足尾中学校 Events&News

足尾中学校Events&News

小中統合で教育をレベルアップ

12月8日(水) 来年4月の統合に向けて、第三回の小中合同研修会を行いました。今回は、宇都宮大学大学院教授の松本敏し先生をお迎えして、「小中学校の統合で教育のレベルアップーー小中一貫教育の可能性ーー」という題の講話をしていただきました。『9年間を見通した教育の見通しを持つことは、子どもたちにとって分かりやすく学びやすい環境ができ、教師にとっても教育のレベルアップができるチャンスである。』といった内容でした。研修を受けて、職員も来年4月の統合に向けて気持ちを新たにしている様子が見られました。

小中職員全員と市教委の先生方が講話に耳を傾けました。

 小中一貫の可能性を熱く語る松本先生

講話の後に質問をする熱心な職員

 

ボランティアの皆様ありがとうございました

12月6日(月) お掃除&図書のボランティアの方々が来校してくださり、生徒と一緒に清掃活動をしたり、図書の引っ越しの準備をしたりしていただきました。地域の方と、交流をしながら清掃で一緒に汗を流す活動は、私達の学校が地域の方に支えられていることを、生徒が実感するよいチャンスです。お陰様で、学校もきれいになりました。ボランティアの皆様本当にありがとうございました。

交流のため、いっしょに給食を食べました。

班に分かれて、清掃活動をします。

ランチルームの床もきれいになりました。

ボランティアの皆様 ありがとうございました

 

生徒会レクリェーション

12月3日(金) 5,6校時に生徒会主催のレクリェーション大会が行われました。イントロクイズやドッジボールなどの競技を班に分かれて行いました。真剣な顔、楽しそうな歓声で、寒さも吹き飛んでいました。

白熱のイントロクイズ

ドッジボールも楽しくできました。

優勝したりんごチーム

最後はみんなで記念撮影 はいポーズ!

危機意識を高く持とう

12月2日(木) 今日は、昼過ぎに東中で耳鼻科検診がありました。生徒達は、帰校後避難訓練をしました。まずは、隣の給食センターから出火した想定で、体育館への避難をしました。避難指示が出てから、避難修了の報告が修了するまで、1分40秒全員が落ち着いて真剣な態度で、避難することができました。その後、休み時間に不審者が体育館から侵入した想定で、避難指示をしました。生徒達は自分達で避難経路を考えて校舎外に避難することができました。避難訓練を通して、生徒達の危機意識が少しでも高くなってくれればと思います。

火災発生の放送を聞いて避難する生徒達

整然と避難することができました。

刃物を持った不審者が登場

どう考えて、どこに避難したのかを話し合いました。

人権について考えよう

12月1日(水)  12月10日の世界人権デーを前に、本校では人権週間を設定し、朝の会で人権作文を読む等、人権を意識した活動を行っています。その中心となる、人権講話を1日の6校時に生徒全員を対象に行いました。生徒達は、三つの活動を通して人権は身近なものであり、自分の人権も、他人の人権も尊重しなければならないことに気付いたようです。

アイスブレーキング バースデーチェーンを作ろう

シミュレーション 「なかまをさがしてグループを作ろう」

学校の中でやってよいこと、それがみんなの人権です

自分の人権を使う時に何に気を付ければよいのか話し合いました。

 

ボッチャ講習会

11月29日(月)  足尾公民館主催のボッチャ教室が行われました。公民館と地域の方の指導で、今夏パラリンピックでも注目された競技を体験することができました。パラアスリートだけでなく、高齢者から子どもまで手軽にできるスポーツで、子ども達の歓声が聞かれ、講習会は大いに盛り上がりました。これから地域内でも盛んになるのではないかと思いました。公民館並びに同好会の方々、本当にありがとうございました。

  

ボッチャのルールなどを紙芝居で説明して頂きました。

ゲームをしながら、ルールを覚えました。

お世話になった、ボッチャ同好会の皆様。

 

授業参観&ネットトラブル防止教室

11月24日(水)  5校時に授業参観、6校時にネットトラブル防止教室が行われました。5校時の授業参観後に、小学校の家庭教育学級とタイアップしてネットトラブル防止教室を開催しました。ネットの怖さについて、本校は身に染みて感じています。そのネットトラブルから子ども達を守るには、保護者の方々の協力なくしては困難な状況です。生徒と保護者の方に一緒に講話を聴いてもらうことにより、使い方や身の守り方を話し合ったり、考えたりしてていただければと思います。

1年生 学級活動 進路について考えよう

2年 音楽 作曲者の思いを考えてみよう

3年 社会科 ものの値段について考えよう

ネットトラブル防止教室のようす

からふろ大根

11月19日(金) 今日の給食は、生徒達が、技術科の栽培の時間に作った、からふろ大根が入った、冬野菜シチューでした。からふろ大根は、足尾の唐風呂地区で、昔から栽培されていた伝統野菜で、辛みが強く、首が赤いのが特徴です。近年、ファストフード(お金さえ出せば、お店に入ってすぐに食べられる)がはやりですが、種をまき、丹精込めて作ったものを、愛情たっぷりに調理していただくスロ-フードもとてもよいものですね。今日の、冬野菜のシチューとてもおいしかったです。

害獣よけのハウスの中で大きく育ちました。

立派な大根が取れました。

ランチルームのメニュー表でもお知らせしました。

いつも、おいしい給食ありがとうございます。

いただきます

11月18日(木)  今日の給食は、地産地消メニューです。地域で生産されたブランド鱒「頂鱒(いただきます)」を使用しました。香りがよく、脂がのってとてもおいしい魚です。生徒が今年マイチャレンジに行ったことがきっかけとなり、学校栄養士が生産者の方と直接交渉して、メニューになりました。生徒は「おいしい!」と言って食べていました。地元で生産された新鮮な食材を使った給食を食べて、みんな笑顔になっていました。

地域の教育力を生かす

11月10日(水)  1年生の家庭科の時間に、「地域社会と協働して創る授業」事業の一環として、プロの料理人の方を講師に招き、調理実習を行いました。今回の調理実習は「鯖の味噌煮」です。味付けや、おいしく作るコツなどを学びました。