足尾小学校だより

2017年2月の記事一覧

下野教育美術展中央展

下野教育美術展中央展に行ってきました。今年度は、金賞が2名、銀賞が4名、銅賞が3名の作品が展示されました。奨励賞や入選の児童を含めると本当にたくさんの児童が素晴らしい作品を先生方と共に仕上げた結果だと思います。ほんとうにみんなが頑張りました。児童数は少ないけど活躍する児童の姿、とてもうれしく思います。

  

鹿の糞探しは任せてください!5年総合学習!

 3・4時間目に、作新大学教授の青木先生、足尾に緑を育てる会のスタッフ3名の方をお招きし、「鹿」についての学習をしました。

 まず、通洞公園へ出かけました。鹿の糞を数えるためです。ロープを使って40?あたりにある鹿の糞の数を調査しました。鹿の糞の数から、鹿の生息数が分かるそうです。ちなみに鹿は一日に平均12回排便をすることが分かっています。

  

 学校に戻り、公園で調査してきた糞の数を用いて「糞粒法(ふんりゅうほう)」という計算式で1k?あたりの鹿の生息数を出しました。なんと1k?あたりに84.5頭もいるそうです。日光市の人口密度が56.78人なので、単純に考えて人よりも鹿の方が多いことになります。これには子どもたちも私もびっくりでした。(正確に言うと足尾に生息する鹿の数ですが…)

 その他にも鹿の特徴や過去の生息地、足尾の植樹についてなど様々なお話をしていただきました。青木先生からもお話がありましたが、温暖化の影響で鹿の数が増えてきている今、鹿による食害も広がっています。しかし、それは人間の都合です。鹿も必死に生きています。これは鹿のみならず、他の動物にも同じことがいえます。人間と野生動物が共存していくために私たちができることは何かしらあるはず。子どもたちと一緒に考えていきたいと思います。

 


保健・給食委員会から発信!!

 保健・給食委員会では3学期の活動として、足尾小のみなさんを感染症から守るために、まずは感染症を知ることから始めよう!と委員が3班に分かれて3つの感染症について調べました。

 とても少ない活動時間の中、一生懸命調べて画用紙にまとめ、すべて自分たちの力で完成させ今日の発表を迎えました。

   

 感染症の特徴だけでなく、足尾小のみなさんが感染症にかからないように予防についても知らせることができました。

 どの班も、進んで調べる姿勢がすばらしく、とても良い発表となりました。


6年自転車交通安全教室

市の交通教育指導員さんを招いて自転車交通安全教室が行われました。6年生は中学生になります。中には自転車登校の人もいるので正しい自転車の乗り方をおしえていただきました 。頭では分かっているつもりでしたが、知らないことや自転車に乗る前の点検合い言葉「ぶたはしゃべる」(ブレーキ&タイヤ&ハンドル&車体&ベル)も勉強になりました。引き続き安全に気をつけて自転車に乗りましょう!


お世話になった六年生に感謝!「六年生を送る会」

業間と三時間目を使って、六年生を送る会が行われました。校長先生のお話の後、四・五年生が進行しながら全校生でドッジボール大会を行いました。楽しくゲームを行った後、在校生から六年生への感謝の歌のプレゼントがありました。みんなで考えた替え歌で、六年生一人ひとりへの感謝のメッセージが歌われていました。続いて手作りの素敵なミニアルバムが下級生から六年生に手渡されました。最後に六年生からお礼の演奏がありました。心のこもった六年生を送る会でした。