足尾小学校だより

2017年11月の記事一覧

表彰・朝会

 今朝は多目的ホールで表彰・朝会を行いました。6年生の善行児童、善行篤行児童、持久走大会の入賞などです。皆、緊張した面持ちで校長から賞状を手渡され笑顔になりました。

 その後、朝会では校長がHONDAの創業者本田宗一郎氏の話をしました。「99回の失敗に1回の成功でいい」「はんぱなもの同士でもお互いに認め合って補い合って仲良くやっていけば仕事はできるものだ」という言葉を紹介しました。子どもたちは真剣なまなざしで聞いていました。何回失敗しても1回の成功を目指して、努力を続けてほしいです。そして、友達同士で認め合い、高め合い、向上して行くことができるとよいですね。学び合いの授業を体感している足尾小学校の子どもたちにはできる!と信じています。

  

 

古河第三小関係者来校&足尾和太鼓フェスティバルリハーサル

本校と20年近く作品交流を行っている古河第三小学校の関係者の方が、本校に飾られている作品を見に来てくださいました。お孫さんの絵画を確認して写真を撮られていきました。毎年、数名の方が本校に来てくださるのは本当にうれしいことです。ありがとうございました。

 

5時間目は、いよいよ近いづいてきた「足尾和太鼓フェスティバル」のリハーサルを行いました。司会進行、出入り、演奏の仕上げを行い、後は当日を迎えます。楽しい演奏会になるように先生方と児童で様々な工夫が凝らされています。たくさんの方々の来場をお待ちしています。

期日 12月2日(土) 12:30開場 13:00開演

場所 道の駅日光 日光街道ニコニコ本陣多目的ホール

出演 日光市立足尾小学校全校児童足尾和太鼓チーム銅

  

  

第2回小中合同研修会・要請訪問日光市少人数学級(へき地複式)公開授業

 足尾小学校・足尾中学校の小中連携で行っている合同研修会の要請訪問に抱き合わせて日光市少人数学級(へき地複式)公開授業が行われました。本校では、複式わたりの授業の中での学び合いをテーマに学校課題として取り組んでいます。今日は、5・6年算数のわたりの授業をたくさんの方に参観していただきました。日光市の教育委員さん4名や宇都宮大学の南教授、市教委の指導主事3名、日光市内の先生方13名とたくさんの方々に囲まれながらも児童は自分たちなりに課題を追求しました。授業研究会では、多くの先生方から考えを伺うことができ、大変勉強になりました。今後も本校職員頑張っていきたいと思います。市教委の指導主事の先生方、他校の先生方遠いところ本当にありがとうございました。

 

 

 

ふるさと学習で足尾の民話を聞きました!

足尾小学校読み聞かせボランティアの皆さんの協力で、足尾に伝わる民話を1~4年生が聞きました。古木さんからは、勝道上人が苦労して大谷川を渡ったことについての伝説「ヤマスゲの蛇橋」、日向野さんからは、庚申山の白いサルに助けられた民話「おさるのお嫁」、池野さんからは、足尾の地名にちなんだ「足に緒をつけた白ネズミ」の話を聞きました。おじいさんから聞いて知っている児童もいましたが、初めて話を聞く児童もいました。郷土について学ぶ良い機会になりました。コーディネートしてくださった齋藤さん、読み聞かせしてくださった古木さん、日向野さん、池野さん大変ありがとうございました。

 

 

「学校の樹木に樹木名板をつけよう!」3・4年生の環境教育

3・4年生が、総合的な学習の時間に学校内の樹木名の札を書いて縛りました。最初に杉板にマジックで樹木名を書いてひもを通しました。次に樹木地図を見ながら自分の書いた木を見つけて縛りました。以前に付けた小さい札よりも大きくて分かりやすくなりました。児童は自分の木を大切にしたいと話していました。みんな足尾小学校に愛着があるようです。