足尾小学校だより

2018年12月の記事一覧

第2学期 終業式

 第2学期終業式が行われました。あの暑かった夏から、82日間の学校生活でした。校長が、今年1年を振り返っての漢字「宝」の話をしました。足尾の宝である子供たちのがんばった様子を伝えました。また、教職員の今年の漢字も。「新」や「笑」、「楽」など様々な漢字が披露されました。そして冬休み中も「あ」いさつ・おはな「し」・「お」もいで・「しょう」じきにを忘れずに生活することを確認しました。
 
 児童代表3人が、立派な態度で発表しました。校歌の歌声が響き渡りました。

 

 その後、児童指導主任が冬休みの生活について話をしました。
 
 家族と一緒に、楽しく安全に冬休みを過ごしてくださいね(*^_^*)
 
学校の教育活動に御理解・御協力いただいた保護者の皆様、地域の皆様、本当にありがとうございました。来年もどうぞよろしくお願いいたします。


スケート教室

 12月17日(月)にスケート教室を行いました。晴天に恵まれ、全員でスケートを楽しみました。始めは氷の上に立つのがやっとだった低学年の児童も先生に教わり練習を重ねることで、みるみる上達していました。高学年の児童も、久々に味わう氷の感覚に最初は戸惑っていましたが、次第に感覚を取り戻し、氷上を気持ちよく滑っていました。

  

予告なし避難訓練


 12月19日、避難訓練を行いました。今回は児童に日時を知らせず、業間に突然の放送をし、訓練を始めました。
 
 児童はしっかりと放送を聞き、その場でできることを考え、整然と避難できました。真面目に取り組む姿勢が素晴らしかったです。

 災害はいつ起こるか分かりません。自分の身を守るための行動を、生活の中で考えて行けるようにしたいですね。

  

共遊

 温かい日差しを受け、昼休みには全校児童で中線踏みを行いました。上級生が下級生にルールを教えながら、36名で楽しく遊びました。例年になく暖かい日が続いています。今後も体調に気をつけて終業式を迎えたいと思います(*^o^*)
  

防犯教室


 12月5日(水) 、防犯教室を行いました。
 スクールサポーター方が不審者役となり、昇降口から校舎に侵入した場合の、児童の避難と教員の対処の仕方を訓練しました。
 不審者が教室に近づいても、児童は静かに避難し、教員の指示を守っていました。
 
    後半は体育館で、道で声をかけられたときにどうしたらよいかなど、講話をいただいたり、実際に練習したりしました。
 
 冬休みも近いですが、御家庭でも防犯について話し合い、安全な生活を送っていただきたいと思います。