足尾中学校 Events&News

2019年7月の記事一覧

校長室より・・・(1学期、お世話になりました)

夏休みになりました。

本来なら、1学期の終わりにあたって更新すべきだったのですが、今になってしまい申し訳ありませんでした。

(今後も、夏休み中はそれほど頻繁には更新できないと思いますが、ご了承ください。)

 

遅くなりましたが「終業式」の様子をお伝えします。

 

最初は、各学年の代表生徒による意見発表です。

学期を振りかえっての反省と夏休みの目標について、皆、しっかりした言葉で立派に発表しました。






生きている時間の節目々々において、自分の思いや考えを文字にして再確認することは大いに意味があることです。今後の成長に期待しています。

 

私からは、先日実施された「総体地区大会」を踏まえ、「集中すること」と「反省」についての話をしました。

【集中すること】

(例えば)大会で「集中する」とはどういうことか。

→ 過去や未来にとらわれない、今、その瞬間のことだけに頭を働かせること。

→ それためには、練習時は何度も過去を振り返り、未来を予測し・・・を重ねる努力が力になる・・・云々。

 

【反省とは】

言葉が持つ本来の意味からすると、反省とは「出来なかったこと」や「うまくいかなかったこと」を振り返り、同じ過ちを繰り返さないようにすることだが、人は「うまくいったこと」「よかったこと」を再確認することも大切。成功体験は、次の努力に向けた大きな原動力になります・・・云々。


中学生にも理解しやすいように丁寧に話したつもりですが、どうだったでしょうか?

ご家庭でも、(人生の先輩として)皆様の経験談なども含めながら、話題のひとつに加えていただけるとありがたいです。


続いて校歌斉唱。 

合唱日課が定着している本校です。生徒全員が心を一つにして、大きな声で校歌や国家が歌える点は実に清々しく、校長にとっての大きな喜びでもあります。

式終了後は、生徒指導主事と学習指導主任から、「この夏休みが皆さんにとって悔いのない有意義なものになることを願って」の視点から、生活面、学習面に関する話がありました。



現在は、部活動や学習相談など、学校で生徒の姿を見ることはまだまだ多いのですが、お盆の時期には、ご家庭や地域が、中学生にとって、生活の場の中心になります。

明るく、元気に過ごし、より逞しく成長してくれることを願っています。

 
最後は表彰伝達です。

「活躍の証」「成功体験」が目に見える形になりました。

これから先につなげてくれることを祈っています。




 

保護者や地域の皆様には、学期を通して大変お世話になりました。ありがとうございました。

来学期も変わらぬご理解とご支援を賜りますよう、お願い申し上げます。

校長室より・・・(セレクト給食)

先ほどの記事からの続きです。

ランチタイムを前に、準備と検食の用意を進めます。

 


 

いよいよランチタイム・・・セレクト給食です。

テーブルに“ずらり”と並んだメニューを前にすれば、調理員の方々のご苦労を思って自ずと感謝の気持ちがわいてきます。

 

カロリー計算をしながら作成した「注文票」を改めて確認します。


3年生を先頭に、表情にも期待が感じられます。










私は、このあと「出張」に出てしまいましたが、元気に、美味しく、楽しいランチタイムを過ごすことができたようです。

校長室より・・・(朝の空気)

今日は、久しぶりに青空の見える「爽やかな朝」を迎えました。

希望に満ちた「朝の空気」を背景に、やはり希望あふれる「生徒達の姿」を見ることができます。

 

教室からの景色にも、今日は輝く光が差し込んでいました。



 

そんな朝に始まり、今日は、年に一度、生徒達が楽しみにしている「セレクト給食(=要するにバイキング形式=ブッフェスタイル)」の日です。

3年生にとっては、中学校最後のセレクト給食です。朝から、注文票と“にらめっこ”している姿も見られました。それだけ楽しみにしているということでしょうか。

 

準備の整ったレンチルームが、生徒達が集う明るいランチタイムを待っています。


 

楽しいランチタイムに向けて、今日も一日頑張ってくれることと思います。

 

校長室より・・・(諸行事)

先週は、私は出張が重なってしまい、学校を留守にすることが何日もありました。その間、多くの行事がありました。

その場にいられなかったことが実に残念で、場の空気感や生徒達の様子なども、写真を見て想像するしかできないことに大いにジレンマを感じています。

 

そんな次第ですので、「生徒達は○○で・・・」というほど具体的な記事が書けないことを、まずはご容赦ください。

 

それでも、写真にじみ出てくる「足尾中生徒としての誇り」や「自分の思いを伝えようとする熱意」、「大会に臨む意気込み」等々を、少しでも感じていただければありがたいです。

まずは「少年の主張校内発表会」です。 



















全員が、堂々と自分の言葉で発表することができたとのことでした。自分の意見をアウトプットできる力は、これからの若者には、これまで以上に必要不可欠の力になっていきます。

続いて、部活動の総体の地区大会に向けた結団式です。
出張のため留守となってしまった私に替わって、教頭先生から激励の言葉をかけてもらいました。









皆で心を一つにして、健闘を誓い合いました。

大会参加に向けて、部活動主任からの諸注意もありました。

7月12日(金)と13日(土)には、「栃木県総合体育大会日光地区予選会」に参加しました。

生徒達は、それぞれの立ち位置の中でそれぞれの頑張りを見せてくれました。

 

結果は個人によって様々です。県大会へ駒を進めることができた生徒、今回を最後に中学校での部活動を引退する生徒、3年生の後を受けてリーダーシップを取っていくこととなる2年生、競技者として本格的に足固めをしていくこととなる1年生・・・と。

いずれにしろ、今回の大会で「チーム足尾中」として出した答えを、それぞれの成長につなげてくれることと期待しています。

校長室より・・・(明日は授業参観です)

明日は「授業参観 ~ 学級懇談会」です。

 

中学生ともなれば、もう、しっかり「自意識」を持った一人の人間です。人としての様々な面(感情)を持っているのは当然で、学校で過ごしているときには、親の前で見せる「子どもの姿」とはちょっと違った側面を見せているかもしれません。

 

お忙しい時期かと思いますが、この機会に、子ども達の学校での様子を是非見にいらしてください。

 

校長の立場からも、こうした機会に多くの保護者の方々と「交流のチャンス」をいただけることは、大変有意義であり、ありがたいことだと思っております。














写真は、生徒達の今日の様子です。
いつものように、元気に、熱心に、授業に取り組んでいました。
明日も、きっと「輝く姿」を見せてくれることと思います。
ご期待を胸に、ご来校ください。