栗山小中News&Events

News&Events

苺摘みをさせていただきました!

    日蔭農作業組合のみなさんに苺摘みをさせていただきました。「大きい!」「あまい!」と、子ども達は大喜びでたくさん摘んで、たくさん食べて・・・とても楽しい時間を過ごさせていただきました。苺は、子ども達の苺摘みのために、収穫せずに残しておいてくださったそうです。地域のみなさんの温かいお気持ちに感謝です。

学校でも災害での準備・・・非常食と飲料水の備蓄

    多くの学校がそうであるように、栗小も、災害発生時の避難場所になっています。「災害が起きれば、地域の方が学校に避難してくるのに、食料や飲み水が学校に備蓄されていなくてもいいのだろうか?」・・・これは、学校を避難場所として提供するにあたり以前から不安(疑問)に思っていたことでした。先日、この不安(疑問)が解決されました。写真にあるような食料と飲料水が災害発生時のため学校にも備蓄されることになりました。

栗山ふる里文化祭で熱演しました!

   11月3日(土)栗山ふる里文化祭でした。以前も書いたように、今年は栗山の各地区と子ども達の関わりを中心に寸劇などを行いました。子ども達に「栗山」や「学校」について見直し、愛着を持ってもらいたい・・・そうした願いで先生方は指導してきました。当日の子ども達の演技(マーチングと寸劇)は、そのことを一人一人が感じ、観ている方にも十分伝わった(「涙がこぼれそうだったよ。」と、地域の方から声を掛けられました。)と思っています。

栗山消防分団分列行進でマーチング!

    11月5日(月)栗山消防分団分列行進でマーチング演奏しました。いつも、お世話になっている地域のみなさんに学校が協力できることとして、今年も参加しました。マーチングのもと各地区の消防分団のみなさんが行進している姿を見ていると、「やはり参加してよかった!」と思いました。地域の学校として、地域のためにできることは、これからも積極的に参加し、行っていきたいと思います。

いよいよ明日です・・・栗山ふる里文化祭

    いよいよ明日が「栗山ふる里文化祭」です。最後の練習(リハーサル)を行いました。昨年から「ふるさと栗山と自分の学校栗山小を見直し、愛する心を育てる」このことをテーマにしています。昨年は「校歌」を取り上げました。そして、今年は、このテーマのもと「栗山の各地域と自分達の関わり」について取り上げました。是非、明日お越しください。寒いので暖かい服装で・・・。

紅葉情報・・・カボチャのランタンでお出迎え

     紅葉情報・・・栗山(栗小前の山の様子では)の紅葉は、今が見頃です。【メニュー紅葉シーズン(期間限定)をご覧ください。】今週の土曜日(11/3)は、栗山のふる里文化祭があります。もちろん、栗小も「栗山大好き 栗小っ子」と題して、マーチングと寸劇で出場します。写真は、その練習の様子です。この土曜日、ふる里文化祭と紅葉を観に、栗山に来てみませんか。

   今日・・・10月31日はハロウィーンです。栗小の昇降口では、写真のようなカボチヤのランタンがお出迎えします。英語の時間に子ども達と先生で作りました。(カボチャは苗をもらい学校で育てました。)英語の時間では、こうした外国の風習についても学んでいます。

持久走大会そして達成祝200,000

    雨で順延となった持久走大会を行いました。カゼで参加できない児童もいましたが、参加した児童は全員、保育園の子ども達、地域のみなさん、保護者のみなさんの応援にたくさんのパワーをもらい完走することができました。走路で安全確保していただくばかりでなく、励ましながら子ども達と走っていただいた方もいました。来年は、保護者の方も参加していただく持久走大会にしようか?そうした話も出ています。
 
    「祝200,000」。何のことでしょう?・・・今日、栗小のHPへのアクセス回数200,000件を達成しました。なので「祝200,000」です。何かお祝いをしなければ・・・と、今考えているところです。これからも、内容を充実させ、栗小の様子をお知らせしたいと思います。どうぞよろしくお願いします。そして、毎日1回はアクセスしてくださいね。

地域探索・・・黒部編

    栗山小では、地域との結びつきを深める活動、子ども達を地域に出していく活動として「地域探索」を昨年度から始めました。昨年は、日蔭地区と青柳平地区の探索をし、今年は、10月25日、黒部地区の探索をしました。具体的な活動としては、黒部の方に学校に来ていただき、餅つき機でついた餅を一緒に丸めました。その後、一緒に会食。会食後、黒部のみなさんに黒部地区を案内していただきました。写真は、黒部地区にある「首なし地蔵」を案内していただいている様子です。そして、黒部地区の一軒一軒を訪問し、子ども達がパックにいれたお餅を配って歩きました。黒部地区のみなさんとのこうしたふれあいを通し、子ども達は栗山について更に知ることができたとともに、地域のみなさんの学校へ・自分達へ向けられている温かいまなざしを感じとっていったことと思います。

親子学習会そして栗小の良さ再発見

    昨日(23日)は、持久走大会と親子学習会でした。持久走大会は、残念ながら直前の雨のため延期となってしまいましたが、親子学習会は、予定どおり行われました。
    1・2年生は、クッキーづくりに挑戦しました。お母さん方が先生となって、キャラクターのかわいい顔やハート形のクッキーなどを作っていました。もちろん、その後はみんなで試食会を行いました。
  
    3・4年生は、陶芸教室でした。足尾から先生をお呼びし、親子で絵皿作りに挑戦しました。

学校開放そして栗山の紅葉は?

    今日(22日)と明日(23日)は、栗山小の学校開放日です。保護者の方はもちろん、地域の方も大歓迎です。今年は、昨年の「校門の前に学校開放日の看板があると入りやすい。」という御意見を生かし、写真のような案内板を校門の前に置きました。特に、明日は持久走大会や各学年の親子学習会があります。
 
  栗山地区の紅葉情報です。写真は今日(10月22日)の学校前の山の様子です。写真では分かりづらいかもしれませんが、「山全体が紅葉が始まりました。日を追って木の葉が色を増していくことでしょう。」・・・こうしたレポートになるのでしょうか。

今市特別支援学校との交流会

   今市特別支援学校との交流会を行いました。マーチングを披露したり、一緒にゲームをしたり・・・と、楽しく過ごすことができました。声をかけ、手をつなぎ、たくさんの支援学校の子ども達と仲良くなりました。子ども達一人一人が支援学校のお友達に気を配り優しく接している姿を見ながら、こうした活動の意義を改めて感じました。また、学校では普段見られない子ども達の素晴らしい一面を見ることもできました。児童数が減っていく中、準備等の時間は多くなり大変になりますが、来年も是非この交流会を続けていきたいと思います。写真は今特校の子ども達の前でマーチングを披露しているところです。

文書館の先生をお招きして・・・

    遠隔地にあるため市内の施設(図書館や資料館等)を気軽に利用できないという教育環境の解決策として、栗小では外部機関や外部の方を積極的に授業や行事等に活用しています。その代表的なものの一つが「県立文書館の先生による授業」です。今回(10/16)は、2名の文書館の先生に6年生の社会科の授業をしていただきました。「学問のすすめ」「(県内の人力車について書かれた)石原家文書」「大日本帝国憲法発布絵図」「(大日本帝国憲法発布に関した)官報」等、学校では用意できない貴重な資料をたくさん用意していただきました。こうした貴重な資料を間近に見られたこと・教科書の資料以外の視点から文明開化を考えられたこと・・・今回も子どもにとって学ぶことのたくさんある学習となりました。

今特校との交流学習に備えて+紅葉情報

    今週の木曜日(18日)の今市特別支援学校との交流学習のリハーサルを行いました。今特校のお友達に披露するマーチングに始まり、一緒に踊るフォークダンス、一緒に行うゲームなどのリハーサルを行いました。ゲームの内容からゲームで使う物まで・・・全て子ども達を中心に準備を進めてきました。例年、子ども達にとって充実感のある活動なっている今特校との交流学習。今年も今特校のお友達と楽しく過ごし、充実した活動となることを願っています。写真は、担当児童の説明のもと、当日行うセミとりゲームのやり方を覚えているところです。

 紅葉情報・・・学校の前の山でも紅葉が始まりました。山の2~3割の木々の葉が色付き始めました。

栗小の校内研修・・・一人一授業

   以前も書きましたが、栗山小では先生方の研修の一つとして昨年度から「毎学期一人一授業」に取り組んでいます。昨日(9日)、5・6年生の合同国語で「一人一授業」がありました。6年生1名では、意見交換や発表会などはできません。そこで、指導の計画を調整して(普段は5・6年は別々に授業を行っています)同様な指導内容について、5・6年合同で授業を行い、意見交換や発表の場を設けていこうという小規模校での授業改善の試みをした。・・・そうした「一人一授業」でした。先生方は「一人一授業」を通し、先生方個々の指導力を高めていくとともに、小規模校の指導法の改善にも努めています。・・・また、「研修への先生方の前向きな姿勢」「協働意識の高さ」も素晴らしいものがあります。

朝会での学年発表・・・表現力を育てるために・・・

   小規模校では、普段の授業で、たくさんの人の前で意見を述べたり、発表したりする機会はあまりありません。そうした機会をつくり、子ども達の発表力・表現力を育てるため、全校朝会で学年発表を行っています。今回は、1・3・5年生が発表の順番でした。1年生は、国語の授業で学習した短いお話を朗読しました。デジタル教材も活用しました。3年生は、先日のお店の仕事調べでわかったことを発表しました。5年生は、「竹取物語」「枕草子」「平家物語」といった古典の冒頭部分の暗唱発表をしました。

防災学習を行いました!

    今日、防災学習の一環として「栗山小学校チャレンジ防災48」を行いました。藤原消防署や栗山消防団のみなさんに教えていただきました。子ども達は、4つの班に分かれ、「心肺蘇生法体験」「いざという時の担架の作り方・ロープの結び方体験」「消火器での消火やホースを使っての放水体験」「はしご車と起震車体験」を順番に行いました。子ども達一人一人がどの体験もできたこと、消防署・消防団のみなさんの優しく丁寧に指導していただいたことにより有意義な防災学習となりました。来年は、地域の方にも参加していただき、地域の防災学習としていけたらいいのではないかと思いました。