足尾中学校 Events&News

2021年2月の記事一覧

校長室より・・・(卒業式まで14日)

3年生の学級担任が、思いを込めて3階の廊下に掲示していたものです

  

受験は個人戦も団体戦も大切!!  

~ 大きな目標を達成するために21人全員が頑張る ~

1.健康な生活を送ろう。

   万が一、体調を崩したときは、無理せずまず治そう。

2.周囲の雰囲気や、相手の気持ち考えよう。

   普段の生活での言動に気を配り、全員が心をつなげて生活しよう。

3.「やるべきことはきちんとやる」という空気をつくろう。

   課題の提出等、やるのが当たり前という強さと責任感をもとう。

 

3年生ばかりではなく、1・2年生も含めた21名が一丸となって、「よりよい未来を開くために協力できるところ」が、本校最大の強みかもしれません。

3年生10名・・・本日をもって全員が第1希望への合格(内定)をいただくことができました。新しいステージに立っての「出発の時」が刻々と近づいてきています。3年生の教室は清涼な空気感で満たされています。

(昨日の記事では日数を間違えてしまいましたが)3年生に残された中学校生活の日数は(本日と卒業式当日を入れても)14日です。
 
残りわずかな日数ではありますが、きっと全力で駆け抜けてくれると思っています。

・・・こうした全ての点で、これまでの地域や保護者の皆様のご協力がいかに大きなものであったか、改めて思い知らされます。お掃除(図書)ボランティア、直利音頭保存会、地域交流会・・・運動会で、文化祭で、修学旅行や遠足でと・・・。

最後の「卒業式」が、保護者以外の地域の皆様にご覧いただけないのがいかにも残念ですが、いよいよ今年度最後の仕上げ段階です。 引き続きのご支援を賜りますよう心よりお願い申し上げます。

 

校長室より・・・(諸事)

今回も、まずは授業風景をご覧ください。

 

3年生は「数学」です。

「ウォーミングアップ」として、各自の課題に合わせた内容(個人によって少しずつ内容が違います)のプリントで、まずは自学の進め・・・授業への導入の意味も含めての学習です。

  

 

眼の前のプリントに、熱心に取り組んでいる姿は“さすが3年生”ですね。

教室には、様々な表示もありました。

 

 

卒業まで、あと17日 

その後、今日の課題が提示され、一斉授業が進められていました。

 

 

2年生は「理科」です。

エネルギーに関する授業でしたが・・・X線は何を通過することができて、何によって遮断されるか等、ずいぶんと高度な学習をしていました。

 

 

 

私も、「レントゲン」のことや「原子力発電所」のことなどについては、個人的にも興味があるので、一緒に学びを深めることができました。

 

1年生は「家庭科」の「調理実習」で、今回も「山田様」を講師にお招きして「行事食」を作っていました。

女の子の節句にちなんだ「ちらし寿司」です。

 

始める前には、山田様から「それぞれの食材がどんな意味で使われるか」といったことまでお話をいただくことで、生徒達も、行事食に託された“人々の思い”を知ることができたと思います。

 

 

 

 

 

 

  完成品~♬

 

今回も、プロの料理人の方にご指導いただくことで、衛生面にも十分注意して進めることができました。

 

校長室より・・・諸々

更新しないまま、すっかりサボってしまっていました。

学校内でも色々なことが進んでいて、書くべきことも日々積み重なっているのですが、やはり新バージョンになってからというもの、どうも進まないのは・・・全て自分が悪いのは分かっています、ご容赦ください。

 

さて、まずは「3年生の美術」です。

篆刻(印作り)をやっていました。

 

 

 皆、篆書に触れるのも始めてでしょうから、それなりに苦労をしている様子でしたが、彫っているところを見ると、これがなかなかの腕前! 出来上がりが楽しみです。卒業記念品のひとつになるのでしょう~♪

 

続いて「立志式」

 

 

 将来に向けて、あるいは「今」を見つめて、短冊に言葉を書きました。言葉を選んだ理由を発表しましたが、個々人が真剣に考えた証に、全員が「気持ちのこもった素晴らしい発表」をしていました。

 

私からは「自立」と「自律」の話をしました。しっかり聞いているその姿を見て、「この子達は大丈夫だ」と、改めて確信できました。

記念行事は「お弁当作り」を企画しました。

 

 

 

市の保健福祉センターから栄養士の方に来ていただき、衛生面に十分注意しながら、自分達の親に食べてもらうことを念頭に入れながら、心を込めたお弁当作りになりました。

おどろくほどよくできたお弁当に、お母さん達も嬉しそうに食べていました。

福祉センターからお越し下さったお二人には大変お世話になりました。ありがとうございました。
また、ご参加いただいた保護者の皆様にも、感謝申し上げます。

 

校長室より・・・(学力テスト)

今日は、1・2年生では「とちぎっ子学力テスト」が実施されました。

本校では、今年度は定期テストを廃止して、「単元テスト」を中心に行ってきました。

例年とは違うやり方を選んで、1年間を通してみると、それぞれのメリットとデメリットが見えるようになってきました。

次年度は、そうした反省を踏まえながら、再度検討をしていこうと考えています。

 

いずれにしろ、今年度に関しては、広い範囲でのテストはほとんど行ってこなかったので、「とちぎっ子~」は貴重な機会になります。

 

 

小さな写真だけでも、教室の空気感が伝わるでしょうか。

 

 

 

こちらは、明後日に予定されている「立志式」に向けて、2年生が作成したものです。

色々と考えた末に、それぞれの目標を視覚化~意識化することができたようです。

 

 

3年生は、理科の単元テストの後、自習をしているところでした。

高校入試が目前に迫ってきたこともあって、各自が自分の課題を自分で見極めることで、主体的に取り組んでいました。

 

ランチルームでは、教頭と労務員が協力して、給食の準備を進めていました。

感染症対応も含め、衛生管理は第一に考えるべきことです。

様々なチェック項目を確認しながら、念には念を入れて進められていきます。

 

 

世の中は「コロナ禍」関連のニュースで一色に染まっていますが、今日もこうして温かい給食をいただけることに“感謝”です。

 

外は今日も風が強く、その風に乗って山の雪がヒラヒラと舞ってきていますが、青空のぞく空から注ぐ日差しには、どことなく「春」の気配が感じられます。

今年度は感染症対策に追われ、緊張感ばかりが先行する日々でしたが、昨秋「ちょっと一息」との思いから、町芸術祭に展示した作品を校長室に掛けてみました。

若草色の軸に日差しの柔らかさが似合う季節が、ようやくそこまで近づいてきています。

・・・春は希望の季節です。

「上を向いている限り、絶対にいいことがある~♪」