊びます。)  等を行います。
【 昨年のビデオ視聴の様子です。 】
                                     
                 

グリーンウェーブ続き・・・

    昨日書いたグリーンウェーブ活動の続きです。栗小で育て宮古市の田老第三小学校に送られた苗木は、写真1のように田老第三小学校の子ども達によって植えられました。こうしたことは、写真2のようにまとめられ、栗小の「グリーンウェーブ活動コーナー・・・絆・・・」に掲示され、子ども達に知らされています。・・・こうしたことを通し、(この活動の大きな二つ目のねらいとして考えている)子ども達が社会で起きた事柄への興味・関心を高めていけたら、社会と自分との関わり方を考えていけたら、と思っています。
【 写真 1 】                【 写真 2】
      
 
 
 
 
 
【 写真 2 】

グリーンウエーブその後・・・

    以前、東日本大震災で被災した地域の緑を再生しようという活動(グリーンウェーブ運動)に栗小で取り組んでいることを書きました。活動のおまかな内容は、被災地で育っている樹木の苗木をいただき、それを大きく育て送り返し、被災地に植えてもらう・・・というものです。育てた苗木を被災地に送り届ける、その第1回目がありました。写真の4人の5・6年生が世話をし、育てたものです。その苗木は、宮古市田老第三小学校に送られました。田老第三小学校は、栗小のように児童数12名の小さな学校です。これからも、この活動を継続させていこうと思っています。・・・グリーンウエーフその後の報告でした。

リサイクル活動も頑張っています!

    写真のトイレットペーパーの山・・・栗小では、毎日給食時飲んでいる牛乳パックを、洗い・開き・乾かし、リサイクルをしている所に送っています。少ない数ですが、それが1年間となれば、「塵も積もれば・・・」です。こうしたリサイクル活動のご褒美として、また牛乳パックがこんなふうにリサイクルされたことを知らせるため、写真のようなトイレットペーパーが1年に1回送られてきます。数は100個あります。子ども達は、2つ家に持って帰り、残りは学校で使います。

全校の前で発表・・・2年生国語

   栗小は、一つの学年の人数が少ないですから、学習したものを学年の友達の前で発表する、ということはほとんどできません。そのかわり、写真のように休み時間等に全校生に呼びかけて教室にきてもらい発表会を開きます。栗小では、「みんな仲間」として、学習面でも助け合っています。

保育園年長さん来校・・・生活科交流学習

    生活科の学習として栗山中央保育園の年長さんと交流学習を行いました。1・2年生が自分達でおもちゃを手作りし、そのおもちゃで年長さんに遊んでもらいました。毎年行っている活動です。3学期は、焼き芋で保育園に呼ばれていきます。・・・保育園のお友達は、この前の持久走大会では、大きな声援を送ってくれました。また、お散歩の時は、小学校の校庭で遊んでいきます。・・・
栗小では、保育園との交流・連携にも力をいれています。

カメラマン体験学習

   3年生~6年生までの8名の子ども達が、総合的な学習の時間の活動として「カメラマン体験学習」をしました。下野新聞のカメラマンの方を講師にお呼びしました。子ども達は、実際に自分が撮った写真をもとに、講師の先生から自分の伝えたいことを写真を通してどのように伝えていくか、を教えていただきました。・・・これも、栗小で進めている「本物に触れる活動」の一つです。

苺摘みをさせていただきました!

    日蔭農作業組合のみなさんに苺摘みをさせていただきました。「大きい!」「あまい!」と、子ども達は大喜びでたくさん摘んで、たくさん食べて・・・とても楽しい時間を過ごさせていただきました。苺は、子ども達の苺摘みのために、収穫せずに残しておいてくださったそうです。地域のみなさんの温かいお気持ちに感謝です。

学校でも災害での準備・・・非常食と飲料水の備蓄

    多くの学校がそうであるように、栗小も、災害発生時の避難場所になっています。「災害が起きれば、地域の方が学校に避難してくるのに、食料や飲み水が学校に備蓄されていなくてもいいのだろうか?」・・・これは、学校を避難場所として提供するにあたり以前から不安(疑問)に思っていたことでした。先日、この不安(疑問)が解決されました。写真にあるような食料と飲料水が災害発生時のため学校にも備蓄されることになりました。

栗山ふる里文化祭で熱演しました!

   11月3日(土)栗山ふる里文化祭でした。以前も書いたように、今年は栗山の各地区と子ども達の関わりを中心に寸劇などを行いました。子ども達に「栗山」や「学校」について見直し、愛着を持ってもらいたい・・・そうした願いで先生方は指導してきました。当日の子ども達の演技(マーチングと寸劇)は、そのことを一人一人が感じ、観ている方にも十分伝わった(「涙がこぼれそうだったよ。」と、地域の方から声を掛けられました。)と思っています。

栗山消防分団分列行進でマーチング!

    11月5日(月)栗山消防分団分列行進でマーチング演奏しました。いつも、お世話になっている地域のみなさんに学校が協力できることとして、今年も参加しました。マーチングのもと各地区の消防分団のみなさんが行進している姿を見ていると、「やはり参加してよかった!」と思いました。地域の学校として、地域のためにできることは、これからも積極的に参加し、行っていきたいと思います。

いよいよ明日です・・・栗山ふる里文化祭

    いよいよ明日が「栗山ふる里文化祭」です。最後の練習(リハーサル)を行いました。昨年から「ふるさと栗山と自分の学校栗山小を見直し、愛する心を育てる」このことをテーマにしています。昨年は「校歌」を取り上げました。そして、今年は、このテーマのもと「栗山の各地域と自分達の関わり」について取り上げました。是非、明日お越しください。寒いので暖かい服装で・・・。