安良沢小だより

第7回キラキラ集会

 第7回のキラキラ集会を実施しました。今回の担当者は、小谷野先生と岡本先生です。
 今日は、同時に複数人の話を聞き分けられることで有名な聖徳太子にちなんだ「聖徳太子ゲーム」を縦割り班で行いました。このゲームは、前に出た人が一斉に一文字ずつ言葉を言い、それを聞き取って、文字をつなげて意味のある言葉に並び替えるというものです。

 

 初めはどのグループとも文字がきちんと聞き取れずに苦戦していました。そこで、先生から「あることをすると、分かりやすいよ。」とヒントをもらいました。すると、子ども達は一人一人で聞き取ろうとするのではなく、分担を決め、友達と協力することが大切であることに気がつきました。

 

「〇〇さんは、〇と言っていたよ。」「〇〇〇が答えじゃないかな。」など、先ほどよりも協力する姿が見られるようになりました。友達と協力し、見事正解にたどり着くグループも見られました。

 

 日々の生活の中でも、自分一人ではできないことや分からないことがたくさんあります。そんな時は、友達と協力し、助け合っていくことがとても大切です。今回の集会を通して学んだことを、これからの学校生活の中で生かしていってほしいと思います。