小百小なう!

令和2年度の様子をお知らせします!

修了式

本日、令和2年度の修了式が行われ、校長先生から児童一人一人に修了証書が渡されました。
また、児童の発表では、3名の代表が今年度頑張ったことや新学年の抱負などを堂々と発表することができました。

校長先生からは、この1年間、新型コロナに負けず、一人一人が一生懸命頑張ってきたことを褒めていただき、これからも「目標をもつこと」と「振り返りを行うこと」を大切に、さらに大きく成長してほしいと話がありました。

明日からの春休みは、①安全に過ごすこと、②家の手伝をすること、③規則正しい生活をして自分で自分の頭と心と体を鍛えること、この3つを大切に充実した毎日を送ってほしいと思います。

また新年度に元気な姿で会えることを楽しみにしています。 

 

 

  

 

 

 

 

卒業式

2名の卒業生が、小百小を巣立っていきました。

校長先生からは、「自信と感謝の気持ちを忘れず、これからも頑張っていってほしい。」との式辞がありました。

在校生からは、今までお世話になった卒業生へあたたかな送る言葉がありました。

最後の校庭での見送りでは、青空が広がりました。二人の門出を祝っているかのようでした。

 

 

 

 

※この日、下野新聞社の取材が入り、式の模様はYoutubeで公開されています。

以下のリンクよりどうぞご覧ください。

https://www.youtube.com/watch?v=n7lvl8rNh48

卒業生奉仕作業

6年生が、今までお世話になった学校へ感謝の気持ちを込めて奉仕作業を行いました。

 

今年は、校庭の整備とパソコンカバーづくりをしました。

6年生からの気持ちを受けついで、今後も小百小を盛り上げていきましょう。

卒業生を送る会

 3月4日、卒業式まで、あと2週間のこの日、小百小のリーダーとして学校を支え、下級生を引っ張ってくれた6年生に感謝の気持ちをこめて、卒業生を送る会を行いました。

 3年生から5年生の実行委員会の児童が企画した、しっぽ取り、宝探し、ドッジボールは、どれも大盛り上がり。6年生も下級生も一緒に駆け回り、一緒に遊んだよい思い出になりました。ゲームの後は6年生のリクエストメニューの会食です。6年生と向かい合うように座席を配置し、アクリル板越しでしたが、顔を見ながら給食をいただきました。

 1,2年生から、お花と下級生一人一人からのメッセージを書いた色紙をプレゼントされた6年生。感謝の言葉と中学校への意欲をしっかりと話す姿に成長を感じました。

 お互いへの感謝の気持ちが伝わるよい会になりました。

中学校の先生による授業

 豊岡中学校の先生をお迎えして、5,6年生が英語の授業を行いました。 
 普段の授業とは一味違い、ゲームを交えて楽しく授業を進めてくださいました。特に、身近なのものの名前を英語で答えるゲームでは、限られた時間の中で言わなければならないというプレッシャーの中で、何とか表現しようとする姿が見られました。

 
 授業の最後には、「英語は言葉です。分からない表現は辞書などで調べてどんどん話すことが大切。」とのアドバイスもいただきました。

 中学校での英語がますます楽しみになりましたね。

2月朝会

 本日は、2月の朝会が行われました。

今回は、教頭先生のお話を伺いました。内容は、先月の校長先生のお話を受けて、「小百小学校の歴史 第2弾」でした。

昔の給食の様子や給食がなかったころのお話。

旧校舎のお別れ記念行事として行った「孫と語る会」で、当時のおじいさん、おばあさんが話してくれた昔の生活のこと。

職員玄関のわきにある大きな石が、明治の開校当時から、手水場として使われていたものであること。

小百小学校は、この地域では一番早くできた小学校であり、昔からこの地域の方々は教育に熱心であったこと。などなど・・・。

この伝統ある小百小学校の児童であることを誇りとして頑張っていってほしいというお話でした。

 

   

自転車安全教室

本日は、5,6年生が自転車の安全な乗り方について、交通教育指導員の方々に教えていただきました。

本校の卒業生は、進学先の中学校へ自転車で通学しています。交通ルールをしっかりと守り、安全に通学できるように、毎年5,6年生合同で授業を行っています。

自転車の点検のしかたや、基本的な乗り方、交差点や踏切での通行のしかたなどをていねいに教えていただきました。

自転車は「軽車両」の仲間です。運転するには「責任」が伴います。

安全な通学のため、一人一人が正しく自転車を乗りましょう。

 

 

避難訓練(地震)

本日は、地震が起きたときに備えての避難訓練を行いました。

子どもたちにはいつ訓練を行うかは知らせずに実施しましたが、休み時間中に地震発生の放送がなると、すぐに活動をとめて机の下に隠れたり、校庭の中央にしゃがんだり、自分で考えて行動することができました。

いざというときに、自分の身は自分で守れるよう、適切な判断と行動ができるようになってほしいと思っています。

 

 

安全・安心な給食のために

 本校では、全児童がランチルームで給食を食べていますが、手洗い、うがい、配膳のときに隣の人との距離を適切に取れるよう、床に立ち位置を示しています。

 4月に設置して以来、テープが剥がれかけていたので、本日は保健給食委員会の児童が張り替え作業を行いました。しばらくの間剥がれることのないよう、入念にテープを貼りました。

 これで安心して給食をいただくことができますね。

 

 

1月朝会

 本日は、1月の朝会がありました。

 今回、校長先生は、34年前に創刊された文集「やまなし」の第1号に掲載された記事をもとに、小百小学校の歴史について話をしてくれました。

 明治、大正、昭和の時代の小百小学校の話に、子どもたちは興味津々!校庭にあるやまなしの木は、明治時代からのものであり、火事で焼けても力強く生き続け、小百小の子どもたちをずっと見守ってくれていたことにみんな驚きを隠せませんでした!