和楽の園だより

和楽の園だより2021

スケート教室

 1月14日スケート教室を実施しました。朝から雪が舞い、実施の可否の判断に迷いましたが、天気予報やリンクが滑れる状態にあることを確認して予定通り行いました。日光霧降スケートセンターに着く頃には、雪も止み全校生で新春のスケートを楽しむことができました笑う

 

 

 

  本校の元校長先生である講師の石川博子先生には熱心な御指導をいただきまして、誠にありがとうございました。

予告なし避難訓練

 本校の学校経営方針の一つに、「児童の生命を守ることを根本として、全ての教育活動で安全・安心の徹底を図る」ことを掲げています。その具体的実践として児童への予告なし避難訓練を昨年12月と1月に実施しました。12月の訓練では、多くの子が緊急放送後、自分たちがどのように行動すればよいのか迷う様子が見られました。訓練後、各学級で活動の振り返りを行い、「緊急時の避難の仕方」を改めて考えました。
 1月に実施した訓練では、12月の反省を活かして、放送後どのように行動すれば良いかを自分たちで考え、真剣に避難することができました。これからも、子供たちが自分の命を守る判断と行動を適切にとることができるように危機回避能力の育成を図る取組を継続していきたいと思います。

 

3学期 スタート!

 令和4年1月11日 3学期のスタートです。

 清滝小学校は、朝から雪模様。雪新学期の始まりにあたり、大きな荷物を持っている児童も多かったようですが、雪が降る中がんばって歩いてきていました。

 始業式では、皆落ち着いて校長先生のお話を聞くことができました。いつもながら姿勢も話を聞く態度も花丸でした。さすがです!

 校長先生からは「一年の計は元旦にあり」というお話がありましたが、児童のみなさんはどんな目標を持ったのでしょうか。今年も「笑顔と活力に満ちた学校」にするために、また自分の目標を実現させるために、がんばっていきましょう。イベント

 

ニッコウイワナが孵化しました!

 冬季休業中、ニッコウイワナの卵がたくさん孵化しました笑う

 孵化したばかりのイワナの稚魚たちは、「卵のう」と呼ばれるお腹の栄養をつけて、じっとしている様子です。

 水槽の管理と卵の状態を確認しに来校された水産研究・教育機構水産技術研究所の宮本幸太さんが、卵の状態の良さや孵化率の高さを評価してくださいました!寒さ厳しい清滝の環境が、ニッコウイワナにとっては適していることを知りました。自然界の生き物にとって、厳しい環境こそが命の強さを育むのではないかと感じる一年の初めとなりました。

 

スケート教室

 12月21日、22日の2日間にわたり、日光霧降スケートセンターを利用しスケート教室を実施しました。両日ともに天候に恵まれ、澄んだ空気と抜けるような青空の下で全校生がスケートを楽しむことができました昼

 実施にあたり日光公民館から講師として派遣された石川博子先生(本校元校長先生です。)、鈴木義成先生、そして本校3年生児童の祖母でもある県スケート連盟副会長の中田佐代子様には熱心な御指導をいただきまして、誠にありがとうございました。皆様のおかげで、子供たちのスケート技術がさらに向上しました花丸

 

 

 

 

 

 

3年生国語「自分の考えをつたえよう」

 校長、教頭両名が3年生たちの招待を受けて、国語の学習「自分の考えをつたえよう」の発表会を参観しました。発表テーマは「焼き肉とお寿司」興奮・ヤッター!3年生たちが焼き肉かお寿司のどちらかを選択し、聞き手に紹介します。聞き手は両者のおすすめを聴き、焼き肉かお寿司のどちらを選ぶか最終的に選択することに!聞き手役として校長と教頭が参加しましたが、3年生たちの美味しさ溢れる上手な紹介で、どちらか一方を選ぶのに大いに悩みました興奮・ヤッター! 

 

 

3年生たちの高い表現力を感じる時間となりました 花丸

ニッコウイワナの卵育てます!

 環境学習でお世話になっている水産研究・教育機構水産技術研究所の宮本幸太さんがニッコウイワナの卵を届けてくれました!職員室前に水槽を設置し、ニッコウイワナの卵を飼育します。今年で3年目を迎えました興奮・ヤッター!さらに希望する児童と教職員に卵が配られて、各家庭で育てる試みにも取り組んでいます。

 ニッコウイワナの卵が無事に孵化して成長するのが楽しみです花丸

 

ニッコウイワナの卵に興味津々の子供たち興奮・ヤッター!

 

 みんな無事に孵化しますようににっこり

 

WWC大縄跳び

 子供たちの体力と運動技能の向上のために取り組んでいるWWC(わくわく和楽サーキット)。冬季に入り、縄跳び検定と大縄跳びに取り組んでいます笑う

 今日は、大縄跳びの日。子供たちは、練習を重ね、タイミング良く跳べるようになってきています。回を重ねるごとの記録更新が楽しみです!

 

 

図書室も冬の装いに

 図書ボランティア「チューリップ」の皆様が来校され、図書室の飾り付けや図書の整備をしてくださいました。図書室も秋から冬の装いになりました笑う新刊図書も入り充実した図書室。子供たちに積極的な利用を呼びかけていきます。

 整備をしてくださった3名のボランティアの方々に心より感謝申し上げます。

 

 トトロもサンタに変身興奮・ヤッター!

1~3年校外学習(子ども総合科学館)

 

 1~3年生は,11月19日(金)に,校外学習で子ども総合科学館に行ってきました。2回延期された校外学習でしたが,やっと実施することができ,子供たちも大喜びでした。バスの中から,紅葉した木々を眺める秋の校外学習も,春とは違ったよさがあると感じました。車窓から科学館の大きなロケットが見えた瞬間,歓声があがりました。

 午前中は,班別活動で,館内の展示物を見学,体験しました。3年生の班長を中心に,自分たちで見学場所を話し合いながら,仲良く活動する様子が見られました。ロケットの下でお弁当を食べた後,午後は,屋外の遊具で遊びました。暖かな日差しの中,長い滑り台を,心地よい風を感じながら滑り降りるなど,元気いっぱいの子供たちでした。

 科学館から,お寿司やピザなどの工作キットをいただき,お土産もできました。笑顔があふれる一日を過ごすことができました。

 保護者の皆様には,持ち物の準備やお弁当など御協力をいただきありがとうございました。

   

  

 興味津々 そして 真剣な眼差し

   ロケットの高さまで,みんなでジャ~ンプ!「やっぱりかなわないね。」                   

 

 

 

 

 

 

 

盲導犬教室

11月18日に3・4年生は盲導犬教室を行いました。東日本盲導犬協会の方を講師としてお招きしました。

前半は視覚障がい者や盲導犬についての講話を受けました。事前学習をしていた内容についてはしっかり答えられました。視覚障がいは人によって見え方が違うことや、盲導犬ステッカーが貼っていないお店にも盲導犬は入れることなど新しく学んだこともたくさんありました。

後半には盲導犬歩行体験を行いました。子供たちは目が見えないまま歩く怖さや盲導犬の賢さを、体験を通して学んでいました。街中で視覚障がい者の方や盲導犬を見かけたときの対応も学んだので、子供たちが実際にそういった場面に遭ったときには、きっと今回の学習を思い出して行動することでしょう。

 

人権週間を実施しています

日本では世界人権宣言採択の翌年の昭和24年、法務省と全国人権擁護委員連合会が、12月4〜10日までの一週間を「人権週間」と定めました。12月10日は、日本だけでなく世界の色々なところでも「人権」について考える日になっています。

「人権」とは、一人ひとりが生まれた時から持っている「自分らしく生きる」権利のことです。権利って少し難しいけれど、つまりは、みんな生まれたときから「自分らしく生きて良いですよ」とされているわけです。みんながみんな違うように、全部が同じ人なんて誰もいません。一人ひとりの違いを認めたり、自分や友達の良いところを見つけて、それぞれが大切な存在であることを知る、大切な一週間です。

学校では友達の良さを見つけて知らせあうことで自分の良さにもたくさん気付けるような取り組みをしています。ご家庭でも、家族の良さを言葉で伝える機会にしてみてはいかがでしょうか。

 

   

いちご一会国体・とちぎ大会 応援しています

 令和4年に、いちご一会とちぎ国体・とちぎ大会が行われることを知っていますか?

 日光市でも、アイスホッケーやスケート、軟式野球など、様々な競技が行われます。市では大会に参加する選手のみなさんを応援する「のぼり旗」を作成することになったため、清滝小学校でも協力させていただきました。

 清滝小学校で担当したのは大阪府です。ご当地の名物などを調べて作成しましたが、さすが大阪には名物がたくさん!色々迷いましたが、写真のようなのぼり旗が完成しました。大阪に行くことはなかなかできませんが、大阪を知るよい機会にもなりました。

 大阪のみなさん、清滝小が応援しています。がんばってくださいね~!!興奮・ヤッター!

 

カタカナーシで大盛り上がり!

 ロング昼休みの時間、事務職員の山田先生提案の「カタカナーシ」で子供たちが楽しく過ごしました。「カタカナーシ」とは、一人がカードに書いてあるカタカナ言葉を上手に説明し、他の人たちが説明を聞いて、カタカナ言葉を当てるというゲームです。子供たちの語彙力の向上を目指して実施しました。説明する人は、相手に伝わるように上手な説明を考えます。まさに表現力の育成にもつながる「カタカナーシ」で子供たちは大盛り上がりでした興奮・ヤッター!

 

持久走大会

 

 11月17日に持久走大会を実施しました。青く澄んだ秋空の下で、子供たちは一人ひとりが全力を出して走ることができました。当日の欠席者や見学者は一人もなく、全校生が参加できました笑う

全員参加の持久走大会!清滝小の子供たちの素晴らしいところです興奮・ヤッター!

 

 

 

 

  

 全力で走るみんなの姿に感動です花丸

 

読み聞かせ

 今日も読み聞かせボランティア「チューリップ」の方が来校されて、朝の読み聞かせがありましたにっこり

「チューリップ」のメンバーには、お子様が卒業されても活動を続けてくださる方も数名いらっしゃいます。そうした皆様に支えられて、子供たちは成長しています笑う

 

図書室整備

 図書ボランティア「チューリップ」の皆様が来校され、図書室の飾り付けや図書の整備をしてくださいました。季節を感じることができる飾り付けや本がきれいに並べられることにより図書室の環境が整い、子供たちにとって居心地の良い過ごしやすい空間となりました喜ぶ・デレ

整備をしてくださったボランティアのお二人に心より感謝申し上げます。

  

 ありがとうございました!

 

学習発表会

 11月2日 子供たちの表現の場の一つとして「学習発表会」を行いました。興奮・ヤッター!

 これまでの学習から、発表する内容や方法を各学年で考え、準備や練習に励んできました。中には、前日から緊張していたお子さんも見られましたが疲れる・フラフラ本番ではどの学年もすばらしい発表ができました。内容も学年に合わせた見応えのあるものばかりでした。花丸

 12年生「ミニミニコンサート」 音楽の学習を生かした歌や合奏と国語「大きなかぶ」の音読劇をがんばりました。

  

 34年生「毛針作り・釣り体験まとめ」 総合的な学習の時間に体験したことや学んだことを発表しました。プレゼンスライド資料も自分たちで作りました。

 5年生「清滝献立を作ろう」社会科・家庭科・総合的な学習の時間に学んだことをもとに献立を考えました。

 6年生「修学旅行について」修学旅行での体験について劇を交えて発表しました。

 

 来年は多くの方に見ていただけるといいですね。

 

イワナ放流 報告書

 10月11日に実施した「イワナ放流体験」の活動の成果として、アンケート調査等の結果をご覧ください。清滝小学校でいつもお世話になっている国立研究開発法人水産研究・教育機構の宮本幸太さんがまとめてくださったものです。

 「マイクロプラスチック」や「魚を増やす方法」に関する質問など、少し難しい内容のものもありましたが、低学年の児童も知識として身に付けることができました。報告書のおわりには宮本さんから保護者の皆様へのメッセージが掲載されています。

ぜひご覧になってください。にっこり

211011清滝小学校 アンケート結果 .pdf

清滝小開校147周年を迎えました!

 明治7年に本校の前身である「鉢石学舎第1番分校・第2番分校」が開校しました。それから長い年月を経て、昭和29年市制施行により現在の名称である「日光市立清滝小学校」と改称しました。この昭和29年は清滝小の歴史において最多の児童数を誇り、全校生が2181名であったと記録があります。

 今までに数多くの卒業生を輩出してきた歴史と伝統の誉れ高き清滝小学校。今年度147周年を迎えることとなりました。10月28日が本校の「創立記念日」となっています。記念日の制定については、今から80年以上前の昭和9年10月28日に挙行された「創立60周年記念講堂落成記念式典」に由来するものです。(当時は、「日光第二尋常高等小学校」という名称でした。)

 現在の子供たちにも、清滝小学校を大切にする心を持ち続けてほしいと考え、一枚の通知文を作り配付しました。卒業された多くの方々や本校の子供たちにとって、清滝小学校はずっと「心のふるさと」であると感じています。

創立記念日通知.pdf 子供たちに配付した通知です。ご覧ください。

 

昭和9年10月28日「創立60周年記念講堂落成記念式典」の様子!

 

10月29日 今日の風景にっこり色づく木々に心が癒やされます。