足尾中学校 Events&News

2021年6月の記事一覧

琴の音

6月28日(月)  音楽室から箏の音が聞こえてきました。箏の演奏は、足尾中の特色ある教育の一つです。早速音楽室に行ってみると、3年生の音楽の授業で箏の練習をしていました。どこかで聞いたことのある音楽ですが、「和」のイメージではありません。楽譜を覘いてみると、フォスターの「ケンタッキーの我が家」でした。外国の曲を箏で演奏するのもいいものだなーと思いました。文化祭などでの発表が待ち遠しいです。

真剣に練習に取り組む3年生

楽譜です

音楽室にはたくさんの箏が並んでいます。

地域の教育力

6月25日(金) 今日は、お掃除ボランティアさんが来校してくれました。いつものように、生徒と給食を一緒に食べたあと、清掃活動を生徒と一緒に行ってもらいました。清掃が終わってから,3年生は総合的な学習の時間に「夢先生」として地域の講師の方をお招きして,商品開発などの講義及びワークショップを行ってもらいました。地域の方の支援により学校の職員には行えない教育を生徒は受けることができます。ご来校ありがとうございました。

ボランティアの方と交流しながらお掃除をします。

ボランティアにきてくださった方々

3年生総合的な学習の時間 「夢先生」

かんもくんグッズ どんな商品を作るといいのかな

定期テスト

6月23日(水) 今日は1、2年生にとっては初めての3年生にとっては2年ぶりの定期テストを行いました。みんな緊張した面持ちで登校して,真剣にテストに取り組む姿が見られました。

3年生 理科のテスト

2年生 英語のテスト

1年生 国語のテスト

授業研究

6月22日(火) 2校時に理科の校内研究授業が提供され、教員の研修を行いました。今年度も昨年度に続き『「子ども主体の授業づくり」の推進 ~主体的・対話的で深い学びを目指して~』を学校課題として、一人一授業の授業研究を推進していきます。

化学変化と物質の質量の規則性をテーマに授業が始まりました。

二つの物質をペットボトルの中で混ぜて化学変化させます。

混ぜる前とあとで質量を量って比較してみます。

ペットボトルの蓋を開けるときは耳を澄ませて音を聞いてみます。

自分が考えたことをもとにグループで話し合っています。

生徒達は、実験の結果と、教師の説明をもとに自分の考えをワークシートに書いて、それをグループでシェアします。他の生徒に意見を聞くことで自分の考えが更に深まります。

 

放課後には,この授業についての授業研究会が開かれました。

メモをした付箋を貼っていきます。

生徒のつぶやきや、発想、動きなどを他の教師がメモにとってそれをもとに生徒の思考がどのように動いたのかを話し合います。この授業が生徒の深い学びに結びついているかについて検証をして、自分の教科の指導に生かしていきます。

直利活動(直利音頭保存活動)

6月14日(月)  「よーい よーい よーいっとな」のかけ声と共に、今年も、直利音頭保存会の方々のご指導による、直利活動が今年も始まりました。足尾の夏祭りに櫓の上で演奏される「直利音頭」は、足尾の人達のソウルミュージックとなっており、人口の移動で、町外に出た人たちが夏祭りの時に足尾に戻ってきて,この曲を聴けば「足尾に帰ってきたな」と感じるお囃子です。この「直利音頭」伝承と保存を目的として、毎年本校では「直利活動」として全校生徒で取り組んでいます。学年が上がる度に太鼓の難易度が上がりますが、3年生になると「さすが」という演奏をしてくれます。

開講式  保存会の方々にご挨拶です。今年もよろしくお願いします。

1年生は初めてなので、会長さんから手ほどきです。

会長さんの見本演奏です。さすが、太鼓の音色が違いました。

3年生は「大玉」すごく難しいですが、上手に演奏していました。

2年生は「中玉」少し難しい演奏に挑戦です。卒業生も保存会のメンバーとして指導にきてくれました。

1年生は一番基礎的な演奏から始めます。上手にできるかな?

笛、音頭、鼓、も加わって2,3年生の模範演奏です。

これから5回の練習ですが、今年も、コロナ禍で演奏をご披露する機会が減ってしまう現状です。運動会などでは保存会の方々と中学生の演奏をご披露させていただきます。